コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【定山渓温泉】札幌の奥座敷で散策と名湯を楽しむ!

【定山渓温泉】札幌の奥座敷で散策と名湯を楽しむ!

by mapple

更新日:2018年4月18日

札幌中心部から南へ約25㎞、豊平川上流にある温泉地。初夏の新緑、秋の紅葉と、季節感豊かな自然環境が魅力。20を超える温泉宿が建ち並ぶ。

定山渓温泉

こんなところ
◎札幌の奥座敷と呼ばれる温泉郷
◎自然が豊かで景勝地としても人気
◎この地に温泉場を拓いた僧侶・美泉定山の名が地名の由来

観光案内所
定山渓温泉観光案内所
011-598-2012(定山渓観光協会)

アクセス
【車】札幌中心部⇛国道230号経由・25km⇛定山渓温泉
【バス】札幌駅前バスターミナル⇛じょうてつバス定山渓線または「かっぱライナー」で55分~1時間20分⇛定山渓湯の町バス停

定山渓散策路

渓谷美と山野草が見られる
定山渓は知る人ぞ知る高山植物の宝庫。野鳥の声が響く散策路は、珍しい山野草が観賞できる穴場だ。散策路の途中にある二見吊橋からは美しい渓谷も望める。

渓谷に映える赤い二見吊橋は、二見岩やかっぱ淵が見える絶景ポイント

散策路沿いにはクルマユリなどの花々が咲く

定山源泉公園

温泉たまごがつくれる公園
2017年7月にリニューアルされた、定山渓の豊かな森を再現した公園。川のように温泉が流れる足湯や、源泉を利用して温泉たまごがつくれる「おんたまの湯」もある。

敷地中央にある足湯。利用の場合はタオルを持参しよう

15~20分ほどで温泉たまごができる「おんたまの湯」

心の里 定山 (森乃別邸)

上質な空間で楽しむ足湯
足湯や瞑想室、ヒーリングラウンジなどで、自分だけの自由な時間を過ごせる施設。利用は中学生以上から。

岩戸観音堂

受験・結婚・商売繁盛などにご利益あり
昭和11(1936)年建立。33体の観音様が安置されており、受験、結婚、商売繁盛など、さまざまなご利益があるといわれ、パワースポットとしても人気だ。

カフェ 崖の上

眺め抜群のカフェ
2017年に旧店舗の隣に新店舗が建てられ、リニューアル。カフェスペースも増え、大きな窓からは以前同様、四季折々の風景が楽しめる。

大きな窓のそばが特等席

ケーキセットは1058円(値段変更の場合あり)

そば処 鳥花雪

一日50食限定の手打ちそば
手打ちで仕上げるそばは海苔を練り込んだ風味豊かな味わい。和食に長いキャリアをもつ店主が揚げる天ぷらも、食感、風味ともに絶品だ。

大きなかき揚げがのる野菜天そば(850円)

国道沿い白糸隧道そばに建つ三角屋根の建物

J・glacée

道産りんごのアップルパイが人気
地元果樹園をはじめ、直接仕入れる道産のりんごを使う。本みりんでりんご本来の甘さを生かして作られている。ソフトクリームやランチも人気だ。

アイスクリームを添えたアップルパイ+ドリンクセットは850円

薪ストーブがある山小屋風の店内

大黒屋

ふかしたてのおいしさが評判
昭和6(1931)年創業の老舗。添加物を一切使わない手作りの温泉まんじゅうは、昔ながらの素朴な味わいが評判。

定山渓温泉まんじゅうは9個入り648円、16個入り1080円。昔ながらの味だ

店頭では温泉まんじゅうを1個65円から販売

Locale-JZK

レンタサイクルでも散策を楽しめる
坂が多く、少し離れたところにも見どころが多い定山渓に、待望のレンタサイクルが誕生。電動アシスト付き自転車を(2時間1000円~)借りることができる。

日帰り入浴も楽しめる厳選温泉宿

定山渓第一寶亭留 翠山亭

定山渓の高台に位置する宿
大浴場「飛泉乃湯」は峡谷美を模した造りで、大浴場「桂木乃湯」はやさしく落ち着いた造りになっている。

堂々たるたたずまいが目をひく外観

ぬくもりの宿 ふる川

まるで故郷に帰ったような安らぎ
民芸調の、懐かしい故郷のような、温もりあふれる宿。大浴場と露天風呂があり、別途料金で貸切風呂も楽しめる。旬の食材を使い、できたてのいちばんおいしいタイミングで味わえる料理も好評。

定山渓鶴雅リゾートスパ 森の謌

大人のためのアクア・リゾートスパ
森に抱かれているようなやさしい温もりを表現。日帰り入浴は和食・洋食・中華を中心に約80品の料理が味わえるランチビュッフェとのセット。

女性のための宿 翠蝶館

すべての女性に美しくなる体験を
「昔ながらの湯治を現代女性にも親しみやすく」がコンセプト。日帰り入浴(要予約)は食事付きで、薬膳プレートとシェフのおまかせメニューの2種から選べる。

筆者:mapple

まっぷる北海道’19

発売日:2018年02月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×