>  >  >  >  >  > 

【岡山・津山×ショッピング】京御門本店

津山特産のゆずを使った銘菓 買う
昭和10(1935)年創業の和菓子店。作州特産のゆずの香り豊かな白餡をしっとりした皮でくるんだまんじゅう「桐襲」は、上品な味わい。

【岡山・津山×ショッピング】京御門本店

銘菓「桐襲」(10個入り)756円

京御門本店

住所
岡山県津山市林田町51
交通
JR津山線津山駅から徒歩15分
料金
桐襲=756円(10個入)/老松=1242円(8個入)/三羽鶴=1080円(6個入)/

【岡山・津山×ショッピング】つゝや

しっとり食感のまんじゅう 買う
五大北天まんじゅうは黒糖風味の生地で、甘さひかえめの餡を包んだもの。素朴な味わいと手ごろな価格で、おみやげとしても大人気。

【岡山・津山×ショッピング】つゝや

五大北天まんじゅう(1個)55円

つゝや

住所
岡山県津山市小原82-4
交通
JR津山線津山駅から中鉄北部バススポーツセンター行きで11分、美作大学前下車すぐ
料金
五大北天まんじゅう=55円(1個)/

【岡山・津山×ショッピング】道の駅 久米の里

地域に密着した3つの館が集結 買う
梅製品、自然薯などの特産品を販売する仙人館、旬の果物や朝採れ野菜がそろう活菜館、定食やうどんが食べられる食遊館で構成されている。

【岡山・津山×ショッピング】道の駅 久米の里

国道181号線沿いにある

道の駅 久米の里

住所
岡山県津山市宮尾563-1
交通
中国自動車道院庄ICから国道179号・181号を米子方面へ車で5km
料金
自然薯=時価/新高梨=時価/アイスクリーム=250円/

【岡山・津山×ショッピング】津山観光センター

観光の最初に立ち寄りたい 買う
津山城の南に建つ。レンタサイクル(3時間400円)が街めぐりの足がかりとして便利。食事処、銘菓や地酒など地元の特産品コーナーを併設する。地元の小麦生産者と、8軒の和洋菓子店がコラボした「津山ロール」がおすすめ。

【岡山・津山×ショッピング】津山観光センター

観光パンフレットがそろい観光の拠点にぴったり

【岡山・津山×ショッピング】津山観光センター

バラエティ豊かなロールケーキ。各1300円

津山観光センター

住所
岡山県津山市山下97-1
交通
JR津山線津山駅から徒歩15分
料金
レンタサイクル(3時間)=400円/桐襲=760円(10個)/山の芋焼酎=1350円(720ml)/

【岡山・津山×グルメ】BeeFood in 津山

ホルモンうどんだけじゃない!!
古くから牛馬の流通の拠点だった津山では、牛を扱ってきた歴史を感じさせられる独特の牛肉料理を味わうことができる。

【岡山・津山×グルメ】大衆肉酒場 いぶし銀

津山肉グルメが通年で味わえる居酒屋。そずりやホルモンなど牛肉の各部位を焼く「燻し焼きメニュー」は各390円。調理中に炎が立ちのぼり迫力十分。

【岡山・津山×グルメ】大衆肉酒場 いぶし銀

ノスタルジックな提灯が立ち並ぶ

【岡山・津山×グルメ】大衆肉酒場 いぶし銀

自家製干し肉780円
干し肉
牛のモモ肉を中心とした部位を乾燥熟成したもの。生肉よりは固いが、まだ水分を含み、一般的に加熱調理する。サシの入った牛肉とはひと味違う味わいで、噛めば噛むほどに濃厚な牛肉のうまみを堪能できる。

【岡山・津山×グルメ】大衆肉酒場 いぶし銀

そずり燻し焼き390円
そずり
コクとうまみが絶妙。骨のまわりの肉をそぎ落とすことが名の由来で、魚でいうところの「中落ち」にあたる部位。

【岡山・津山×グルメ】大衆肉酒場 いぶし銀

ヨメナカセ750円
ヨメナカセ
心臓の大動脈で下ごしらえが大変だから「嫁泣かせ」など名の由来は諸説ある。コリコリとした独特の食感が楽しめる。

【岡山・津山×グルメ】大衆肉酒場 いぶし銀

牛煮こごり600円
煮こごり
牛スジ、テール、アキレスをじっくり煮込んだあとに、冷やして固めたもの。津山で「煮こごり」といえば魚ではなく牛。

大衆肉酒場 いぶし銀

住所
岡山県津山市大手町11-22肉ビル
交通
JR津山線津山駅から徒歩10分
料金
自家製干し肉=780円/そずり燻し焼き=390円/ヨセナカセ=750円/牛煮こごり=600円/燻し焼きプリプリホルモン=390円/テールポンズ=1280円/

【岡山・津山×観光】B’z稲葉さんの出身地

ゆかりの地をめぐろう
B’z稲葉浩志さんの出身地・津山で、稲葉さんゆかりの地をめぐるスタンプラリーを開催。JR津山駅構内の案内所と、津山観光センターで「想い出ロードマップ」を配布しているので、まずは地図を手に入れよう。自転車のレンタルもできる。

【岡山・津山×B’z稲葉さんの出身地観光】イナバ化粧品店

B’z稲葉さんの生家
稲葉さんのお母さんが営む化粧品店。店内にはファンのための特設ブースがあり、学生時代のアルバムが閲覧できるなど、ファンにはたまらない必訪スポット。

イナバ化粧品店

住所
岡山県津山市川崎168
交通
JR姫新線東津山駅から徒歩3分
料金
要問合せ

【岡山・津山×B’z稲葉さんの出身地観光】旬菓匠くらや

稲葉さんのお兄さんが営む和菓子店
創業明治初年の老舗和菓子店。全国和生菓子大品評会で総裁賞を受賞した「いちま」は、カステラ生地に大納言のつぶ餡を挟んだもの。半世紀以上も地元の人々に愛されている津山銘菓。

【岡山・津山×B’z稲葉さんの出身地観光】旬菓匠くらや

パッケージは愛らしい少女のイラスト

旬菓匠くらや

住所
岡山県津山市沼77-7
交通
JR津山線津山駅からタクシーで5分
料金
いちま=130円/生菓子=216円(1個)/ワッフル=154円(1個)/
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください