トップ > 東北 > 南東北 > 福島 > 土湯温泉・高湯温泉 > 

福島【高湯温泉】開場400年を超える古湯!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2018年9月8日

この記事をシェアしよう!

福島【高湯温泉】開場400年を超える古湯!

慶長12(1607)年の開湯という歴史ある温泉で、山形の蔵王、白布と並ぶ奥州三高湯のひとつ。たっぷりと湧き出す白濁の硫黄泉は、薬効成分が高い湯として人気がある。

この記事の目次

高湯温泉

【福島駅から車で30分】
静寂に抱かれて至福の時間を堪能
標高約750m、吾妻山連峰の中腹に位置する名湯。山麓から湧く源泉は9か所。温泉はすべて源泉かけ流しで、白濁の硫黄泉は薬効成分抜群。古くから「一切の鳴り物を禁ず」と定められ、歓楽街とは一線を画す湯治場の雰囲気を守っている。

DATA
硫黄泉/43~51℃
神経痛、リウマチ、皮膚病、婦人病ほか

アクセス
JR福島駅西口から福島交通バス高湯温泉行きで40分、高湯下車
東北中央自動車道福島大笹生ICから15km

旅館 玉子湯

秘湯感たっぷりの野趣あふれる露天風呂
明治元(1868)年創業。当時からの面影を残す茅葺き屋根の湯小屋が名物で、秘湯ムードを醸し出している。敷地内には7種類の風呂があり、野天岩風呂は開放感たっぷりだ。

日帰り入浴情報
10:30~15:00(入場は~14:00) 
不定休 
800円、3歳~小学生500円

旅館 玉子湯

野天岩風呂の「天渓の湯」と「天翔の湯」は1日おきに男女入れ替え

旅館 玉子湯

清涼な空気に包まれる雪見風呂

旅館 玉子湯

女性専用露天風呂「瀬音」

旅館 玉子湯

湯小屋「玉子湯」は男女別

旅館 玉子湯

今も湯治場の雰囲気が残る湯小屋

旅館 玉子湯

敷地内には温泉庭園や温泉神社がある

旅館 玉子湯

住所
福島県福島市町庭坂高湯7
交通
JR福島駅から福島交通高湯温泉方面行きバスで40分、玉子湯下車すぐ
料金
1泊2食付=14190~21750円/外来入浴(10:30~15:00、受付は~14:00、不定休、要問合せ)=800円/

あったか湯

吾妻山に抱かれた源泉そばの湯
昔の湯治の湯屋をイメージした共同浴場で、高湯温泉のなかで最も源泉に近い場所に建つ。男女別の露天風呂と貸切風呂がある。

あったか湯

自然に囲まれ、開放感たっぷりの露天風呂

高湯温泉共同浴場あったか湯

住所
福島県福島市町庭坂高湯25
交通
JR福島駅から福島交通高湯温泉方面行きバスで40分、高湯温泉下車すぐ
料金
入浴料=大人250円、小人120円/貸切風呂(冬期閉鎖の場合あり、要問合せ)=1000円(50分)/(回数券12枚綴大人2500円、小人1200円、障がい者手帳持参で減免、等級により介護者も減免あり)

高湯温泉

住所
福島県福島市町庭坂高湯
交通
JR福島駅から福島交通高湯温泉方面行きバスで40分、高湯下車、徒歩5分
料金
情報なし

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください