>  >  >  >  >  【舞鶴】おすすめご当地グルメ!郷土料理&海の幸!

【舞鶴】おすすめご当地グルメ!郷土料理&海の幸!

【舞鶴】おすすめご当地グルメ!郷土料理&海の幸!

舞鶴港で水揚げされる新鮮な魚介を使ったメニューや旧海軍を発祥とする料理など、個性的な名物グルメがそろう舞鶴。だれもに親しみやすい郷土料理や海の幸をぜひ味わって。

まいづる海自カレー

海上自衛隊で毎週金曜日の昼に食されているカレーは、今や舞鶴の町中に広がっている名物。舞鶴市内13の店舗で本物の味が提供されている。

お食事処 弁天

23空ビーフカレー(サラダ・コーヒー付) 1000円
赤ワインやバターも使ったこくのある“第23航空隊”のカレー

お食事処 弁天

住所
京都府舞鶴市北吸241-3

レストラン海望亭

ナスと合挽肉のキーマカレー 880円
隠し味のショウガが効いた“掃海艇のとじま”のオリジナルカレー

レストラン海望亭

住所
京都府舞鶴市浜34-3

Bayside PlaceM’s deli

Bayside PlaceM’s deli

チキンキーマカレー(サラダ付)1380円
“多用途支援艦ひうち”の隊員さんに1番人気のカレーメニュー

Bayside Place M’s deli

住所
京都府舞鶴市千歳897-1
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅からタクシーで25分
営業期間
通年
営業時間
11:00~17:30(閉店18:00)
休業日
水曜、祝日の場合は翌日休(年末年始休)
料金
海自カレー「ひうち」チキンキーマカレー=1380円/ソーセージと黒ハヤシのオムライス=1080円/厚切りベーコンのカルボナーラ=950円/ふるるファームお菓子工房のケーキ=432円/オリジナルブレンドコーヒー=400円/ 平均予算(昼):1500円

舞鶴かにⓇ

舞鶴漁港で揚がるズワイガニは「舞鶴かに」と呼ばれるブランド品で、身の質と味のよさは折り紙付き。冬に舞鶴に行くなら必食!

魚たつ

魚たつ

舞鶴かにの刺身と焼きがに 1万5000円
身のつまりがよく、味噌も濃厚。値段はかにの大きさで異なる

魚たつ

住所
京都府舞鶴市下福井905 舞鶴港とれとれセンター内
交通
JR舞鶴線西舞鶴駅からタクシーで7分
営業期間
通年
営業時間
9:00~18:00(時期により異なる)
休業日
火曜不定休、水曜
料金
要問合せ

舞鶴肉じゃが

おふくろの味の代表格肉じゃがの原点は、旧海軍の舞鶴鎮守府初代司令長官、東郷平八郎が海外で食べたビーフシチューの再現を目指し、作らせたものだったそう。

Bell cafe

Bell cafe
Bell cafe

元祖肉じゃがランチ 700円
旧海軍のレシピをもとに仕上げた懐かしい味。土・日曜、祝日限定のメニュー

Bell cafe

住所
京都府舞鶴市平1584 舞鶴引揚記念館内
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から京都交通小橋行きまたは田井・野原行きバスで15分、引揚記念館前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉店17:00)
休業日
第3木曜、祝日の場合は営業、8月は無休(年末年始休)
料金
元祖肉じゃがランチ=700円/ 平均予算(昼):800円

舞鶴おでん

山海の幸が豊富で、練り製品の長い歴史を持つ舞鶴でご当地食として誕生したのが舞鶴おでん。地元産の練り物と魚介のだしを使ったここだけの味を堪能しよう。

御台所セバル

御台所セバル
御台所セバル

舞鶴おでん 680円
12月〜翌3月ごろに提供される冬限定の味(要確認)

御台所セバル

住所
京都府舞鶴市引土300-11
交通
JR舞鶴線西舞鶴駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
12:00~14:00、18:00~22:30
休業日
月曜、祝前日の場合は営業
料金
舞鶴おでん(11~翌4月頃)=680円/

舞鶴カキ

舞鶴はカキの名産地としても有名。とくに夏の岩ガキは濃厚でジューシーな味が楽しめると評判で、冬の真ガキをたっぷりのせた季節限定丼も大人気。

まいづる茶屋

まいづる茶屋
まいづる茶屋

カキ丼 980円
舞鶴湾のカキを堪能するあっさりとした味付けの丼。12〜翌3月限定

まいづる茶屋

住所
京都府舞鶴市十倉60-1
交通
JR舞鶴線真倉駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉店22:00)
休業日
火曜、祝日の場合は営業(1月1日休)
料金
カキ丼=980円/天然岩ガキと万願寺甘とうの丼=1600円/稲庭ぶっかけうどん=780円/季節の茶屋セット=1480円/かきづくし御膳(12~翌3月のみ)=1480円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる城崎・天橋立 竹田城跡’19」です。掲載した内容は、2018年1月~5月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
×