コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【竹富島】名物観光!水牛車で集落さんぽを楽しむ!

【竹富島】名物観光!水牛車で集落さんぽを楽しむ!

by mapple

更新日:2018年3月5日

伝統的な町並みをめぐる竹富島名物の水牛車観光。ゆったり穏やかな水牛の足並みにまかせて、ガイドさんの奏でるここちよい三線の音をBGMによんなーよんなー(ゆっくりゆっくり)楽しもう。

ココがポイント!

水牛車観光を行なう2店の違いはコース。どちらも所要約30分。当日予約OK。

新田観光

安里屋ユンタゆかりの家を通る

竹富観光センター

ブーゲンビリアの小道を通る

竹富港に着いたら…

水牛車はこう乗りましょう

①港に待機している送迎バスで各店へ(直接来店もOK)。事前予約すると待ち時間が少なくて効率的。

②集落にある店舗で受け付け。呼ばれた順に水牛車に乗り込んで出発!

水牛車観光コースMAP

所要約30分料金1200円

ブーゲン通り

ブーゲンビリアが咲き誇る小道は竹富観光センターの見どころのひとつ

世持御嶽

鳥居奥の拝所は立入禁止の聖地。種子取祭の舞台として有名

種子取祭の庭の芸能

安里屋クヤマ生誕の家

クヤマは八重山民謡「安里屋ユンタ」に歌い継がれる絶世の美女

水牛車おさんぽシミュレーション

新田観光バージョン

のんびりラクチン観光です

安全運転で出発進行!
ガイドさん1名が同乗。8頭の水牛が交代で勤務
15名くらい乗る。混雑時は詰める。景色がよく見えるオープンな造り

見晴らしいいでしょ?
車内からの眺めはこんな感じ。ガイドさんが一番前で、お客さんは両側に座る。

体は大きいけれど、集落の小道もじょうずに曲がるよ

沖縄家屋の町並みをのんびり見物。写真撮影にも◎

水牛はシャワーで体温調整しないとバテるからね

クールダウンしてがんばります

定番ソングは安里屋ユンタ

ポイントその1
沖縄で最も親しまれている八重山民謡は、竹富島生まれの美女クヤマにちなんだ物語。「サーユイユイ♪」はみんなで歌う合の手。

クヤマの生家前を通る。現在は子孫の方が暮らしているため、敷地内は見学NG。

それでは安里屋ユンタを唄います。サーユイユイ♪

What's安里屋ユンタ?

ユンタは八重山民謡のスタイルで、直訳は「安里屋さんの労働歌」。琉球王国時代、首里の役人からのプロポーズを断ったクヤマの反骨精神を語り継いだ内容といわれる。

水牛車の天井に歌詞が貼ってある

知ってた?家屋は南向き

ポイントその2
竹富島の家屋が南向きなのは風水思想の影響。魔除けのシーサーや石敢當を置くなど、風水を生かした集落作りが受け継がれている。

竹富島の伝統家屋の様式(写真は安里屋クヤマ生誕の家)
石垣 サンゴ石を積み上げている
マエヤシ 魔除けの塀。これも風水思想
防風林 風に強いフクギが多い

シーサー 魔除けの獅子。竹富島のシーサーは個性派ぞろい

感謝をこめて水牛と記念写真

ポイントその3
町めぐりから帰ったら、水牛と記念撮影もOK。がんばって水牛車を引いてくれた感謝の気持ちを込めてパチリ。

観光で活躍する水牛は人慣れしているけれど、近寄るときは必ずスタッフに声をかけよう。

ご乗車みーふぁいゆー(ありがとう)

水牛車を降りたら…

水牛車観光でも自転車のレンタルやってます
港まで送迎してくれるので、受付で帰りの船便の確認を。出発までフリータイムを楽しもう。

レッツゴー

筆者:mapple

まっぷる石垣・宮古 竹富島・西表島’19

発売日:2018年01月10日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる石垣・宮古 竹富島・西表島’19」です。掲載した内容は、2017年10・11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。ご利用の際には事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×