フリーワード検索

トップ > カルチャー > 北海道・東北 > 北海道

北海道の文化、歴史、地理に関する記事

11〜20件を表示 / 全 50件

北海道の農業産出と漁獲量ランキング~道東・道北が圧倒的!地域間格差が如実に~

北海道は豊かな自然に恵まれ、農業と漁業で日本を支える「食の宝庫」です。 数多くのブランド食材を生産している北海道の農業産出と漁獲量を、地域別にランキングで見てみましょう。...

屯田兵と陸軍第七師団が築いた旭川発展の礎

内地から入植した屯田兵は、開拓だけでなく軍事的にも活躍。 やがて彼らを中心に陸軍第七師団が編成され、師団が置かれた旭川は軍都として栄えます。...

北海道の開拓使のトップは黒田清隆!「北海道」と命名されて札幌を拠点とした大開拓が始まる

明治新政府にとって北海道開拓は一大事業となりました。 そのキーパーソンは、開拓使の実質的なトップとして君臨した黒田清隆でした。...

戊辰戦争の終結と土方歳三の戦死~旧幕府軍が描いた蝦夷共和国とは~

明治新政府軍と旧幕府軍による戊辰戦争は、箱館で最終局面を迎えました。 この戦争は何を目的に争われたのかを、改めて確認しておきましょう。...

北海道開拓の試行錯誤~開拓使を設置して大量の資本と労働力を投入!~

明治政府は対ロシア政策の一環として、また日本の産業を近代化するために、開拓使を設置し、北海道開拓に資本を投入し進めました。...

日米和親条約で箱館開港!東北六藩に分与された蝦夷地

アメリカから開国を迫られた幕府は、箱館を開港場所として選定します。 外国船の来港は、蝦夷地に大きな変化をもたらすのでした。...

クナシリ・メナシの戦いへ至るアイヌの暮らしと和人地の拡大

松前藩の支配体制が整備されると、アイヌへの抑圧も強化されていきました。 そうした動きに抵抗して起きたのが、クナシリ・メナシの戦いでした。...

松前藩の誕生!アイヌを支配する体制の確立とロシアとのにらみあい

江戸時代には、道南に松前藩が立藩してアイヌとの窓口になりました。 ただし、和人地の拡大はアイヌの土地や経済圏を収奪するものだったのです。...

コシャマインの戦いの発端~三守護体制が招いたアイヌ首長の蜂起~

コシャマインの戦いは15世紀に起きたアイヌの一大蜂起です。 どのような経緯で蜂起に至ったのか、その背景を追っていきましょう。...

アイヌの生活と樺太進出!海を駆け巡る北の民が元と戦う!

アイヌが和人の文献に登場するのは14世紀のこと。 史料に残る最初期のアイヌたちがどのような活動をしていたのかを紐解いていきましょう。...