観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  岡山・倉敷観光はこれでOK!押さえておきたいおすすめ観光スポットと各エリアの特徴

岡山・倉敷観光はこれでOK!押さえておきたいおすすめ観光スポットと各エリアの特徴

目次

  • 岡山を楽しむコツ
  • 岡山を楽しむポイント!
  • 各エリアの特徴とおすすめスポット
  •   ①倉敷エリア
  •   ②岡山タウン・吉備路エリア
  •   ③備前・日生エリア
  •   ④蒜山高原 湯原・津山エリア
  •   ⑤備中松山城 高梁・吹屋エリア

⑤備中松山城 高梁・吹屋エリア

繁栄の面影を残すレトロな町並みと山城
話題の天空の山城、備中松山城が堂々たる姿でそびえる。武家屋敷や商家が建ち並ぶ高梁、ベンガラで栄えた吹屋の町並みを散策するのも楽しい。新見には自然がつくり出した神秘的な鍾乳洞が点在。

おすすめ

・備中松山城
・鍾乳洞
・吹屋

おすすめ

雲海が幻想的な雰囲気を醸す備中松山城

吹屋の町並み保存地区

吹屋の町並み保存地区

高梁市成羽町吹屋地区は銅山とベンガラの製造で栄えた

高梁市成羽町吹屋地区は江戸から明治時代にかけて、西日本特有の銅山とベンガラの製造で栄えた町。町並みは重要伝統的建造物群保存地区に選定されている。

吹屋の町並み保存地区

住所
岡山県高梁市成羽町吹屋
交通
JR伯備線備中高梁駅から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

紺屋川美観地区

紺屋川美観地区

城下町の風情が残る景観の街

紺屋川沿いに広がる趣豊かな街並。本町楢井線と下町薬師院線にまたがる延長600mの市道は、「日本の道100選」に選ばれている。道沿いに建ち並ぶ土蔵や格子窓のある建物などが、城下町の風情を醸している。

紺屋川美観地区

住所
岡山県高梁市鍜冶町
交通
JR伯備線備中高梁駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

備中松山城

備中松山城

県内屈指の絶景スポット。人気急上昇の天空の山城へ

雲海に浮かぶ天守の幻想的な姿から「天空の山城」の異名を持つ備中松山城。一帯が雲海(朝霧)に包まれるのは、主に秋から春にかけての早朝と日中の寒暖差の大きい時期。雲が厚すぎると城も見えなくなってしまうため、必ず目撃できるとは限らないが、その神秘的な風景はぜひ目に焼き付けたい美しさだ。

備中松山城

住所
岡山県高梁市内山下1-1
交通
JR伯備線備中高梁駅からタクシーで10分、8合目から徒歩20分
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:30(閉館)、10~翌3月は~16:30(閉館)
休業日
無休12月29日~翌1月3日休

備中松山城を望む展望台

備中松山城を望む展望台

備中松山城を登らず遠望できる展望台

天守の残る日本一高い山城、備中松山城を望む展望台。時期と条件が揃えば、山上の城が雲海に浮かんでいるような「天空の山城」を見ることが出来る。雲海のシーズンは早朝から混雑することも。

備中松山城を望む展望台

住所
岡山県高梁市松山~奥万田町
交通
JR伯備線備中高梁駅からタクシーで30分
営業期間
通年
営業時間
見学自由
休業日
無休

満奇洞

満奇洞

与謝野晶子が絶賛し命名

与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことから満奇洞と名付けられたといわれる。季節に合わせて洞内のLED照明の色が変化し神秘的な世界が広がる。見学所要時間約30分。

満奇洞

住所
岡山県新見市豊永赤馬2276-2
交通
JR伯備線新見駅から備北バス満奇洞行きで1時間、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉館17:00)
休業日
無休
筆者:まっぷるトラベルガイド編集部

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

この記事の出典元は「まっぷる岡山・倉敷 蒜山高原’18」です。掲載した内容は、2017年7〜10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  > 
×