>  >  >  >  > 

山形【鳥海ブルーライン】絶景ドライブ!おすすめスポット!

まっぷるマガジン

更新日:2018年9月9日

この記事をシェアしよう!

山形【鳥海ブルーライン】絶景ドライブ!おすすめスポット!

鳥海山から日本海を見晴らす全長34.9kmのワインディングロード「鳥海ブルーライン」。標高2236mの霊峰をドライブしながら、マイナスイオンたっぷりの名瀑や美しい夕日を望む道の駅など、多彩な絶景スポットをめぐろう。

鳥海ブルーライン

日本海を見下ろす高原を快走!
鳥海山5合目を経由し、山形県遊佐町と秋田県にかほ市を結ぶ観光道路。渓谷やカーブがいくつも続き、3合目からは日本海や庄内平野を見晴らす絶景が広がる。

おすすめシーズン
5〜10月

鳥海ブルーライン

鳥海山プロフィール

山形と秋田の県境にそびえる独立峰。2016年には鳥海山・飛島エリアが日本ジオパークに認定された。

鳥海山プロフィール

ドライブコース

酒田みなとIC
↓ 28分/16.5km
十六羅漢岩
↓ 12分/3km
丸池様・牛渡川
↓ 40分/22km
鉾立展望台
↓ 25分/15.5km
元滝伏流水
↓ 10分/2.5km
奈曽の白滝
↓ 15分/8km
道の駅 象潟ねむの丘
↓ 5分/5km
金浦IC

鳥海ブルーライン(山形県)

住所
山形県飽海郡遊佐町吹浦~秋田県にかほ市象潟町小滝
交通
JR羽越本線吹浦駅からタクシーで30分
料金
無料

十六羅漢岩

日本海を望む巨岩に彫られた石仏群
明治元(1868)年に、海禅寺21代目の寛海和尚が、諸霊供養と海上安全を祈願し、地元の石工を指揮し彫ったものと伝えられる。巨岩に刻まれた16体の羅漢像や釈迦三尊の数々は迫力満点。

十六羅漢岩

絶景スポット
海を見守る22体の石像。7月下旬にはライトアップがある

十六羅漢岩

穏やかな表情の石仏

十六羅漢岩

住所
山形県飽海郡遊佐町吹浦西楯
交通
JR羽越本線吹浦駅から徒歩15分
料金
情報なし

丸池様・牛渡川

湧水で満たされた幻想的な池
鳥海山山麓には湧水スポットが点在。「丸池様」と呼ばれ、信仰の対象にもなっている丸池は、湧き水のみを水源とする珍しい池。そばには鳥海山の湧き水が流れる牛渡川がある。

丸池様・牛渡川

絶景スポット
丸池では底からボコボコと水が湧く様子が見られる

丸池様・牛渡川

住所
山形県飽海郡遊佐町吹浦
交通
JR羽越本線吹浦駅からタクシーで8分
料金
情報なし

鉾立展望台

標高1150mからの大パノラマ
鳥海ブルーラインの最高地点・鳥海山5合目に位置するビュースポット。駐車場から5分ほど歩いたところに展望台がある。雄大な鳥海山や深さ337mものV字形の奈曽渓谷、日本海の大海原まで望める。

鉾立展望台

絶景スポット
雄大な鳥海山と迫力のある奈曽渓谷が眼前に広がる

鉾立展望台

よく晴れた日には日本海を一望できる

鉾立展望台

住所
秋田県にかほ市象潟町小滝鉾立
交通
JR羽越本線象潟駅からタクシーで40分(第二展望台)
料金
情報なし

元滝伏流水

幾年も経て地表へ湧き出た清流
鳥海山の雨や雪が約80年の歳月をかけて濾過され、湧き出した滝。幅約30mの苔むした岩肌を幾筋もの清水が流れ、緑の苔と白い飛沫が鮮やかなコントラストをみせる。

元滝伏流水

絶景スポット
鳥海山にしみ込んだ水が1日5万tも湧き出している

元滝伏流水

住所
秋田県にかほ市象潟町関
交通
JR羽越本線象潟駅からタクシーで15分
料金
情報なし

奈曽の白滝

渓谷に轟音が響く勇壮な名瀑
昭和7(1932)年に国の名勝に選ばれた、高さ26m、幅11mを誇る名瀑。鳥海火山の溶岩流でできた絶壁を、水量豊富な雪解け水が流れ落ちる。滝壺の近くまで行くことができる石段があるので、荘厳な雰囲気を間近で体感できる。

奈曽の白滝

絶景スポット
コバルトブルーに見える神秘的な滝壺の間近まで寄れる

奈曽の白滝

住所
秋田県にかほ市象潟町小滝
交通
JR羽越本線象潟駅からにかほ市コミュニティバス湯の台行き(日曜、祝日運休)で15分、奈曽滝前下車すぐ
料金
情報なし

道の駅 象潟ねむの丘

日本海を望む展望風呂が人気
1階に物産館、2階には地場産メニューがそろうレストラン、4階には日本海を望む展望風呂がある。展望塔からは鳥海山や日本海、晴れた日には遠く男鹿半島まで望むことができる。

道の駅 象潟ねむの丘

絶景スポット
日本海に沈む夕日を眺めながら湯浴みを楽しめる

道の駅 象潟

住所
秋田県にかほ市象潟町大塩越73-1
交通
日本海東北自動車道金浦ICから国道7号を酒田方面へ車で5km
料金
鳥海選びどん=1296円/入浴料=350円/(65歳以上は入浴料300円)
1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください