>  >  >  >  > 

【松本】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年6月25日

この記事をシェアしよう!

【松本】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

日本浮世絵博物館

酒井家所蔵の浮世絵コレクション
江戸時代に松本の豪商であった酒井家が、五代200年にわたって収集した浮世絵約10万点を収蔵。初期の浮世絵から現代の創作版画まで、常時100点ほどを展示している。

日本浮世絵博物館

木彫画のできるまでの彫り、刷りなどをビデオで紹介

長野県宝松本市旧司祭館

モダンな雰囲気が漂う宣教師館
県内に現存する宣教師館では最古の1889(明治22)年に建てられた。開拓時代の技法を伝えるアーリーアメリカン様式の外壁にも注目。

長野県宝松本市旧司祭館

元はフランス人宣教師の住居

重要文化財旧開智学校

擬洋風建築の歴史ある小学校
和洋が融合した擬洋風建築の代表作。中央に八角塔が建ち、窓にはギヤマンガラスが採用されている。1876(明治9)年に小学校校舎として建築された。

重要文化財旧開智学校

内部には建築資料と明治時代から現代までの教育資料を展示

松本市はかり資料館

「測る」「計る」「量る」道具を展示
1989年に開館した松本市立博物館の分館。両替天秤や繭の雌雄選別機など、はかるための道具と関連資料を約1300点収蔵している。

松本市はかり資料館

趣ある蔵造りの建物

松本市時計博物館

古時計の音になごむひととき
和時計、掛時計、置時計など和洋の古時計資料約600点を所蔵。常時約110点を実際に動く状態で展示公開。18世紀から20世紀初頭の国内外の珍しい古時計も見られる。

松本市時計博物館

豊富な古時計コレクションをジャンル別に紹介

まつもと市民芸術館

松本の芸術拠点
主ホールと小ホールがある最新の劇場。屋上庭園やレストランもあり、松本の芸術発信地として、市民の憩いの場にもなっている。芸術監督は演出家の串田和美氏。

まつもと市民芸術館

4層のバルコニーを備えた主ホール

源智の井戸

中町通りからひと足 今も市民が守り続ける井戸
松本の城下町周辺は、地下水が豊富で、井戸や湧水が多く見られる。環境省の「平成の名水百選」に選定されている「まつもと城下町湧水群」のひとつ、源智の井戸は、城下町が形成される以前から利用され、古くは酒の醸造にも使われていた。

源智の井戸

1880(明治13)年の明治天皇松本巡行の際には、御膳水としても使われた

1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください