トップ >  関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 西伊豆・中伊豆 > 土肥・戸田・黄金崎 > 土肥 > 

静岡【西伊豆】日帰り温泉をチェック!

くらしたび

更新日: 2023年11月8日

この記事をシェアしよう!

静岡【西伊豆】日帰り温泉をチェック!

西伊豆には魅力的な日帰り温泉施設が多くエリア。駿河湾を望む西伊豆の海岸沿いの温泉は、リアス式海岸などの眺望が楽しめ、夕景の美しさは格別。干潮時に“道”が現れ、島と島が繋がる“トンボロ現象”で有名な「三四郎島」を望む日帰り温泉施設も多い。
海を望む展望大浴場や露天風呂で潮風と波の音に癒されたり、畳敷き露天風呂で夕陽に心を奪われたり、道の駅にある天然温泉をリーズナブルに楽しんだり…西伊豆で日帰り利用可能な施設をチョイスしました。
気になる“湯上がりグルメ”の情報や、嬉しい“足湯”の情報もチェック!

【西伊豆×日帰り温泉】海辺のかくれ湯 清流(堂ヶ島温泉)

波の音と潮風に抱かれるやすらぎの露天風呂
堂ヶ島の海辺にたたずむ絶景宿。海側を向いた展望大浴場や露天風呂が日帰りでも利用可能。潮風と波の音に包まれて、癒しの時が過ごせる。17時まで受け付けているので、日が短い季節は夕陽を眺めながら入浴できる。
日帰りデータ
【入浴料】大人1000円、小人500円
12:00〜17:00、無休
【入浴時間目安】2時間

【西伊豆×日帰り温泉】海辺のかくれ湯 清流(堂ヶ島温泉)

三四郎島を真正面に望み、さえぎるものは何もない美景が広がる

湯上がりグルメはコレ!

日帰り入浴では15時以降にラウンジにて、西伊豆名産の「ところてん」や伊豆の「夏みかんジュース」が味わえる。ところてんは、酢醤油をかけてどうぞ。

湯上がりグルメはコレ!

ところてん 300円

海辺のかくれ湯 清流

住所
静岡県賀茂郡西伊豆町仁科2941
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島・松崎行きで58分、堂ヶ島下車、徒歩5分(堂ヶ島バス停から送迎あり、予約制)
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
不定休
料金
1泊2食付=18510円~(月~金曜)、23760円~(休前日)/外来入浴(12:00~19:30)=大人1000円、小人500円/

【西伊豆×日帰り温泉】たたみの宿 湯の花亭(土肥温泉)

露天風呂の中まで畳敷き夕陽と畳に癒されて
土肥湾に面した宿で、名前のとおりロビーや廊下はもちろん、最上階に設置された露天風呂の中まで畳敷き。湯は掛け流しの天然温泉。畳の心地よい感触を楽しみながら眺める夕陽を、ぜひ一度体験してみて。

日帰りデータ
【入浴料】大人1500円、小人1000円
15:00〜18:30、不定休
【入浴時間目安】2時間

【西伊豆×日帰り温泉】たたみの宿 湯の花亭(土肥温泉)

素足に感じる畳の心地よさと、暮れゆく駿河湾の幻想的な景色に、心も体もたっぷり癒される

湯上がりグルメはコレ!

松原公園前にある土肥特産市「ありがとう」では、西伊豆の海水を8時間炊き上げてできる塩を使った「塩ミルクアイス」が人気。天城のわさびを使用したアイスもある。【たたみの宿 湯の花亭から徒歩7分】

湯上がりグルメはコレ!

塩ミルクアイス 350円

たたみの宿 湯の花亭

住所
静岡県伊豆市土肥2849-5
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス松崎行きで52分、湯の川下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
不定休
料金
1泊2食付=17820円~/外来入浴(15:00~18:30)=1500円/

【西伊豆×日帰り温泉】道の駅 くるら戸田「壱の湯」

地元の特産品が充実!温泉&カフェでひとやすみ
「道の駅 くるら戸田」にある源泉掛け流しの天然温泉「壱の湯」。リーズナブルな料金で地元の人からも好評。戸田の特産品が味わえるカフェやおみやげコーナーもある。屋外にある足湯は無料で利用OK。【戸田温泉】

日帰りデータ
【入浴料】大人500円、小人250円
10:00〜21:00、無休
【入浴時間目安】1時間

【西伊豆×日帰り温泉】道の駅 くるら戸田「壱の湯」

館内は木をふんだんに使い、開放的な雰囲気。内湯と露天風呂がある

湯上がりグルメはコレ!

