>  >  >  >  >  > 

長崎ご当地グルメ! 地元っ子が愛する美味しい名物!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年6月8日

この記事をシェアしよう!

長崎ご当地グルメ! 地元っ子が愛する美味しい名物!

「じげもん」とは、長崎の言葉で「地元のもの」という意味。
全国的に有名な郷土料理から地元で超メジャーな名店の看板メニューまで、おいしいじげもんをラインアップ!
長崎ならではのグルメを堪能しましょう。

【長崎×郷土料理】卓袱料理

長崎伝統の「和華蘭」料理

長崎で外交貿易が盛んだった17世紀頃、交流があった中国(華)やオランダ(蘭)など西洋の食文化に、日本(和)の食文化を融合させた郷土料理。朱塗りの円卓には国際色豊かな鉢盛り料理が並びます。

 

作法1:乾杯の前に「お鰭」

食事の開始は、おかっつぁま(女将)の「お鰭をどうぞ」の言葉が合図。この声がかかる前は、乾杯もできない。

 

作法2:取り皿は2枚

もとは家庭のもてなし料理から発展したため、家人に手間をかけないよう取り皿は2枚までが決まり。

 

作法3:お好きなままに

作法1、2以外は食べ方に決まりはなし。好きな料理を直箸で小皿に取って味わう。

【長崎郷土料理×卓袱料理】料亭 一力

長崎の料亭のなかでも屈指の老舗で、かつて維新の志士たちも訪れたといわれる。手入れのゆき届いた庭を眺めながら味わえる卓袱料理をはじめ、昼夜とも食事はすべて予約制。ランチは代表的な卓袱のメニューを三段重に詰めた姫重しっぽく(3300円)がおすすめ。【寺町】

【長崎郷土料理×卓袱料理】料亭 一力

卓袱料理 (昼)7920円~ / (夜)1万3200円~

写真はお鰭や角煮など伝統の味が楽しめる夜の卓袱料理

【長崎郷土料理×卓袱料理】料亭 一力

創業文化10(1813)年の老舗。閑静な寺町通りにある

料亭 一力

住所
長崎県長崎市諏訪町8-20
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道3号系統蛍茶屋行きで4分、市民会館下車、徒歩5分
料金
ターフル料理=12960円~/姫重しっぽく=3240円/卓袱料理(要予約)=7776円~(昼)・12960円~(夜)/会席料理=12960円~/

【長崎郷土料理×卓袱料理】料亭 坂本屋

卓袱料理のメインディッシュともいえる東坡煮(豚の角煮)で有名な料理旅館。醤油使いの匠に与えられる「醤油名匠」に輝いた料理人が日夜手間を惜しまずにつくる東坡煮は、舌の上でとろけるようにやわらかく、味わい深い。卓袱料理は2人からの予約制で、昼は3740円から、夜は8800円から。【長崎駅周辺】

【長崎郷土料理×卓袱料理】料亭 坂本屋

卓袱料理 1人前 1万2650円

お鰭、中鉢(東坡煮)、大鉢(山海の幸盛り合わせ)など16品からなるコースで、写真は5人前。内容は季節により異なる

【長崎郷土料理×卓袱料理】料亭 坂本屋

創業明治27(1894)年、多くの文化人に愛されてきた料理旅館

料亭御宿 坂本屋

住所
長崎県長崎市金屋町2-13
交通
JR長崎駅から徒歩7分
料金
ミニ卓袱料理(昼のみ)=3240円/本格卓袱料理=8640円/東坡煮(真空パックに入った持ち帰り用、3個)=1425円/(カードは4320円以上の場合のみ利用可)

【長崎×郷土料理】茶碗むし

器のサイズに特徴あり!

