コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  長崎グルメ【ちゃんぽん】本場の味が楽しめる人気の6店

長崎グルメ【ちゃんぽん】本場の味が楽しめる人気の6店

by mapple

更新日:2018年1月10日

長崎グルメの代表格といえば、ちゃんぽん。今も昔も庶民の味として親しまれていて、スープの味やトッピングに無限のバリエーションがある。

会楽園

鶏ガラ7、豚骨3の黄金比を生んだ老舗 新地
昭和2(1927)年に、福建省出身の先代が開いた中国料理店。ちゃんぽんのスープが鶏ガラ100%だった当時、豚骨を加えて味にこくを出した店として知られ、黄金比といわれる鶏ガラ7と豚骨3の割合は、試行錯誤のすえに生まれた。麺や醤油なども、ちゃんぽん専用の材料を特注するなど、オリジナルの味の追及に余念がない。

長崎新地中華街の北門入り口に中国様式の豪華な門が立つ

ちゃんぽん 850円
魚介、練り物、野菜など具だくさん。野菜のシャキシャキ感がたまらない
こってり度 ★★★☆☆
スープ 豚骨30%、鶏ガラ70%、ほか野菜
 中麺
 豚肉、いか、カキまたはあさり、キャベツ、もやし、キクラゲ、はんぺん、ちくわなど
具材
いか、あさりなどの魚介に野菜、豚肉がたっぷり
スープ
基本的には、鶏ガラと豚骨をあわせたダブルスープ。鶏ガラのみ、豚骨のみの店もある


黄身色を帯びたちゃんぽん麺は、小麦に唐灰汁を配合した唐灰汁麺。独特の風味がスープに溶け込む

こちらもオススメ
東坡肉 2個1100円※写真は4個
トロトロに煮込んだ豚肉を、中華饅頭に挟んで食べる東坡肉も、会楽園の人気メニューの一つ

皇上皇

旬の素材を盛り込んだ特製ちゃんぽんにリピーターが続出! 長崎駅前
オリジナルメニューが多彩な台湾・広東料理の店。なかでもいちばん人気の特製ちゃんぽんは、食べてみる価値あり。40kgの豚骨を煮込んでつくるスープはクセがなく、魚介や野菜など具のうまみが溶け出し、味わい深い。

JR長崎駅に隣接の駅ビル内にあるため、アクセス抜群

特製ちゃんぽん 1134円
豚骨100%でありながら、意外にもあっさりしていて、最後の一滴まで飲み干せる
こってり度 ★★★☆☆
スープ 豚骨100%
 中太麺
 豚肉、えび、いか、ほたて、にんじん、キャベツ、玉ねぎ、キクラゲ、鶏団子など

こちらもオススメ
酸辣湯麺 864円
白酢と黒酢、2種類の酢をブレンドして出した酸味と辛みのバランスが絶妙。麺はちゃんぽん麺を使っている

よこはま 思案橋店

地元っ子にも芸能人にも支持される具たっぷりの特製ちゃんぽん 思案橋
東京浅草出身の主人が、昭和33(1958)年にオープンさせた中国料理店。長年親しまれるちゃんぽんは、主人と料理人たちとの研究のすえに生まれた。豚骨と鶏ガラでとったスープはやさしい味で、飲んだあとの締めにもいい。

芸能人が多く訪れる店としても知られる

特製ちゃんぽん 1080円
具は魚介や野菜など、13種類ほどが入る。スープはまろやかな口あたりでこくがある
こってり度 ★★★☆☆
スープ 豚骨50%、鶏ガラ50%
 中太麺
 豚肉、えび、白菜、玉ねぎ、ヤングコーン、たけのこ、キクラゲ、キャベツ、いんげん、かまぼこなど

こちらもオススメ
乾焼蝦仁(エビチリソース)1450円
大えびが12尾も入ったボリューム満点のひと皿。辛さは好みに応じて調整してくれる

中華料理 四海樓

創業100年以上元祖の味は必食! 南山手
ちゃんぽんと皿うどんの元祖の店として有名。丸鶏と豚骨、鶏骨を3、4時間かけて炊き上げた白濁スープはこくがあり、あとをひく。2階にあるミュージアムでは、ちゃんぽんの歴史や創業時の食器などを展示。開館時間は同じで、自由に入館できる。

ちゃんぽん 972円
製法やスープの味は考案当時のままに、数種の魚介が入ってうまみがパワーアップ
こってり度 ★★★☆☆
スープ 鶏ガラ、豚骨(割合は企業秘密)
 太麺
 豚肉、えび、いか、キャベツ、もやし、ねぎ、キクラゲ、はんぺん、錦糸卵
錦糸卵 四海樓のちゃんぽんには錦糸卵がのる

こちらもオススメ
蓋付きちゃんぽん 918円
四海樓が出前をしていたころの復刻版丼で出される蓋付きちゃんぽん

ちゃんぽんヒストリー

ちゃんぽんが生まれたのは100年以上も昔のこと。創業明治32(1899)年の中華料理 四海樓の初代が、長崎に暮らす同胞や留学生の貧しい食生活を見かねて、安くてボリュームがあり、一杯で栄養満点のこの料理を考案した。

康楽

見よ、この飾り包丁!!路地裏の隠れた名店 思案橋
見落としそうな思案橋横丁の細い路地裏にある、知る人ぞ知る名店。昭和23(1948)年の創業以来、評判が高いスープは、鶏ガラのみでとっていることと、薄口醤油を使っていること以外は秘伝。ワンランク上のそぼろちゃんぽんは、飾り包丁を入れたにんじん、いか、マッシュルームなど計15種を盛り込んだ具だくさん。

小さい店ながらも、多くの食通が訪れる

そぼろちゃんぽん 1300円
にんじんは中国で縁起のいいコウモリの形。肉は赤身を使い、あっさりと仕上げる
こってり度 ★☆☆☆☆
スープ 鶏ガラ100%
 中麺
 豚肉、えび、いか、にんじん、ねぎ、しいたけ、マッシュルーム、キクラゲ、かまぼこなど

こちらもオススメ
ちゃんぽん 830円
しっかりと下味をつけた肉は、鶏ガラのみでだしをとったスープとのなじみがいい

天天有

濃厚なスープにはコラーゲンがたっぷり! 思案橋
中国福建料理の専門店で、舌の肥えた地元ファンが支持。チャンポンと皿うどんは、並も特製も、麺とスープは同じもの。ところが、特製は具をグレードアップして、えび、砂肝、キクラゲなど種類が増えるぶん、うまみが増し、甘みが溶け出していて、コラーゲンもたっぷり。

長崎の歓楽街、思案橋の裏通りに建つ

特製ちゃんぽん 1100円
だしが出やすい材料を多く使っているため、スープも麺も並と同じものでもひと味違う
こってり度 ★★☆☆☆
スープ 豚骨35%、鶏ガラ65%
 中細麺
 豚肉、えび、いか、砂肝、キャベツ、玉ねぎ、ねぎ、キクラゲ、しょうがなど

こちらもオススメ
特製皿うどん 1100円
肉やえびなどの具は下味をつけていて、鶏ガラと豚骨でだしをとったスープとよくなじむ

筆者:mapple

まっぷる長崎 ハウステンボス 佐世保・五島’18

発売日:2017年05月23日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる長崎 ハウステンボス 佐世保・五島’18」です。掲載した内容は、2017年1~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×