>  >  >  >  茨城【袋田・大子】おすすめ注目スポット!見る、食べる、遊ぶ!

茨城【袋田・大子】おすすめ注目スポット!見る、食べる、遊ぶ!

茨城【袋田・大子】おすすめ注目スポット!見る、食べる、遊ぶ! by fotolia - ©matubu

もっと知りたい!注目スポット 袋田・大子

八溝山

名水百選の湧水群がある 大子/山
標高1022mの茨城県最高峰。奥久慈の美しい景観を楽しむには絶好のロケーションだ。天候に恵まれれば、頂から遠く阿武隈山地まで一望できる。山頂まで車で登れるが、自然を楽しみながらの登山もおすすめ。

八溝山

八溝湧水群のひとつである金性水が、ハイカーののどを潤す

八溝山(茨城県)

住所
茨城県大子町上野宮
交通
JR常陸大子駅から茨城交通バス蛇穴行き(平日・土曜のみ運行)で36分、終点下車、徒歩2時間30分(山頂まで)
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

旧上岡小学校

ドラマのロケに使われた木造校舎 大子/歴史的建造物
元々は明治時代に創設された小学校で、現在の校舎は昭和初期の木造建築。学校の備品もそのまま残されており、当時の雰囲気を味わえる。廃校後は、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』などのドラマや映画、CMのロケに使用されている。

旧上岡小学校
by fotolia - ©matubu

2001年3月に廃校となった

旧上岡小学校

住所
茨城県大子町上岡957-3
交通
JR水郡線常陸大子駅から茨城交通森の前または盛泉行きバスで4分、旧上岡小学校前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉館)
休業日
月~金曜、祝日の場合は開館(土・日曜、祝日のみ校舎内見学可)(年末年始休)
料金
無料

奥久慈ゆばの里

ゆばを存分に買う、作る、食べる 大子/ゆば料理
ゆばの工場見学とゆば作り体験ができる。自分で引き上げたゆばは持ち帰りも可能。レストランで奥久慈しゃも釜飯御膳なども味わえる。

奥久慈ゆばの里

清らかな水と良質の大豆を使う

奥久慈ゆばの里(見学)

住所
茨城県大子町塙734
交通
JR水郡線常陸大子駅から茨城交通盛泉行きバスで5分、芦野蔵下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉館)、レストランは11:00~14:00(L.O.)、体験は9:00~11:00(最終受付、要予約)
休業日
不定休、レストランは水曜(レストランは12月31日~翌1月1日休、売店は1月1日休)
料金
体験(10:00~13:00、要予約)=1200円/豆仙弁当=2300円/奥久慈しゃも釜飯御膳=3300円/

和風レストラン七曲り

奥久慈しゃも料理が自慢 大子/和食
郷土名物奥久慈しゃもすきなど、多彩なメニューがそろう。最近は「奥久慈しゃも焙り焼き」を町ぐるみでプッシュしている。

和風レストラン七曲り

名物の奥久慈しゃもすき

和風レストラン七曲り

住所
茨城県大子町下野宮3504-1
交通
JR水郡線常陸大子駅からタクシーで10分(下野宮駅から送迎あり、予約制)
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(L.O.)、17:00~21:00(L.O.)
休業日
木曜
料金
奥久慈しゃもすき(2~3人前、うどん付)=2500円/奥久慈しゃも焙り焼き=1800円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1500円

田舎料理 森の荘

奥久慈しゃものメニューが充実 大子/しゃも料理
JR常陸大子駅前という好立地にある。奥久慈しゃも鍋やしゃもガーリック焼きなど、郷土の名物をさまざまな料理で味わえる。

田舎料理 森の荘

住所
茨城県大子町大子718 茨通ビル 2階
交通
JR水郡線常陸大子駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:00、17:00~23:00(閉店24:00)、土・日曜、祝日は11:00~
休業日
不定休、祝日の場合は営業(予約があれば営業)
料金
しゃも鍋(3~4人前)=4320円/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):要問合せ円

昔屋

けんちんそば発祥のお店 大子/そば
古い水車が目を引くそば店。香りたっぷりの地粉を使った打ち立てのそばを、具がいっぱい入ったあつあつのけんちん汁につけて食べる、元祖けんちんそばがおすすめ。

昔屋

昔屋そば(1100円)田舎風味のけんちん汁とそばの相性が抜群

昔屋

住所
茨城県大子町袋田滝本178
交通
JR水郡線袋田駅から茨城交通滝本(袋田の滝)行きバスで7分、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:00(閉店16:30、時期により異なる)
休業日
不定休、11月は無休
料金
昔屋そば=1100円/山菜そば=1000円/とろろそば=1000円/麦めしとろろ御膳=1700円/元祖けんちんそば=1000円/奥久慈しゃも地どりそば=1350円/常陸極上豚 霜ふりハーブ こく旨豚汁そば=1350円/ 平均予算(昼):900円

daigo・cafe

食事もおいしい古民家カフェ 大子/カフェ
築100年の古民家を改装。地元産リンゴで作ったアップルパイなどのスイーツが人気のほか、地場ワサビを使った生わさび丼、カレーやパスタもおいしく、ゆっくりと過ごせる。

筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出展元は「まっぷる茨城 大洗・水戸・つくば’18」です。掲載した内容は、2017年4月〜8月の取材・調査によるものです。取材・調査後に飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  > 
×