コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【松本】人気おすすめスポット!見る、食べる!

【松本】人気おすすめスポット!見る、食べる!

by mapple

更新日:2018年6月25日

日本浮世絵博物館

酒井家所蔵の浮世絵コレクション
江戸時代に松本の豪商であった酒井家が、五代200年にわたって収集した浮世絵約10万点を収蔵。初期の浮世絵から現代の創作版画まで、常時100点ほどを展示している。

木彫画のできるまでの彫り、刷りなどをビデオで紹介

長野県宝松本市旧司祭館

モダンな雰囲気が漂う宣教師館
県内に現存する宣教師館では最古の1889(明治22)年に建てられた。開拓時代の技法を伝えるアーリーアメリカン様式の外壁にも注目。

元はフランス人宣教師の住居

重要文化財旧開智学校

擬洋風建築の歴史ある小学校
和洋が融合した擬洋風建築の代表作。中央に八角塔が建ち、窓にはギヤマンガラスが採用されている。1876(明治9)年に小学校校舎として建築された。

内部には建築資料と明治時代から現代までの教育資料を展示

松本市はかり資料館

「測る」「計る」「量る」道具を展示
1989年に開館した松本市立博物館の分館。両替天秤や繭の雌雄選別機など、はかるための道具と関連資料を約1300点収蔵している。

趣ある蔵造りの建物

松本市時計博物館

古時計の音になごむひととき
和時計、掛時計、置時計など和洋の古時計資料約600点を所蔵。常時約110点を実際に動く状態で展示公開。18世紀から20世紀初頭の国内外の珍しい古時計も見られる。

豊富な古時計コレクションをジャンル別に紹介

まつもと市民芸術館

松本の芸術拠点
主ホールと小ホールがある最新の劇場。屋上庭園やレストランもあり、松本の芸術発信地として、市民の憩いの場にもなっている。芸術監督は演出家の串田和美氏。

4層のバルコニーを備えた主ホール

源智の井戸

中町通りからひと足 今も市民が守り続ける井戸
松本の城下町周辺は、地下水が豊富で、井戸や湧水が多く見られる。環境省の「平成の名水百選」に選定されている「まつもと城下町湧水群」のひとつ、源智の井戸は、城下町が形成される以前から利用され、古くは酒の醸造にも使われていた。

1880(明治13)年の明治天皇松本巡行の際には、御膳水としても使われた

松本民芸館

民芸品の美と心に触れる
民芸家具をはじめ、陶磁器や染織物、ガラス製品など、日本や世界の民芸品約6800点を収蔵。無名の職人たちの手仕事の中に「美」を感じさせる逸品が、多く展示されている。

民芸家具をはじめ陶磁器や染織物、ガラス製品など国内外から集めた民芸品が並ぶ

PIZZERIA ANDAN

窯で地元食材のうまみを凝縮
薪窯で焼いた本格的ピッツァを落ち着いた雰囲気の洋風古民家で味わえる。ピッツァ生地は長野県産の地粉、野菜は市内で採れた無農薬野菜を使っている。

予算
昼1500円~
夜2000円~

にほんのチーズ4種2400円などが味わえる

トラットリアジラソーレ

松本駅前で本格的なイタリアンを堪能
地産地消にこだわったイタリア料理店。信州サーモンや信州フランス鴨など地元の食材をふんだんにあしらった逸品を味わえる。

予算
昼1000円~
夜4000円~

ボリューム満点のジラソーレ・ランチ2300円

HOP FROG CAFE

長野県産クラフトビールで乾杯!
長野県産をはじめ10種のクラフトビールと、自家焙煎スペシャルティコーヒーが味わえるビア&カフェ。ビールの銘柄は樽がなくなるごとに変更される。

予算
昼・夜500円~

全国各地のクラフトビールを味わおう

時代遅れの洋食屋 おきな堂

松本で長年愛されるレトロな老舗洋食店
1933(昭和8)年創業のレトロな老舗洋食店。デミグラスのオムライスやカツカレーなどに加え、オーガニック珈琲なども楽しめる。

予算
昼1000円
夜2000円

オムライスと煮込みハンバーグ1500円

梓川ラフティング

上高地を源流とする梓川で爽快ラフティング
松本市を流れる梓川は、底が見えるほど水が非常に澄んでおり、上流にダムがあるため水量や流れも安定していることから、ラフティングスポットとして人気だ。公共の宿「梓水苑」がスタート地点で、約4・5㎞の清涼感満点な川下りを楽しめる。

そば処浅田

国産のそば粉を厳選して使う
真空密封などで鮮度管理を徹底した国産のそばを石臼で自家製粉。そばは強いコシがあり、爽やかな風味が残る。

香り豊かな十割そば1100円

野麦

のどごし抜群の極細九一そば
極細のそばは辰野町の契約農家の地粉を使った九割そばで、つゆは細い麺に合わせた辛口。

メニューはざるそば1100円と冬場のかけそば1300円のみ

手打ちそば あるぷす

シンプルな味わいが絶品のそば
細めでコシのあるそばは、一部自家製粉したそば粉をブレンドして打つもの。のどごしが良く、コクとキレのあるつゆとの相性が絶妙だ。

二八で打つもりそば850円

まるも

クラシックなひとときをすごす
1868(慶応4)年創業のまるも旅館に併設された喫茶店。店舗は松本民芸家具の創始者の池田三四郎氏が設計し、民藝運動で知られる思想家の柳宗悦に称賛された。

予算
昼400円~

渋皮モンブラン450円

使い込まれた松本民芸家具が歴史を感じさせる

Gargas

静かな隠れ家カフェ
井戸水で淹れたコーヒーは爽やかで、上品な甘さが秀逸な手作りケーキと相性抜群。ゆっくりとしたカフェタイムを堪能できる。

予算
昼・夜500円~

ガルガブレンド450円、ベイクドチーズケーキ420円

Fruit Dining SHUN

フルーツ王国信州の神髄をスイーツで堪能
縄手通りの近くにあるスイーツショップ。松本市公設市場の仲卸が営むお店で、仲卸がプロの目で厳選した旬の果物を、艶やかな生ゼリーなどのスイーツで堪能できる。

予算
昼500円

ダブルベリーの生ジュース380円とフルーツミックス生ゼリー450円

店先にベンチを用意

伊原漆器専門店

木のぬくもりを感じる漆器が人気
1907(明治40)年創業の漆器店。土蔵造りの店内に、お手ごろな常用小物から人間国宝作の高級品まで幅広く取りそろえている。

雅な漆器は見ているだけで楽しくなる

開運堂

松本菓子の伝統を受け継ぐ
1884(明治17)年から続く老舗。茶会に用いられる干菓子の真味糖など、信州を代表する銘菓を製造。上品な味わいの洋菓子も人気。

干菓子の真味糖

白鳥の湖(18枚入)

筆者:mapple

まっぷる信州’19

発売日:2018年03月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×