トップ > 東北 > 北東北 > 角館・田沢湖・乳頭温泉郷 > 角館 > 角館観光地区 > 

角館桜皮細工センター(武家屋敷通り店)

山桜の樹皮から作る伝統工芸品
独自の製法でひとつひとつ職人の技で作られる樺細工。ここでは伝統工芸士が制作実演をしながら商品の説明をしてくれる。その場で買うこともできるので、気に入った商品を手に入れよう。

角館桜皮細工センター(武家屋敷通り店)

伝統工芸士による樺細工の実演を見よう

角館桜皮細工センター(武家屋敷通り店)

住所
秋田県仙北市角館町表町下丁18
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩20分
料金
ブックカバー=1200円/オリジナル携帯楊枝入れ=1000円/オリジナル桜皮タペストリー棒=2500円/角館のルームフレッシュナー=800円/桜皮茶筒=2520円~/桜皮かんざし=2000円~/

ゆかり堂製菓 駅通り店

手作りの素朴な和菓子が好評
さまざまなかりんとうや煎餅、もろこしなどを販売する和菓子店。名物の「落葉かりんとう」は、昔ながらの伝統を引き継いだ手作りの菓子。懐かしい味わいが人気だ。

ゆかり堂製菓 駅通り店

さまざまな角館銘菓が並ぶ角館を代表する和菓子店

ゆかり堂製菓 駅通り店

住所
秋田県仙北市角館町中菅沢92-29
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩5分
料金
桜まんじゅう=823円(6個入)/黒糖がけ落葉かりんとう=378円(9本入)/

生もろこしの店 唐土庵武家屋敷店

もろこしを和スイーツにアレンジ
炒り小豆の風味と軽い歯ごたえが特徴の秋田銘菓、もろこし。この店では、炒り小豆の風味をしっとりと残した生タイプのもろこしを販売しているので、食べ比べてみたい。

生もろこしの店 唐土庵武家屋敷店

生もろこしのほかに、餡入りの生もろこし「もろこしあん」も人気

生もろこしの店 唐土庵武家屋敷店

住所
秋田県仙北市角館町表町下丁17
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩20分
料金
生もろこし=785円(10包)/もろこしあん=785円(10包)/生もろこし詰合せ=1080円(12包)/桜ほろほろ=645円(10包)/

安藤醸造 麹くらぶ

甘酒や調味料などを販売
120年前に建てられた「マルヨ蔵」を基盤として修繕・改修した建物で甘酒や調味料など麹製品を販売。麹を使ったさまざまなスイーツやドリンクも味わえる。

安藤醸造 麹くらぶ

甘酒や調味料「寒こうじ」などを中心に麹製品を販売

安藤醸造 麹くらぶ

住所
秋田県仙北市角館町下新町34
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩15分
料金
あまざけ=864円/ランチ=750円~/

渡部菓子店

素朴で上品な味わいの角館銘菓
笹の葉の上に梅の形の和菓子が2個。粟の名残の黄色い花びらがかわいらしい菓子が、角館名物のなると餅だ。もち米で餡をくるみ、蒸したもので、モチモチ感と上品な甘さが楽しめる。

渡部菓子店

買ったら、固くなる前に早めにいただこう

渡部菓子店

住所
秋田県仙北市角館町田町上丁88-8
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩5分
料金
なると餅=162円(2個)/

後藤福進堂

ここでしか出会えない和菓子たち
創業から130年を超える老舗和菓子舗。手を汚さずに食べられる押し出し式の桜皮羊羹や金柑まんじゅう、抹茶入りの茶柱羊羹など、創意工夫がなされたヒット商品が多彩に並ぶ。

後藤福進堂

羊羹を丸い筒から押し出し、糸で切って食べる桜皮羊羹

後藤福進堂

住所
秋田県仙北市角館町東勝楽丁12-2
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩15分
料金
桜皮羊羹=259円/茶柱羊羹=259円/金柑まんじゅう=108円(1個)/

食彩 町家館

秋田の食文化を伝える複合施設
地元農家の手作りピクルスや燻したくあんジャムなどの加工、販売を行う。2階の「町家館 かくのだ亭」では稲庭うどんや比内地鶏親子丼など地元で愛されている料理を提供している。

食彩 町家館

アグリガーデンオリジナルのスイーツや秋田みやげが並ぶ店内

食彩 町家館

住所
秋田県仙北市角館町横町42-1
交通
JR秋田新幹線角館駅から徒歩15分
料金
店舗により異なる
1 2 3 4 5

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください