トップ >  関東・甲信越 > 北関東 > 奥久慈 > 

袋田・大子のおすすめ観光&グルメスポット 袋田の滝周辺の立ち寄りスポットはここ!

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月18日

この記事をシェアしよう!

袋田・大子のおすすめ観光&グルメスポット 袋田の滝周辺の立ち寄りスポットはここ!

雄大な自然が織りなすネイチャースポット、茨城県の袋田・大子(ふくろだ・だいご)エリア。
久慈川の豊かな水源をはぐくむ袋田で自然を満喫できるスポットを一挙にご紹介。

茨城隋一の名瀑、袋田の滝をメインに、魅力あるスポットを巡ってみよう。

袋田・大子への行き方

鉄 道
東京駅→袋田駅
●料金/4660円
東京駅→常陸大子駅
●料金/4990円
東京駅→常陸太田駅
●料金/4220円
JR常磐線特急+JR水郡線(水戸駅乗り換え)
●所要時間/1時間55分(最短の場合)

高速バス
東京駅八重洲南口(バスタ新宿もある)→常陸太田市高速バスターミナル
●所要時間/2時間4分 ●料金/2300円


常磐自動車道 那珂IC→袋田駅前
県道65号・国道118号
●所要時間/1時間15分


常磐自動車道 那珂IC→常陸大子駅
県道65号・国道118号・461号・県道325号
●所要時間/1時間20分


常磐自動車道 日立南太田IC→常陸太田駅前
国道6号、県道157号、国道349・293号
●所要時間/15分

【袋田・大子の観光スポット】袋田の滝

【袋田・大子の観光スポット】袋田の滝

季節ごとの表情が美しい
高さ120m、幅73mを4段に流れ落ちることから「四度の滝」ともいわれる。季節ごとの表情は、西行法師が「四季ごとに来て見なければ本当のよさがわからない」と絶賛した。

袋田の滝

住所
茨城県大子町茨城県大子町袋田
交通
JR水郡線袋田駅から茨城交通滝本(袋田の滝)行きバスで7分、終点下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(閉門)、5~10月は8:00~18:00(閉門)
休業日
無休
料金
トンネル利用料=大人300円、小人150円/(30名以上の団体は大人250円、小人100円)

【袋田・大子の観光スポット】八溝山

名水百選の湧水群がある 大子/山
標高1022mの茨城県最高峰。奥久慈の美しい景観を楽しむには絶好のロケーションだ。天候に恵まれれば、頂から遠く阿武隈山地まで一望できる。山頂まで車で登れるが、自然を楽しみながらの登山もおすすめ。

【袋田・大子の観光スポット】八溝山

八溝湧水群のひとつである金性水が、ハイカーののどを潤す

八溝山(茨城県)

住所
茨城県久慈郡大子町上野宮
交通
JR常陸大子駅から茨城交通バス蛇穴行き(平日・土曜のみ運行)で36分、終点下車、徒歩2時間30分(山頂まで)
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

【袋田・大子の観光スポット】旧上岡小学校

ドラマのロケに使われた木造校舎 大子/歴史的建造物
元々は明治時代に創設された小学校で、現在の校舎は昭和初期の木造建築。学校の備品もそのまま残されており、当時の雰囲気を味わえる。廃校後は、NHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』などのドラマや映画、CMのロケに使用されている。

【袋田・大子の観光スポット】旧上岡小学校
by fotolia - ©matubu

2001年3月に廃校となった

旧上岡小学校

住所
茨城県久慈郡大子町上岡957-3
交通
JR水郡線常陸大子駅から茨城交通森の前または盛泉行きバスで4分、旧上岡小学校前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:00(閉館)
休業日
月~金曜、祝日の場合は開館(土・日曜、祝日のみ校舎内見学可)(年末年始休)
料金
無料

【袋田・大子のグルメスポット】奥久慈ゆばの里

ゆばを存分に買う、作る、食べる 大子/ゆば料理
ゆばの工場見学とゆば作り体験ができる。自分で引き上げたゆばは持ち帰りも可能。レストランで奥久慈しゃも釜飯御膳なども味わえる。

【袋田・大子のグルメスポット】奥久慈ゆばの里

清らかな水と良質の大豆を使う

奥久慈ゆばの里(見学)

住所
茨城県久慈郡大子町塙734
交通
JR水郡線常陸大子駅から茨城交通盛泉行きバスで5分、芦野蔵下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉館)、レストランは11:00~14:00(L.O.)、体験は9:00~11:00(最終受付、要予約)
休業日
不定休、レストランは水曜(レストランは12月31日~翌1月1日休、売店は1月1日休)
料金
体験(10:00~13:00、要予約)=1200円/豆仙弁当=2300円/奥久慈しゃも釜飯御膳=3300円/

【袋田・大子のグルメスポット】和風レストラン七曲り

奥久慈しゃも料理が自慢 大子/和食
郷土名物奥久慈しゃもすきなど、多彩なメニューがそろう。最近は「奥久慈しゃも焙り焼き」を町ぐるみでプッシュしている。

【袋田・大子のグルメスポット】和風レストラン七曲り

名物の奥久慈しゃもすき

和風レストラン七曲り

住所
茨城県久慈郡大子町下野宮3504-1
交通
JR水郡線常陸大子駅からタクシーで10分(下野宮駅から送迎あり、予約制)
営業期間
通年
営業時間
11:00~15:00(L.O.)、17:00~21:00(L.O.)
休業日
木曜
料金
奥久慈しゃもすき(2~3人前、うどん付)=2500円/奥久慈しゃも焙り焼き=1800円/

【袋田・大子のグルメスポット】田舎料理 森の荘

奥久慈しゃものメニューが充実 大子/しゃも料理
JR常陸大子駅前という好立地にある。奥久慈しゃも鍋やしゃもガーリック焼きなど、郷土の名物をさまざまな料理で味わえる。

1 2

北関東の新着記事

【宇都宮・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット6選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の栃木県宇都宮でランチが出来るお店をご紹介します。 14種類の変り餃子が味わ...

山と高原地図2024年版は新刊「筑波山・加波山」が登場!

山と高原地図2024年度版、おかげさまで好評配信中です。 今年は新エリア「筑波山・加波山」がラインアップに加わって益々パワーアップ! 本ページでは商品の魅力をたんとご紹介します。...

【大人編】茨城県つくばの遊ぶところ2024 温泉に美術館、JAXA筑波宇宙センターまで!とっておきスポット9選

過ごしやすい気候と自然豊かな街として知られ、住みやすいと評判のつくば。そんなつくばには美しい桜の名所や、おいしいパン屋さん、約3000種類の植物を観察できる植物園など人気のスポットが数多く揃います。 ...

【宇都宮・飲み屋】ここに行けば間違いなし!宇都宮でお酒を楽しむのにぴったりの飲み屋5選をご紹介

今回は人気のワインバーや屋台横丁など、宇都宮でお酒が楽しめる飲み屋をご紹介します。 餃子や寿司、焼き鳥などたくさんのお店が集結している「宇都宮屋台横丁」、栃木の地酒や焼酎などが楽しめる「Dini...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる4月号:特集は「今こそ北陸へ!」「春の開運旅」「GWにおすすめの道の駅」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

2023年3月の創刊からお陰様で『月刊まっぷる』は1周年を迎えました! そして2024年4月号にて大幅リニューアルします!! ‟今”行きたい旅とおでかけ情報をお届け!というコンセプトはそのままに、...

【大人編】水戸の遊ぶところ2024 納豆だけじゃないんです!とっておきのおすすめスポット9選!

日本人の大好きな納豆のイメージが強い水戸。そんな水戸には歴史的な建物や歴史を学べる施設、約3000本の美しい梅を楽しめる名園や地酒の資料館など大人が楽しいスポットが数多くあるのをご存じですか? いい...

【大人編】那須の遊ぶところ2024 とっておきのおすすめスポット10選をご紹介

首都圏から車で2時間ほどに位置する人気の観光地、那須。 自然豊かな那須には絶景を望めるもみじ谷大吊橋や間近で動物を見られる那須どうぶつ王国、温泉にアウトレットまで様々ながあります。都会の喧騒から離れ...

【群馬 高崎・ディナー】高崎で夜を楽しめるとっておきのお店10選!高崎でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに群馬の高崎で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。 そこで今回は、高崎でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 塩味の...

【茨城 ひたちなか・ディナー】ひたちなかで夜を楽しめるとっておきのお店6選!ひたちなかでディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに茨城のひたちなかで夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。 そこで今回は、ひたちなかでおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 ...

【群馬 草津・夜ごはん】草津で夜を楽しめるとっておきのお店6選!草津で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに群馬の草津で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、草津でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 香り高...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。