創業慶応2(1866)年の𠮷宗の看板料理。伝統の味は親、子、孫と食べ継がれ、今では長崎っ子のソウルフードともいえます。

【長崎郷土料理×茶碗むし】𠮷宗 本店

創業当時からの製法と味を守る茶碗むしの特徴は、なにより器の大きさで、「長崎の山海の幸を全部入れたい」との初代の思いから丼で提供している。薄めのだしと卵に、しいたけ、穴子、たけのこなど9種類の具が合わさって「𠮷宗」の茶碗むしが完成する。【浜町】

【長崎郷土料理×茶碗むし】𠮷宗 本店

茶碗むし&蒸し寿司セット 1375円

多くの客が茶碗むしと対で注文するのが、酢めしに錦糸卵などをあしらった蒸し寿司。2つ合わせて「夫婦むし」ともいう

【長崎郷土料理×茶碗むし】𠮷宗 本店

建物は昭和2(1927)年築

吉宗 本店

住所
長崎県長崎市浜町8-9
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで11分、観光通り下車、徒歩3分
料金
茶碗むし&蒸し寿司セット=1375円/茶碗蒸し定食=1980円/角煮定食=1705円/ミニしっぽく=3520円(小)・3960円(大)/角煮=990円/ばってら=1265円/茶碗蒸しと蒸しずしのセット(冷凍2人前)=2528円/

【長崎×郷土料理】ひと口餃子

一口にうまみがギュッと凝縮

直径5㎝にも満たないひと口サイズの餃子は、長崎名物の一つです。焼き餃子や水餃子があります。

【長崎郷土料理×ひと口餃子】雲龍亭 本店

創業昭和30(1955)年のひと口餃子の専門店。あんには豚ひき肉、にら、にんにくのほかに、甘みのある玉ねぎが入っていて、特製の香辛料で味付け。スパイスを使うことで、玉ねぎの甘さがひき立ち、あとをひく。2つ、3つと口の中に放り入れ、キンキンに冷えたビールで流し込む…最高の瞬間だ。【思案橋】

【長崎郷土料理×ひと口餃子】雲龍亭 本店

餃子 10個 400円

赤い柚子胡椒や自店製ラー油をつけると、さらに食欲が増す。これまで一人で完食した最高記録は15人前

【長崎郷土料理×ひと口餃子】雲龍亭 本店

丸椅子のカウンターのほかに、テーブル席がある

雲龍亭 本店

住所
長崎県長崎市本石灰町2-15
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで12分、思案橋下車、徒歩3分

【長崎郷土料理×ひと口餃子】餃子菜館 万徳

長崎新地中華街の北門近くに建つ。オーナーは北京出身で、調味料や材料の多くは現地から仕入れる。人気の水餃子のほか、担々麺やエビチリマヨネーズなどのメニューがある。【浜町】

【長崎郷土料理×ひと口餃子】餃子菜館 万徳

水餃子 6個 470円

注文を受けてからつくる水餃子。食べると肉汁がしたたり、北京の本場の味を堪能することができる

【長崎郷土料理×ひと口餃子】餃子菜館 万徳

中国を思わせる庶民的な雰囲気が漂う店内

餃子菜館 万徳

住所
長崎県長崎市銅座町2-2
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで7分、新地中華街下車すぐ
料金
水餃子(6個)=430円/鍋貼(焼き餃子)=430円/小籠包=680円/ちゃんぽん=850円/担々麺=860円/エビチリ=900円/

【長崎×郷土料理】名物おじや

ヘルシーでおいしい

釜炊きのごはんをお粥にして半日ねかせ、昆布とかつお節のだしでのばすおじや。溶き卵を加えてふんわりと仕上げます。

【長崎郷土料理×名物おじや】しあんばし一二三亭

明治29(1896)年にすきやきの店として開業。現在は角煮や牛かんなどの郷土料理、水炊き、鴨鍋、牛かん鍋の3種類の鍋料理が味わえる。鍋料理は2人前からの受け付けで1人前2300円。ごまがたっぷり入ったおじやは、舌ざわりのなめらかさが絶妙。【思案橋】

【長崎郷土料理×名物おじや】しあんばし一二三亭

おじや 750円

仕上げに溶き卵を加え、ふんわりとした食感。昼はおじや定食で、唐揚げとサラダが付いて800円

【長崎郷土料理×名物おじや】しあんばし一二三亭

思案橋の路地裏に建つ

しあんばし一二三亭

住所
長崎県長崎市本石灰町2-19
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで12分、思案橋下車すぐ
料金
鍋料理(2人前から)=2200円(1人前)/角煮牛かん=700円/おじや=650円/

【長崎×郷土料理】焼小籠包

長崎の新名物として知名度急上昇!

