>  >  >  >  > 

日帰りおでかけ!千葉「成田ゆめ牧場」で動物とのふれあい&多種多様の体験も 様々な動物とふれあえる成田ゆめ牧場

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日:2020年9月17日

この記事をシェアしよう!

日帰りおでかけ!千葉「成田ゆめ牧場」で動物とのふれあい&多種多様の体験も

新型コロナウイルスの影響で、休みの日に子どもたちをどこに連れて行けばよいだろうとお悩みの方も多いことでしょう。9月には4連休のシルバーウィークも控え、3密を避けながら家族で楽しめる場所は貴重です。

今回は悩めるお父さん・お母さんのために、千葉県成田市の北東部にある「成田ゆめ牧場」をご紹介。豊かな自然の中で動物とふれあえるばかりでなく、多彩な体験をすることができ、充実した1日が過ごせます。ぜひ計画の参考にしてみてください!

成田ゆめ牧場がある千葉県成田市エリア

成田ゆめ牧場がある千葉県成田市エリア
成田山新勝寺の総門

成田ゆめ牧場がある成田市は、日本と諸外国を結ぶ成田国際空港があるエリア。成田山新勝寺(しんしょうじ)の門前町として栄えた場所でもあり、新年の初詣では大勢の人が参拝します。

 

1年を通して数多くの人々で賑わう成田山新勝寺の参道

JRや京成線の成田駅から北東に向かって1キロほど伸びる参道には、飲食店や土産物店がずらりと並び、1年を通して多くの人々で賑わいます。

今回ご紹介する成田ゆめ牧場は、成田市街地の北東約10kmに位置します。歴史的な雰囲気が漂う新勝寺周辺とうってかわり、自然豊かでのどかな場所。

成田ゆめ牧場へのアクセス

成田ゆめ牧場へのアクセス
JR成田線の滑河駅で来場者を迎える無料の送迎バス

電車で行く場合の最寄り駅はJR成田線の滑河(なめがわ)駅で、東京駅からは総武線や常磐線等を利用し、成田駅などで成田線に乗り換えて約1時間30分で到着です。

滑河駅からは電車の発着に合わせて無料送迎バスが運行されており、時間的なロスがありません。

電車を降りて約10分後には、成田ゆめ牧場の入場口に到着というアクセスのよさがうれしいですね!

車であれば東京から約1時間。東関東自動車道の大栄JCTで圏央道に入り、最寄りの下総ICから約2分とアクセス抜群です。

今回の取材では朝早起きをして始発の送迎バスを利用。9時半には成田ゆめ牧場に到着です!

成田ゆめ牧場とは? ~搾乳の専業牧場を基礎として発展した観光牧場

成田ゆめ牧場とは? ~搾乳の専業牧場を基礎として発展した観光牧場
様々なイベントが行われたり、持参のレジャーシートを敷いて休憩したりすることもできる「エーカー広場」

成田ゆめ牧場はもともと、搾乳の専業牧場でした。1887年に「秋葉牧場」が創業され、その100年後、1987年に観光牧場としてオープンしたのです。

自然が溢れる牧場の園路

成田ゆめ牧場には数多くの動物が飼育され、多種多様な体験コーナーがあります。牧場の広さは約9万坪で、これは東京ドームの約7倍にあたります。

成田ゆめ牧場の新型コロナ対策

成田ゆめ牧場の新型コロナ対策
チケット売場のソーシャルディスタンスを確保するためのライン表示

現在は、新型コロナウイルス感染拡大防止の策が講じられており、チケット売場に並ぶ前にはスタッフによる検温がありました。

体温に問題がなければチケット売場に向かいますが、ここでもソーシャルディスタンスを確保するために、一定間隔を保ちながら並ぶ工夫が。

入口ゲートで手指消毒をしてから園内へ

チケットを購入したら、入口ゲート前で手指消毒をして園内へ。スタッフによるマスク着用の呼びかけがあったり、各所に消毒スプレーが置かれていたりするので安心ですね!

乳しぼり、牛舎、放牧場で牛と親しもう!

乳しぼり、牛舎、放牧場で牛と親しもう!
牛がのんびり暮らす放牧場

しっかり感染対策をしたら、いざ入場!

成田ゆめ牧場で最初に出迎えてくれる動物は「牛」。「うしさん広場」では沢山の牛がのんびりと暮らしています。

牛にふれあうことができる牛舎

牛舎では、柵越しに牛とふれあうことができます。ゆっくりと手を差し出すと、人懐っこい表情で顔をすりよせてくる牛さんも!頭をなでてみると気持ちよさそうな表情……。初対面でも心を通わせられたようで、子どものみならず、大人もうれしくなります!

牛の乳しぼり教室

うしさん広場周辺では 1日に2回乳しぼり体験を、また土日祝日にはえさあげを体験することができます。

牛の乳しぼり体験は11:30/14:30、牛のえさあげ体験は、10:30/13:00から。

土日祝日の牛の乳しぼり体験は、密回避のために開始時間の15分前から無料の整理券を配布しているので、事前にゲットしておきましょう。

牛のえさあげ体験

えさあげ体験は開始時間前後に放牧場へ行き、100円のえさを買えばOK。おなかをすかせた牛が待ち構えていますよ!

様々な動物とふれあえる「ふれんZOO広場」

様々な動物とふれあえる「ふれんZOO広場」
「ふれんZOO広場」の入口

「うしさん広場」から坂を下って進むと、たくさんの動物たちが暮らす「ふれんZOO広場」という広々とした場所が見えてきます。

ヤギやヒツジなどがのびのびと歩きまわる「ふれんZOO広場」へは、自由に入ることができます。近寄ってくるヤギやヒツジとふれあってみてください!

ヤギやヒツジなどが放し飼いされる「ふれんZOO広場」

人懐っこい表情で近寄ってくる動物たちは、まるで仲のよい友達のよう。ぐるっと一回りし、みんなと挨拶を交わしましょう!

「ふれんZOO広場」でのヤギやヒツジのえさあげ体験

10:00からは「ふれんZOO広場」でも100円でヤギやヒツジのえさあげ体験ができます。ここでのえさあげは柵越しですが、目の前で美味しそうに草をはむ姿がとってもかわいいのです。

「ふれんZOO広場」前でモルモットとふれあえるコーナー <画像提供:成田ゆめ牧場>

ヤギやヒツジの他にも、ウサギやモルモットなどの小動物も暮らしています。もちろん、彼らとふれあえるコーナーも設けられていますよ!
「大きな動物は怖い」というお子さんでも、モルモットとならお友達になれるかも……?!

バラエティー豊かな体験の数々

バラエティー豊かな体験の数々
子どもはポニー、大人は大きな馬に乗馬できる ポニー400円・乗馬600円(各税込) <画像提供:成田ゆめ牧場>

「ふれんZOO広場」周辺には、ポニーや馬に乗ることができるコーナーがあり、順番待ちをする子ども達の行列が絶えません。身長120センチ以上ならば馬に、身長95~119センチならばポニーの背中に乗ることができます。数分程度の乗馬体験ですが、貴重な思い出になることでしょう。

的に向かって弓を引くことができるアーチェリー場

成田ゆめ牧場では「アーチェリー」を体験することもできます。
的に向かって、思い切り弓を引いて的を射抜いてみましょう!慣れないうちはなかなか難しいかもしれませんが、スタッフにアドバイスをもらい、上手に矢を飛ばしてみてくださいね。

ファンシーサイクルにはいろんな自転車が <画像提供:成田ゆめ牧場>

こちらはお子さまに喜ばれる「ファンシーサイクル」というコーナー。

「ふれんZOO広場」のお隣にあります。ここには1人乗りや4人乗りなど、お子さま1人でも、兄弟でも、ご家族でも楽しめるユニークな自転車がたくさんあります。

利用料は15分500円。ご家族一緒に運転するもよし、楽しむお子さまの姿を写真やビデオに収めるもよし、ですね。

釣り堀

「ファンシーサイクル」付近の釣り堀は、30分800円で遊ぶことができます。

他にも趣向を凝らした設備が園内に設置されているので、各々の好みに合わせて楽しい時間を過ごしてください!

1 2

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください