フリーワード検索

トップ > カルチャー > 北海道・東北 > 北海道

北海道の文化、歴史、地理に関する記事

1〜10件を表示 / 全 50件

小林多喜二のプロレタリア文学~過酷な気候と労働が生んだ思想~

労働者(プロレタリア)の厳しい現実を描くプロレタリア文学。 その代表的な作家が小林多喜二です。 彼の思想は、小樽で学び、働くなかで培われました。...

北海道で誕生した銘酒~サッポロビールとニッカウヰスキー~

誰もが知る酒ブランド、サッポロビールとニッカウヰスキー。 ビールとウイスキーは、どちらも麦芽(モルト)を原料とする酒です。 大麦栽培が盛んな北海道で日本有数の銘酒が生まれたことに、あまり不思議はな...

「江別のれんが」は生産量日本一!北海道発展の陰の立役者

レンガの国内シェア20%以上を占める江別。江別のレンガには、明治時代から続く歴史があります。 なぜこの地でレンガ生産が盛んになったのでしょうか。...

アイヌ語由来が多い北海道の難読地名から見るアイヌ民族の生活と文化

北海道にある変わった地名は、ほとんどがアイヌ語に漢字を当てたもの。 それぞれの地名がアイヌ語で何を意味するのか、読み解いてみましょう。...

暴れ川・石狩川の治水事業~石狩湾新港地域の開拓と発展~

かつては湿地や泥炭地が広がり、たびたび洪水に見舞われていた石狩川流域。 これを人が住める土地に変えるため、長期にわたる治水事業が行われました。...

サラブレッドのふるさと日高!農業地帯だった日高地方が変身したわけとは?

サラブレッド生産の拠点といえば日高地方ですが、もとは単なる農地でした。 馬産のメッカが成立する過程を、競馬ブームの展開とともに追います。...

黒田清隆が開拓時代に提唱した北海道らしい大規模農業

明治初期、黒田清隆が招いたお雇い外国人らによって北海道に洋式農法が普及。 大資本家を優遇する法の制定により、大規模な農場が増えていきました。...

日本製鋼設立の地・室蘭が「鉄の町」に発展したわけ

炭鉱から鉄道が引かれ、石炭の一大積出港として栄えた室蘭。 明治末期に製鉄所と製鋼所ができたことにより、「鉄の町」として急成長を遂げていきます。...

炭鉱開発・発展が北海道の産業大革新をもたらした

明治以降、北海道では盛んに石炭が採掘されました。 なぜ北海道で大量の石炭が採れたのでしょうか。 そして、どのように石炭業は発展していったのでしょうか。...

札幌が大発展した理由とは?150年で200万都市に成長!

開拓が本格化した明治以降、150年ほどで大都市へと急成長した道都・札幌。 そのカギを握るのは、開拓使と屯田兵による町づくりと、排水技術による農地拡大です。...