トップ >  九州・沖縄 > 阿蘇・熊本・大分 > 大分・竹田・臼杵 > 

豊後大野の絶景スポット!原尻の滝「東洋のナイアガラ」を見に行こう

クロス編集事務所

更新日: 2024年2月13日

この記事をシェアしよう!

豊後大野の絶景スポット!原尻の滝「東洋のナイアガラ」を見に行こう

大分県の南西部に位置する豊後大野。
そこに近年話題の滝があります。
「東洋のナイアガラ」の異名を持つ原尻の滝。
幅120mの滝は色々な角度から楽しむことができます。

約9万年前に起きた阿蘇山噴火の火砕流による地形が、大自然を実感できるジオパークとしても人気の豊後大野。
大自然の景観に溶け込むように点在する絶景スポットをめぐるのもおすすめですよ。

飾り気のない自然をのんびり眺めて、心も体も満足の行く休日を。

豊後大野はこんなところ

世界も認めた大地のめぐみを実感
大分県の南西部に位置し、広大な面積を有する。約9万年前に起きた阿蘇山噴火の火砕流による地形は、大自然を実感できるジオパークとして人気。

豊後大野への行き方

電車
JR大分駅→JR三重町駅
JR豊肥本線●所要時間/44分  ●料金/760円


東九州自動車道 臼杵IC→国道502号→三重町
約28km●所要時間/37分

【豊後大野×絶景】”東洋のナイアガラ”の異名をもつ滝「原尻の滝」

緒方平野の真ん中に突如現れる滝。日本の滝百選にも選ばれている。すぐそばにはレストランや直売所を備えた道の駅もある。

【豊後大野×絶景】”東洋のナイアガラ”の異名をもつ滝「原尻の滝」

滝の対面に架かる「滝見橋」。吊り橋ならではのスリル感満点!

【豊後大野×絶景】”東洋のナイアガラ”の異名をもつ滝「原尻の滝」

幅が120m、高さ20m。色々な角度から滝を眺めることができる

リフレッシュポイント
滝をぐるりと囲むように眺めるスポットがあり、間近に迫れば、ここちよいミスト状のしぶきに癒やされる。

原尻の滝

住所
大分県豊後大野市緒方町原尻
交通
JR豊肥本線緒方駅からタクシーで5分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

【豊後大野×絶景】県下最大級の不動明王像「普光寺磨崖仏」

国内屈指の大きさを誇る磨崖仏で鎌倉期の作といわれている。石窟の中にも磨崖仏が彫られており、中まで歩いて行くことができる。

【豊後大野×絶景】県下最大級の不動明王像「普光寺磨崖仏」

大岩窟内には懸造り舞台や護摩堂が建つ

【豊後大野×絶景】県下最大級の不動明王像「普光寺磨崖仏」

像高8mの不動明王像と制多迦童子、矜羯羅童子が彫刻されている

リフレッシュポイント
6月には磨崖仏の下に約2000株のアジサイが咲き誇る。

普光寺磨崖仏

住所
大分県豊後大野市朝地町上尾塚1225
交通
JR豊肥本線朝地駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休
料金
情報なし

【豊後大野×絶景】雪舟も描いた迫力満点の滝「沈堕の滝」

幅100m、高さ20mの雄滝と、幅10m、高さ18mの雌滝からなる。室町時代に雪舟が訪れ『鎮田瀑図』を描いたと伝わる。

【豊後大野×絶景】雪舟も描いた迫力満点の滝「沈堕の滝」

滝の上流部には沈堕ダムがある

リフレッシュポイント
「ちんだの滝ふれあい公園」には雄滝の近くまで続く遊歩道が整備されている。

沈堕の滝

住所
大分県豊後大野市清川町臼尾
交通
JR豊肥本線豊後清川駅からタクシーで10分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

【豊後大野×絶景】アーチの径間日本一と2位が並んで架かる「出会橋・轟橋」

清流奥岳川に並んで架かる二つの橋。轟橋の右岸側アーチの径間は32.1mと日本一の幅で、出会橋の29.3mはそれに次ぐ2位の幅となる。

【豊後大野×絶景】アーチの径間日本一と2位が並んで架かる「出会橋・轟橋」

手前が轟橋。昭和初期に森林鉄道を通す橋として建てられた

リフレッシュポイント
切り立った柱状節理の崖面と、エメラルドグリーンの川面の景観も石橋とともに絶景をなしている。

出会橋

住所
大分県豊後大野市清川町平石
交通
JR豊肥本線豊後清川駅からタクシーで20分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし
料金
情報なし

【豊後大野】ココも寄っとこ!

【豊後大野×立ち寄りスポット】甘さ自慢のクリーンピーチを加工した商品も充実「道の駅 きよかわ」

ふるさと物産館には、新鮮な野菜や手作りの加工品が並ぶ。通常の桃より糖度が高い「クリーンピーチ」も人気。

【豊後大野×立ち寄りスポット】甘さ自慢のクリーンピーチを加工した商品も充実「道の駅 きよかわ」

クリーンピーチの旬は6月末から8月中旬。全国発送はない

道の駅 きよかわ

住所
大分県豊後大野市清川町砂田1574-1
交通
東九州自動車道大分光吉ICから国道10号・326号・502号を竹田方面へ車で40km
営業期間
通年
営業時間
7:30~18:00、レストランは10:00~21:00(施設・店舗により異なる)
休業日
不定休(物産館は12月31日休、他臨時休あり)
料金
施設により異なる

【豊後大野】<宿泊施設もチェック!>ロッジきよかわ

清流沿いに広がる自然に囲まれた宿泊施設。ツリー型ハウスが印象的で、地元産の食材を使った料理も楽しめる。日帰りバーベキューやペット連れ宿泊も可能。

【豊後大野】<宿泊施設もチェック!>ロッジきよかわ

ロッジきよかわ

住所
大分県豊後大野市清川町宇田枝158
交通
東九州自動車道臼杵ICから国道502号、一般道を豊後大野市方面へ車で35km
営業期間
通年
営業時間
イン16:00、アウト10:00
休業日
要問合せ
料金
ツリー型ハウス(1棟)=7560円/ログハウス(ツイン)=8640円(1名)/

九州・沖縄の新着記事

【人吉駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット9選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、人吉駅周辺(徒歩20分圏...

【臼杵駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット8選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、臼杵駅周辺(徒歩20分圏...

熊本県の桜の名所・お花見スポットおすすめ9選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

福岡県の桜の名所・お花見スポットおすすめ13選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...

【大人編】久留米の遊ぶところ2024 ラーメン、温泉、神社に道の駅まで!おすすめスポット9選!

都会と自然のバランスが良く、治安もいいので住みやすい街として人気の高い久留米。博多からも1時間かからずに訪れることができます。 そんな久留米には有名な久留米ラーメンを堪能できるお店や、重要文化財に指...

【大人編】熊本の遊ぶところ2024 温泉に馬刺し、おしゃれカフェまでおすすめスポット11選!

くまモンや馬刺しで有名な熊本。自然あふれる熊本には自然を生かしたカフェや絶景が望める展望スポット、自然の中で遊べるスポットがたくさんあります。 今回は、元熊本在住の筆者がとっておきのおすすめポットを...

【大人編】博多の遊ぶところ2024 絶品もつ鍋に映画館、温泉に人気の屋台飯までおすすめ10選!

美味しいものであふれる街、福岡県・博多。 グルメのイメージが強い博多ですが、美味しいものだけでなく楽しいスポットがたくさんあるのをご存じですか? 今回は定番のグルメはもちろん、大人の時間ならで...

【佐賀・夜ごはん】佐賀で夜を楽しめるとっておきのお店6選!佐賀で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに佐賀で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、佐賀でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 旬の魚介料理...

【鹿児島・ディナー】鹿児島で夜を楽しめるとっておきのお店10選!鹿児島でディナーをするならどこがいい?

仕事や観光の帰りに鹿児島で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか。 そこで今回は、鹿児島でおすすめのディナーのお店をご紹介いたします。 本格薩摩...

【宮崎・夜ごはん】宮崎で夜を楽しめるとっておきのお店10選!宮崎で夜ごはんを食べるならどこがいい?

仕事や観光の帰りに宮崎で夜ごはんを食べたいけど、いたるところに飲食店があるから迷ってしまった経験はありませんか? そこで今回は、宮崎でおすすめの夜ごはんのお店をご紹介いたします。 チキン南蛮と...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

会社創立は平成元年。以来、『まっぷるマガジン』『ことりっぷ』などなど、福岡市の編集プロダクションとしての立地を生かし、見どころ、グルメ、温泉、宿など九州一円の観光情報誌の制作にかかわってきました。
これからも、これまで培ってきたノウハウを存分に発揮して、個性あふれる九州の魅力と元気のよさを多くの方々に伝えていきたいと思います!