>  >  >  >  >  >  福岡【太宰府天満宮】80軒の店が軒を連ねる参道をぶらり歩き

福岡【太宰府天満宮】80軒の店が軒を連ねる参道をぶらり歩き

福岡【太宰府天満宮】80軒の店が軒を連ねる参道をぶらり歩き

太宰府天満宮へと続くおよそ400mの参道には、みやげもの店、名物の梅ヶ枝餅を焼く茶屋など80軒を超える店が軒を連ね、年間800万人以上の人出でにぎわう。

太宰府天満宮案内所

太宰府天満宮のインフォメーション。ボランティアガイドの受け付けもこちらで行う。オリジナル雑貨なども販売

太宰府天満宮案内所

西鉄太宰府駅から徒歩5分

小野東風軒

博多人形、博多曲物、有田・唐津焼、肥前ビードロなどの工芸品がそろう

小野東風軒

9:15~17:20
月2回不定休

てのごい家

手ぬぐいを自分流にアレンジ
「てのごい」とは、博多弁で「手ぬぐい」のことで、店内の商品のうち9割以上が手ぬぐい、残りは手ぬぐいを使った雑貨や関連商品。額に入れて絵画ふう、棒を使ってタペストリーふうなど、自分流に使い方を考えるのも楽しい。

てのごい家

古民家風の和モダンな造り

てのごい家

博多織の模様が描かれた手ぬぐいは各1080円

てのごい家

手ぬぐい以外の和雑貨もそろう

てのごい家

てのごい家

住所
福岡県太宰府市宰府2丁目7-26
交通
西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:00(閉店)
休業日
不定休
料金
博多織模様手ぬぐい=1080円/

スターバックスコーヒー 太宰府天満宮表参道店

「伝統×モダン」の斬新デザイン
伝統と現代が融合した木組み構造が斬新な店舗は、日本を代表する建築家隈研吾氏が設計。店の奥には、太宰府にふさわしく、梅の木を植えた庭がある。

かさの家

梅ヶ枝餅を実演販売している店先から中に入ると和食処

かさの家

かさの家

住所
福岡県太宰府市宰府2丁目7-24
交通
西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩4分
営業期間
通年
営業時間
10:00~17:30(閉店18:00)
休業日
無休(年末休)
料金
松花堂弁当の飛梅=1950円/そばずし=760円/抹茶セット=610円/梅ヶ枝餅=600円(5個入)、1200円(10個入)/ 平均予算(昼):2000円

味の明太子ふくや 太宰府店

辛子明太子の老舗で、奥にイートインコーナーがある。オリジナルの明太子茶漬けは864円。

味の明太子 ふくや太宰府店

住所
福岡県太宰府市宰府3丁目2-47
交通
西鉄太宰府線太宰府駅から徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30
休業日
無休
料金
要問合せ 平均予算(昼):1000円

やす武

そば好きの間でも評判が高いそば屋。おすすめは天ぷらそば

やす武

やす武

住所
福岡県太宰府市宰府2丁目7-16 天満宮参道
交通
西鉄太宰府線太宰府駅からすぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:45(閉店17:30)
休業日
不定休
料金
ざるそば=800円/おろしそば=950円/鴨せいろ=1400円/抹茶セット=600円/ 平均予算(昼):1000円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる福岡 博多・天神 ’18」です。掲載した内容は、2016年12月~2017年3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため、消費税改正前、改正後、施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
×