コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【西伊豆】厳選グルメ!迷わず食べたい絶品魚介!

【西伊豆】厳選グルメ!迷わず食べたい絶品魚介!

by mapple

更新日:2018年2月24日

バラエティに富んだ駿河湾の幸をダイレクトに味わえる西伊豆エリア。コストパフォーマンス抜群のランチをはじめ、ゴージャスなディナー、おやつやテイクアウト系まで、あれもこれも食べてまわりたい人には幸せの実食体験。

食事処 ゆうなぎ

うまい魚を食べたければ来店前の電話確認がおすすめ
都心ではなかなかお目にかかれない高級魚や珍しい魚介が味わえる。とくにトロール漁(底引き網)のある9月から翌5月は深海性の地魚も多く獲れるので、毎日の水揚げが楽しみになる。【戸田】

ここが旨味
店主は地元漁師の仕事を手伝うことで、いち早く良い魚を手に入れている。

その時々の地魚を使った煮付け定食1350円(写真はヘダイ)。刺身や小鉢も付く

ゆうなぎ定食2100円。刺身盛合せ・天ぷら盛合せ・御飯・味噌汁・漬物・小鉢付き

通年メニューとして高足ガニを確保、1人前2500円からある

戸田港の目前、戸田観光案内所すぐそば。若葉色の外壁が目をひく

地魚 さくら

並んでも食べたい地魚メニューがいろいろ
松崎町の人気店。昼時や週末などは非常に混むので、時間に余裕をもって訪れたい。看板料理のまご茶漬けから旬の煮魚・焼き魚、揚げ物まで味が自慢、ボリュームも自慢。【松崎町】

ここが旨味
白飯は注文を受けてから1人用の釜で炊く(約25分~)。のんびり待つのがこの店のスタイル。

地マアジのまご茶漬け定食1575円は天ぷらなどが付いて大満足

途中で熱々のだし汁をかけるとアジの味わいも変化する

定食にはところてん食べ放題のサービス付き、という太っ腹

素朴な接客も常連に愛される理由のひとつ

西伊豆の回転ずし伊豆ととや

旬の地魚をカジュアルに味わえる
近頃ブームのいわゆる回らない系回転寿司店で、注文するごとに握ってくれる。まずはホワイトボードに書いてある、その日のおすすめネタをチェックしよう。駿河湾のうちわエビも人気。【松崎町】

ここが旨味
西伊豆町宇久須の鮮魚店直営。地元ならではのリーズナブルプライスの寿司や刺身が人気。

黒ムツ320円(赤皿)、尾赤ムロアジ160円(白皿)、トビウオ220円(黒皿)、赤ムツ(ノドグロ)360円(紺皿)、太刀魚180円(緑皿)※すべて1カンの値段。いずれも値段は目安。時期等で変わる

真鯛、赤ムツ(ノドグロ)、赤はたなど新鮮な選りすぐりの地魚が揃う

刺盛(6点)1470円~。ほうぼう、黒むつ、尾赤ムロアジ、トビウオほか、地魚の刺身は種類により値段が変わる

お子様向けメニューも豊富

磯料理 マルト

創業60年の魚屋が営んでいる
地元漁師や沼津市場から旬の魚介を仕入れている。ボリューミーな定食類から地魚を使った一品料理までメニューは豊富。現在は4代目が日夜腕をふるっている。【土肥】

ここが旨味
金目鯛、アジ、サザエなど魚屋ならではの確かな目利き。

刺身定食2160円。旬の地魚など6種類ほどの舟盛り

ゆったり過ごせる店内。カウンター席も多く気軽に入れる

沖あがり食堂

イカにこだわる漁協 種類は季節で変わる
仁科漁業共同組合の直売所内に設けられたイートイン風の食事処。この漁港では全国的にも珍しい、夜明けから昼にかけての「昼イカ漁」を行う。昼間3時間だけの営業。【西伊豆町仁科】

ここが旨味
肉厚のヤリイカは独特の甘みがある。スルメイカは一度締めて美味くする。

イカ様丼720円。スルメイカの生と漬け2種類の味がドッキング

干物や海藻類、貝類、加工品などの販売もしている

【こちらもオススメ!!】中華料理 海苑

戸田港前の極めて大衆的な中華店。地元民に親しまれている。【戸田】

戸田塩ラーメン 650円
地元名産の戸田塩を使ったラーメン。スープは塩味濃いめ。たっぷりの岩海苔、麺、チャーシューなどすべてを混ぜて食べるとバランスが良い

筆者:mapple

まっぷる伊豆’19

発売日:2018年01月15日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる伊豆’19」です。掲載した内容は、2017年8~11月の取材・調査によるものです。取材後に、飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×