塩味がクセになる「戸田塩じぇら〜と」や金目鯛のだしを使ってつくられた「キンメコロッケ」、深海魚トロボッチのフライ丼など、地元の味覚が満載。

湯上がりグルメはコレ!

戸田塩じぇら〜と 各300円

道の駅 くるら戸田「壱の湯」

住所
静岡県沼津市戸田1294-3道の駅くるら戸田
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス戸田行きで50分、くるら戸田下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~20:30(閉店21:00)
休業日
無休(点検期間休)
料金
入浴料=大人500円、小学生250円/(生活保護受給者、1級・2級障がい者、母子家庭は全額免除)

【西伊豆】足湯ならココ!

【西伊豆×足湯】伊豆文邸

明治43(1910)年に建てられた、なまこ壁の商家。現在は無料休憩所として開放され、横の公園に足湯がある。

伊豆文邸

住所
静岡県賀茂郡松崎町松崎250-1
交通
伊豆急行伊豆急下田駅から東海バス堂ヶ島行きで50分、松崎下車、徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉館)
休業日
不定休
料金
無料

【西伊豆×足湯】黄金の湯

四季の花々で彩られた巨大な花時計で有名な松原公園に隣接。温泉に入浴したのと同じくらいの心地よさが得られる。

黄金の湯

住所
静岡県伊豆市土肥
交通
伊豆箱根鉄道駿豆線修善寺駅から東海バス松崎行きで50分、土肥温泉下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00
休業日
無休
料金
足湯=無料/

伊豆・箱根の新着記事

【伊東駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット7選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊東駅周辺(徒歩20分圏...

【伊豆急行伊豆高原駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット9選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行伊豆高原駅周辺(...

【伊豆急行伊豆急下田駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット10選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行伊豆急下田駅周辺...

【来宮駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、来宮駅周辺(徒歩20分圏...

【伊豆急行河津駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行河津駅周辺(徒歩...

【伊豆急行伊豆熱川駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行伊豆熱川駅周辺(...

【大人編】神奈川の遊ぶところ2024 とっておきスポット9選!

横浜みなとみらい、江の島に湘南、箱根や鎌倉など数多くの有名観光スポットが揃う神奈川。 そんな神奈川には大人向けのスポットがたくさんあり、どこへ行こうか迷ってしまうほど。 そこで今回は神奈川の大...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる4月号:特集は「今こそ北陸へ!」「春の開運旅」「GWにおすすめの道の駅」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

2023年3月の創刊からお陰様で『月刊まっぷる』は1周年を迎えました! そして2024年4月号にて大幅リニューアルします!! ‟今”行きたい旅とおでかけ情報をお届け!というコンセプトはそのままに、...

【大人編】熱海の遊ぶところ2024 温泉だけじゃない!とっておきのおすすめスポット10選!

大人気の観光地で全国的にも有名な温泉地、熱海。体を癒すスポットが多いイメージの熱海ですが、温泉だけでなくアクティビティや美術館、絶景スポットや写真映えするスポットまで、1日では遊びきれないほど魅力的な...

静岡県の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

静岡や伊豆、日光、栃木、岐阜エリアの旅行ガイドブックの編集から取材執筆、撮影などに携わっている、静岡を拠点とする編集プロダクションです。
代表の志水は、静岡のローカル情報番組のコメンテーターを歴任するなど、20年以上にわたり旅と暮らしに関わり続けています。乗り鉄&呑み鉄旅が好き。日本各地の手ぬぐい収集癖がある一方、引っ込み思案。
その他にも多彩で個性的なライター陣により、現場の空気感を拾い上げたレポートをお伝えしていきます。