>  >  >  >  >  > 

美瑛のフォトジェニックな風景をめぐる! 美瑛の丘をドライブやサイクリングで楽しむ

まっぷるマガジン

更新日:2020年6月22日

この記事をシェアしよう!

美瑛のフォトジェニックな風景をめぐる! 美瑛の丘をドライブやサイクリングで楽しむ

フォトジェニックな景色が続く、美瑛の田園風景。
駅周辺に広がる丘陵地帯は、ヨーロッパの田舎を思わせる雰囲気が魅力です。
今回は、駅に北側と南側の2本のコースをご紹介します。
ゆったりとした時間が流れる美瑛で、お気に入りの風景を探しにでかけましょう!

美瑛の丘ってなに?

CMやポスターになった風景が点在する美瑛エリア。景色を一望できる展望公園や、広大な花畑などのフォトジェニックな風景に心が奪われます。周辺の休憩スポットで美瑛産食材を使った料理やスイーツを楽しみながら、おすすめコースをめぐってみましょう。

 

 

所要時間、おすすめシーズン、雨の場合

所要時間:車3時間~、レンタサイクル5時間~

おすすめシーズン:6月上旬~9月

雨の場合:傘をさしての見学

美瑛の丘は起伏があるので効率的にまわるなら車が便利。小回りが利く自転車もおすすめだ。美瑛駅や美馬牛駅近くにはレンタサイクル店があり、電動自転車も借りられる。「四季の情報館」でまずは詳しい地図をもらおう。

観光情報はココで手に入れよう

美瑛の総合的な観光情報の発信拠点。丘の詳しい地図をもらって、プランを立てよう。

 

観光情報はココで手に入れよう

見学するときのポイント

農地には入らないで道路で見よう
周辺は農地として使われているところがほとんど。農作物を病気から守るためにも、また、周囲の景観を壊さないためにも、見学は舗装された道路からにしよう。畑の中には絶対に入らないで。

サインプレート(看板)に注目
丘めぐりの最中に迷わないためにも、町内各所に設置されている案内看板を見ながらまわるのがおすすめ。看板の下に表示されている番号は、「四季の情報館」で無料配布されている「びえいロードマップ」と連動しているので、マップを手に入れて上手にまわろう。

移動は観光タクシーが便利
坂道が多い美瑛の丘。レンタサイクルもおすすめだが、効率的にまわるなら美瑛駅発着の観光タクシーがいい。料金は時間単位や、コース単位での申し込みができる。料金の目安は1時間で約6460円~。内容や料金の問い合わせは美瑛ハイヤー(0166-92-1181)へ。

おすすめコース1:パッチワークの路 【美瑛駅の北側】

名のある木・丘が点在

国道237号と452号に挟まれた丘陵地帯。色とりどりの畑が広がり、間を縫うように農道が走る。その風景がまるでパッチワークのように見えるので、この名がついた。CMや商品パッケージに使われた木や丘が点在する。

おすすめコース

所要時間:車で約3時間/レンタサイクルで約5時間

 

START JR美瑛駅

⇩約2km

①ぜるぶの丘

⇩約1.5km

②ケンとメリーの木

⇩約4km

③セブンスターの木

⇩約2km

④親子の木

⇩約3km

⑤北西の丘展望公園

⇩約3km

GOAL JR美瑛駅

①ぜるぶの丘

旭岳や十勝岳連峰が背景に広がる花畑

国道237号沿いにある丘。旭岳や十勝岳連峰が背景に広がる約8haもの花畑では、季節に合わせてラベンダー、ルピナス、ヒマワリなどの花が咲き誇る。敷地内には遊歩道が整備され、ゆっくり散策するのに最適だ。

①ぜるぶの丘

敷地内にはレストランや売店も

②ケンとメリーの木

丘を見上げるとあるポプラの木

パッチワークの路にポプラが高くそびえ立つ、美瑛を代表する風景。昭和47(1972)年に日産自動車「愛のスカイライン」のケンとメリーのCMで取り上げられたポプラの木だ。

②ケンとメリーの木

③セブンスターの木

パッチワークの路一帯を一望できる

丘の上に立つ一本のかしわの木。昭和51(1976)年に観光たばこ「セブンスター」のパッケージに使われ、この名前がついた。この場所から、パッチワークの路一帯を一望できる。

