>  >  >  >  >  > 

京都【天龍寺】世界遺産の美しい庭園と大迫力の天井画!

まっぷるマガジン

更新日:2018年8月1日

この記事をシェアしよう!

京都【天龍寺】世界遺産の美しい庭園と大迫力の天井画!

天龍寺

日本初の国の史跡・特別名勝に選ばれた名庭
臨済宗天龍寺派の大本山で足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うために建てた寺。開山は夢窓疎石。尊氏と後醍醐天皇は、鎌倉幕府を倒すためにともに戦った間柄。しかしのちに南朝と北朝に分かれて戦うことになった。莫大な建立費用に中国・元との貿易で得た収入を注ぎ込んだため、元との貿易船は「天龍寺船」と呼ばれた。夢窓疎石作と伝えられる曹源池庭園が創建当時の面影を伝える。法堂の天井には、1997(平成9)年に日本画の巨匠、加山又造が描いた八方睨みの『雲龍図』があり、今にも舞い降りてきそうな迫力で圧倒する。

知っておきたいキーワード

●嵐山を借景にした池泉回遊式庭園
●法堂天井を躍動する八方睨みの龍

おすすめ!参拝コース

雲龍図(法堂)

庫裏

大方丈

曹源池庭園

望京の丘

百花苑

竹林の道
所要約50分

雲龍図

日本画家・加山又造の傑作、法堂の天井画『雲龍図』。どこからでも睨まれているように見える「八方睨みの龍」。※『雲龍図』は春・秋の特別参拝期間中か、土・日曜、祝日のみの公開なので注意。

雲龍図

庫裏

大きな屋根と、白と黒のコントラストが特徴的。堂内参拝受付があり、台所と寺務所を兼ねる。玄関正面には、禅宗の初祖とされる達磨大師が描かれている。

庫裏

大方丈

法堂の奥に建つ大方丈は1899(明治32)年建立。本尊の釈迦如来坐像は、天龍寺造営よりも古い、平安時代の作とされる。襖絵も迫力がある。

大方丈
by fotolia - ©mtaira

曹源池庭園

開山の夢窓疎石がみずから造ったと伝えられる池泉回遊式庭園。禅の思想を表すという。

曹源池庭園

境内で古都グルメ

天龍寺篩月

心をなごませる一汁五菜
厳選された四季折々の素材を使って、ていねいに仕上げられた精進料理は、口あたりよくやさしい味に作られた料理ばかり。

天龍寺篩月

雪、月、花など、風流な名の付いたコース料理がある

天龍寺の塔頭

宝厳院

紅葉が名庭を見事に染める
回遊式山水庭園「獅子吼の庭」の300本を超えるカエデや苔が美しい。西国三十三所巡りに等しい功徳がある観世音菩薩や田村能里子氏筆の襖絵も。

宝厳院

紅葉の季節にはライトアップが楽しめることでも有名

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる京都’19」です。掲載した内容は、2017年9月~11月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください