>  >  >  >  > 

【越後湯沢・南魚沼】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年9月16日

この記事をシェアしよう!

【越後湯沢・南魚沼】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

三国街道塩沢宿 牧之通り

再現された豪雪地帯特有の街並み
日本海と江戸を結ぶ旧三国街道沿いにある塩沢地区はかつての宿場町。その風情を再現したのが牧之通り。雁木が連なる懐かしい街並みを歩いて、豪雪地帯の暮らしに思いを馳せたい。

三国街道塩沢宿 牧之通り

雪よけの雁木は豪雪地帯ならではの建築様式

三国街道塩沢宿 牧之通り

全長約350mの牧之通りの入り口には立て札が

三国街道塩沢宿 牧之通り

雪に覆われる冬に訪れるのもいいもの

湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」

「雪国」をいろいろな角度から紹介
「雪国」湯沢の暮らしと、川端康成の小説『雪国』の世界を紹介。1階は『雪国』の場面を描いた日本画など、『雪国』をテーマとした内容になっている。2〜3階では、民具・農具や古銭などを展示している。

湯沢町歴史民俗資料館「雪国館」

小説『雪国』の世界を感じることができる

四十八滝

大原太湖から豪快に流れ落ちる滝
大原太キャニオンの中にあり、大原太湖から流れ落ちる水がダイナミックな滝となっている。希望大橋のそばにある展望台からは、はるか下に流れ落ちる滝を望むことができる。

四十八滝

大原太湖堰堤補強工事のため周辺道路が通行できない日もある

雲洞庵

参道の石畳を歩くだけでご利益がある
宝永4(1707)年再建の本堂は優れた寺院建築として評価が高い。赤門から本堂へ続く参道の石畳の下には法華経が記された小石が埋められているといい、歩けばご利益があるという。

雲洞庵

昔は「開かずの門」といわれていた赤門

湯沢温泉

湯沢温泉にある5つの外湯をお得な湯めぐり券で楽しむ
湯沢町には川端康成が浸かったという「山の湯」や、豊富な湯量を誇る「岩の湯」など、町営の温泉施設がある。そんな5つの外湯に入るなら外湯めぐり券がおすすめ。5か所に入ると計2700円になるところが、1500円とお得な値段に。外湯めぐりの各温泉や湯沢町観光協会、雪国観光舎で購入できる。
025-784-1511(湯沢町総合管理公社)

湯沢温泉

『雪国』のヒロイン名にちなんだ駒子の湯

普光寺・毘沙門堂

開山から1200年以上の歴史がある寺
大同2(807)年、坂上田村麻呂が東国平定の際に建立したと伝わる古刹。豪壮な山門は日光東照宮の陽明門にならったもので総ケヤキ造り。3月3日の裸押合大祭でも知られている。

普光寺・毘沙門堂

山門天井には絵師谷文晁による双龍図板絵がある

直江兼続公伝世館

兼続の生家をモデルにした資料館
銭洲公園内にある、直江兼続と坂戸城に関する資料館。兼続の甲冑や徳川家康に送った「直江状」のレプリカのほか、坂戸城(山城)のジオラマなどを展示する。

直江兼続公伝世館

兼続の生家をイメージして古民家を改装した施設

1 2 3

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる新潟’19」です。掲載した内容は、2018年1月~3月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください