コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  北海道おみやげ【じゃがいも】知って美味しい豆知識!

北海道おみやげ【じゃがいも】知って美味しい豆知識!

by fotolia - ©san724

by mapple

更新日:2018年4月21日

北海道の代表的な食材を使ったレシピ、知っておくと楽しい豆知識で旅をもっと楽しく!

じゃがいも

北海道野菜の代表格といえば
北海道のじゃがいもの歴史は古く、明治時代、開拓使による作付奨励により栽培が定着したことから始まる。北海道の冷涼な気候に合い安定して収穫できたことがその要因だったという。

じゃがバター×塩辛

北海道ならではの食べかた!
ホクホクのじゃがいもにバターと塩辛をのせて。じゃがいもはキタアカリなど甘みが強い品種が特におすすめ。

おいしいレシピ♪

材料 (2人分)
じゃがいも2個 バター20g 塩辛適宜

1 じゃがいもは皮ごと洗い、濡れたままラップで包み600Wで6分ほどやわらかくなるまでレンジ加熱する。
2 ラップをはずし、十字に切り目を入れて開き、器に盛り、バターと塩辛をのせる。

recipe & cooking & styling
管理栄養士/フードコーディネーター りささん

「食べることは 生きること」をモットーに、北海道を中心にテレビや雑誌、イベントでのレシピ開発、スタイリングを手がける。ブログではレシピの情報や札幌の食べ歩きについても発信中。
https://ameblo.jp/byrskdt/

知って楽しいじゃがいものおはなし

北海道はじゃがいもの 一大生産地!

北海道は全国で7割以上の収穫量を誇るじゃがいも生産地。用途などに応じて約50種類もの品種が作付けされている。男爵薯、メークインの二大品種のほか、味や見た目に特徴のある品種を知っておみやげ購入や調理の際に役立てよう。

 

こんなにある!じゃがいも図鑑

男爵薯
明治時代から栽培される品種。粉質が強くホクホクとした食感。

メークイン
北海道では大正時代から栽培。煮崩れが少ないため煮物におすすめ。

キタアカリ
ホクホク系じゃがいもの代表格。火が通るのが早く、調理しやすい。

インカのめざめ
濃厚でうまみが強い希少な品種。栗のような甘さでどんな料理にも合う。

とうや
洞爺湖が名前のルーツ。煮崩れしにくくなめらかな舌ざわりで煮物に最適。

きたかむい
「とうや」を父にもつ新しい品種。貯蔵したあとは甘みが増すのが特徴。

レッドムーン
赤い皮と黄色い身が特徴。肉質は粘質で甘みがあるため煮物に合う。

ノーザンルビー
皮も中身もピンク色。スープやサラダなど色が映える料理がおすすめ。

北海道の気候の特徴がおいしさを生む

北海道はじゃがいもの原産地であるアンデス地方と冷涼な気候が似ているため栽培に適しているといわれている。そのため、昼夜の寒暖差が大きいニセコ周辺や美瑛など、内陸部で栽培されるものが特においしく育つ。

出回る時期によって呼び名や甘さが違う!

北海道では7月頃に収穫される「新じゃが」、収穫後、冬に貯蔵し春先に出回る「越冬じゃがいも」がある。味は「新じゃが」はみずみずしく、「越冬じゃがいも」は甘みが強いという特徴がある。

北海道の台風被害でポテトチップスが品薄に!?

2017年春、大手菓子メーカーではポテトチップスの販売を一部休止することに。原因は2016年の北海道の台風被害によるもの。消費者によるポテトチップスの買い占めが起こるなど「ポテチ騒動」がニュースになった。

by fotolia - ©KPS

現在ポテトチップスの販売は再開されひと安心

収穫風景が見られるのは9~10月頃

じゃがいも畑は北海道の代表的な風景。9~10月頃が収穫の最盛期となり、栽培地域では、広大な畑の中をトラクターが走る様子が見られる。白や紫色などに色づくじゃがいもの花もきれい。

北海道のじゃがいもができるまで

4~5月 タネイモの植え付け
5月~ 栽培
7~10月 収穫
7月~翌春 出荷・貯蔵
花が咲くのは6月下旬~7月中旬頃

by fotolia - ©san724

可憐で美しいじゃがいもの花

じゃがいも掘りやいも団子作りも楽しい

十勝の「いただきますカンパニー」では、じゃがいもをより楽しめるプログラムを実施。夏から秋は数種類のじゃがいもを掘る収穫体験、冬から春は北海道の郷土料理・いも団子作りが楽しめる。

掘ったじゃがいもは別料金で発送可

十勝 手ぶら農業体験 じゃがいも掘り
いも団子作り体験

0155-29-4821(いただきますカンパニー)/要予約
(じゃがいも掘り)
7月末~10月の10:00〜11:00、15:00〜16:00
(いも団子作り)
11~4月の10:30~12:00(いも団子作り)
月曜定休
各体験2500円
実施場所:とかち大平原交流センター

じゃがいもおみやげ

素材を買うならココ!

加工品を買うならコレ!

バタじゃが
男爵薯を皮ごと塩茹でし、真空パックに。5玉入り648円(販売場所:新千歳空港)

豪雪うどん
倶知安の特産男爵薯のでん粉が原料。4食入り(めんつゆ付)810円(販売場所:ホテル第一会舘 売店)

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×