③セブンスターの木

パッチワークの路での人気記念撮影スポット

④親子の木

仲よく寄り添う3本のかしわの木

小高い丘に3本のかしわの木が仲よく寄り添って立つ。吹雪や猛暑に負けず堂々としている姿で人気を集めている。

④親子の木

親子のように立つことからその名がついた

⑤北西の丘展望公園

美瑛の丘や大雪山連峰を一望できる展望公園

広さ5haの展望公園。園内にはラベンダーやヒマワリなどが咲き、ピラミッド型の展望台からは美瑛の丘や大雪山連峰を一望できる。観光案内所も併設している。

⑤北西の丘展望公園

観光案内所ではマップなどを無料配布

周辺の休憩スポットはここ

フェルム ラ・テール 美瑛

美瑛産食材を使ったスイーツでひと息

美瑛産小麦のパンやお菓子、北海道産素材を使った料理が楽しめるレストラン・カフェ。

フェルム ラ・テール 美瑛

プリンやチーズケーキが付いた「ティータイムセット」は1200円(税別)

フェルム ラ・テール 美瑛

おすすめコース2:パノラマロード 【美瑛駅の南側】

美しく丘が重なり合う

高台に位置しているスポットが多いため、ゆるやかな丘の風景と広大なロケーションがより楽しめるエリア。パッチワークの路よりも、移動距離が長く、道が不規則に交差しているので、「四季の情報館」でもらった地図で、あらかじめルートを調べておこう。

おすすめコース

所要時間:車で約3時間/レンタサイクルで約5時間

START JR美瑛駅

⇩約5km

①三愛の丘展望公園

⇩約2km

②千代田の丘 見晴台

⇩約5km

③四季彩の丘

⇩約4km

④新栄の丘展望公園

⇩約3km

⑤赤い屋根の家

⇩約5km

GOAL JR美瑛駅

①三愛の丘展望公園

色とりどりの丘が一望できる展望公園

北東には大雪山や十勝岳連峰、南西には丘の重なりのなかに美馬牛小学校の赤い屋根が見えるロケーション。トイレも完備しているので、散策途中の休憩にもいい。

①三愛の丘展望公園

パッチワーク状の農地を一望できる

②千代田の丘 見晴台

とんがり屋根の見晴台からパノラマ風景が見下ろせる

ガラス張りになっている見晴台の2階からは視界をさえぎるものがない美瑛の丘の絶景が眺められる。天候に恵まれれば十勝岳連峰や大雪山、北側には水沢ダムも望める。

②千代田の丘 見晴台

美瑛の田園風景と山々の全景が望めるビューポイント

③四季彩の丘

楽しみいっぱいの展望花畑

広大な花畑にラベンダーをはじめ約30種類の花が咲く。園内には売店もあり、美瑛産生乳を使ったソフトクリームが味わえる。アルパカとふれあえる牧場も併設。

③四季彩の丘

園内はトラクターバス(有料)でまわることもできる

④新栄の丘展望公園

美しい夕景が眺められる丘

北海道らしい素朴な風景を楽しめる展望公園。なだらかな丘にはじゃがいもやとうもろこし、麦などの畑が広がる。畑が夕日に染まる時間帯も美しい。

④新栄の丘展望公園

牧草ロールのオブジェがあり、記念撮影に最適な場所だ

⑤赤い屋根の家

まるで絵本のような風景が広がる

折り重なる丘の中央に赤い屋根の家が一軒。写真家・故前田真三氏のカメラにも収められた風景で、最も美瑛らしい風景かもしれない。プロアマ問わず多くのカメラマンが集まる場所。

⑤赤い屋根の家

周辺の休憩スポットはここ

ランチ&カフェ 風

十勝岳連峰を望むテラス席がある

かみふらのポークや自家栽培の野菜を使ったメニューが味わえる。テラス席の眺めも見どころ。

ランチ&カフェ 風

食べごたえ満点の「神戸牛ビーフカツサンド」(1800円)

ランチ&カフェ 風

三愛の丘茶屋カーブ

道産ミルクを使ったソフトクリームを堪能

おすすめは「アフォガード」で、エスプレッソコーヒーまたは抹茶にソフトクリームが浮かぶ。

三愛の丘茶屋カーブ

エスプレッソと抹茶から選べる「アフォガード」(500円)

三愛の丘茶屋カーブ

<ちょっと立ち寄り> 拓真館

プロの視点も堪能しよう

写真家・故前田真三氏のギャラリー。美瑛の風景を撮影した彼の代表作『麦秋鮮烈』を中心に、美瑛の四季をテーマにした作品が80点ほど展示されている。

<ちょっと立ち寄り> 拓真館

美しい風景写真を展示

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください