コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  【軽井沢】サイクリングめぐる♪レトロ名所をチェック!

【軽井沢】サイクリングめぐる♪レトロ名所をチェック!

by mapple

更新日:2018年6月23日

軽井沢ショー記念礼拝堂などの歴史遺産が点在する軽井沢。平坦な道が多く、サイクリングでめぐるのも楽々。自然を感じながら爽快に走ろう。

ささやきの小径

小川のせせらぎに静かに耳を傾けて
アカシアの並木が続く矢ケ崎川沿いにある散歩道で、堀辰雄の小説『美しい村』にも登場。「恋人達の小径」の別名でも知られる。

やさしい木漏れ日がさす道はサイクリングにぴったり

軽井沢万平ホテル

明治27年創業のレトロ感あふれる空間
かのジョン・レノンにも愛された軽井沢の老舗ホテル。創業は1894年(明治27)年。ステンドグラスが館内を彩り、重厚でクラシカルな風格がただよう。

木々に包まれた落ち着いた雰囲気

カフェテラスのアップルパイ
信州産紅玉を使ったアップルパイ(ドリンク付)1230円が通年いただける。

旧軽銀座

軽井沢を代表するメインストリート
避暑に訪れた外国人の影響から、西洋文化が薫る店が明治期より開業。今も軽井沢を代表するショッピングストリートとして知られ、多くの人で賑わう。

老舗から新規店まで、約200もの店舗が軒を連ねる

フレッシュなジャムなど、軽井沢らしいみやげも販売

軽井沢ショー記念礼拝堂

木立にたたずむ軽井沢最古の教会
宣教師アレキサンダー・クロフト・ショー氏が創設した軽井沢最初の教会。現在の礼拝堂の原形は1895(明治28)年に建立。現在は軽井沢を訪れる人々の憩いの場として親しまれている。

旧軽井沢銀座商店街を通り抜けた木立の中にたたずむ

礼拝堂内部
木造の風情ある礼拝堂は創設以来増改築が行なわれ現在の形に。

「軽井沢の父」ショーの銅像
ショーは軽井沢を「屋根のない病院」と絶賛し、避暑地として世に知らしめた。

旧三笠ホテル

華やかな時代が偲ばれる明治の名建築
1906(明治39)年〜1970(昭和45)年にかけて営業していた純西洋式木造ホテル。政財界の要人や文人に愛され「軽井沢の鹿鳴館」とも称された。現在は国の重要文化財に指定されている。

明治後期に日本人の手で設計・施工された純西洋式木造建築

当時の面影が残る客室と階段
客室は営業当時の雰囲気を残し、家具や調度品もそのまま配置。吹き抜け階段の造作も秀逸だ。

雲場池

水面に映る情緒豊かな景色
春の新緑、秋の紅葉が素晴らしい景勝地。かつてはハクチョウが飛来したことから、外国人を中心に「スワンレイク」の愛称でも親しまれている。

池の周囲には1周20分ほどの遊歩道が整っている

秋の紅葉
紅葉の時期には色づいた葉が水面に映る美しい景観を楽しめる。

筆者:mapple

まっぷる信州’19

発売日:2018年03月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×