厚めの生地であんを包み、香ばしく焼き上げた上海生まれの焼小籠包を、長崎流にアレンジ。

【長崎郷土料理×焼小籠包】長崎焼小籠包 CHAI DELICA

食べごたえのあるモッチリとした皮の中は、雲仙うまか豚「紅葉」で練り上げたあんと、秘伝のオリジナルコラーゲンのスープがたっぷり。地元のチョーコー醤油で味付けしていて、独特な風味、うまみ、ほのかな甘さが印象的。海老焼小籠包は塩味で、えびの味が楽しめる。【浜町】

【長崎郷土料理×焼小籠包】長崎焼小籠包 CHAI DELICA

焼小籠包 4個 394円
海老焼小籠包 4個 486円

地元の産物を使い、本場上海とはまた違う味を創出している。テイクアウトもできる

長崎焼小龍包 CHAI DELICA

住所
長崎県長崎市銅座町5-12
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで9分、西浜町下車すぐ
料金
焼小籠包(4個)=380円/エビ焼小籠包(4個)=440円/鶏焼小籠包(4個)=380円/焼小籠包+鮮鰕焼小籠包=410円(各2個)・600円(各3個)/

ご当地おやつもチェック!

【長崎のご当地おやつ×鯨カツ】鯨専門店 くらさき

昭和のノスタルジーにひたれる

かつて捕鯨が盛んだった長崎では、くじら料理は郷土の味。「鯨専門店 くらさき」の鯨カツは、丹念にスジ取りをしていて、驚くほどやわらかい。味付けはしょうが醤油がベースの秘伝のタレ。【浜町】

【長崎のご当地おやつ×鯨カツ】鯨専門店 くらさき

ながさき鯨カツ 450円

買ってその場で食べることができる

鯨専門店 くらさき

住所
長崎県長崎市万屋町5-2
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで11分、観光通り下車、徒歩3分
料金
ながさき鯨カツ=432円/

【長崎のご当地おやつ×ハトシ】山ぐち

長崎発のファストフード

ハトシは、えびのすり身をパンに挟んで揚げたもの。惣菜・仕出し店「山ぐち」のハトシは、スタンダードなえびのほかに、長崎ランタンフェスティバル期間中はえびチーズとひき肉が登場。調理前のハトシは全国発送ができる。【浜町】

【長崎のご当地おやつ×ハトシ】山ぐち

長崎伝承ハトシ 1個 350円

つくりたてを店先で売っている

山ぐち

住所
長崎県長崎市万才町10-12山口ビル 1階
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで9分、西浜町下車、徒歩3分
料金
長崎伝承ハトシ(1個)=320円/冷凍ハトシ(5個入)=1500円/

【長崎のご当地おやつ×シースクリーム】梅月堂本店

ローカル洋菓子の元祖

シースクリームは、長崎の洋菓子店「梅月堂本店」が、昭和30年代に発売したシロップ漬けの黄桃とパイナップルがのった洋生菓子。今では長崎県内の多くの洋菓子店で販売している。【浜町】

【長崎のご当地おやつ×シースクリーム】梅月堂本店

シースクリーム 399円

2階のカフェ「サロンドフィーヌ」でイートインができる。イートインは407円

梅月堂本店

住所
長崎県長崎市浜町7-3
交通
JR長崎駅から長崎電気軌道1号系統崇福寺行きで11分、観光通り下車すぐ
料金
シースクリーム=399円/南蛮おるごおる10本入=658円/ポンム=1663円/半熟カステラ=1188円/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください