>  >  >  >  > 

【沖縄】古宇利大橋をわたって恋の島へ!古宇利島の楽しみ方やおすすめ観光&グルメスポット!

まっぷるマガジン編集部

更新日:2021年4月23日

この記事をシェアしよう!

【沖縄】古宇利大橋をわたって恋の島へ!古宇利島の楽しみ方やおすすめ観光&グルメスポット!

古宇利大橋を渡って行く “恋の島”、古宇利島を徹底ガイド。恋のパワースポットはもちろん、絶景カフェや島グルメが味わえる店など、古宇利島を満喫できる情報がいっぱい♪

古宇利島ってこんなところです

那覇空港から車で約2時間20分の距離にある古宇利島。美しいビーチはもちろん、沖縄版アダムとイブの伝説が残る“恋の島”としても有名。島内には縁結びや子宝安産祈願のスポットのほか、天然のビーチが点在している。

観光に必要な所要時間
【通常:2時間、さくっと:1時間】
観光しながら島内をドライブするなら1時間以内。ハート岩などの恋のパワースポットをめぐったり、島カフェを楽しむなら2時間はみておきたい。

古宇利島

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で28km
料金
情報なし

古宇利島が「恋の島」と呼ばれる由来となった2つのスポットをチェック!

古宇利島が恋の島といわれるゆえんの場所を訪ねてみよう。

【古宇利島の恋島伝説】沖縄版アダムとイブの伝説が残る「チグヌ浜」

沖縄版アダムとイブの伝説の2人が暮らしていたといわれる「始まりのホラ穴」がある。古宇利ふれあい広場から徒歩5分。

【古宇利島の恋島伝説】沖縄版アダムとイブの伝説が残る「チグヌ浜」

【古宇利島の恋島伝説】島の神様が祀られている「ウンナーヤー」

「人類発祥の島」の碑があり、島の神様が祀られている場所。チグヌ浜へ行く途中にあるので立ち寄ってみよう。

【古宇利島の恋島伝説】島の神様が祀られている「ウンナーヤー」

古宇利島に到着したらまずはここ「古宇利ふれあい広場」

島のおいしいがギュッと詰まった
古宇利島の玄関口に位置する。島内で採れた新鮮な食材や特産品がそろうショップ、海ぶどう丼などが食べられる飲食店がある。海水浴用にシャワーやトイレも整備されている。

古宇利島に到着したらまずはここ「古宇利ふれあい広場」

島で採れた野菜や果物などが並ぶ

古宇利ふれあい広場

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利323-1
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で21km
料金
うに丼定食(7・8月限定)=1500円/ソフトぜんざい=380円/古宇利島の手作りうどん=500円/古宇利島の手作り紅芋うどん=500円/紅芋チップス=180円(1袋)/海ぶどう=500円~/

古宇利島の有名な“ハート岩”はココにある!「ティーヌ浜」

恋のパワースポット
ハート形をした岩「ハート岩」があることから恋のパワースポットといわれる人気のビーチ。カップルはサンセットが美しい夕方の時間がおすすめ。

古宇利島の有名な“ハート岩”はココにある!「ティーヌ浜」

ハート岩
重ね合わせて見るとハート形に見える2つの岩

古宇利島の有名な“ハート岩”はココにある!「ティーヌ浜」

シャッターポイント
岩を正面にして少し左側から撮影すると、よりきれいなハート形をおさえられるよ。

ティーヌ浜

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で31km
料金
情報なし

古宇利島のお楽しみ観光スポット♪

絶景に感動したり、ビーチを散策したり、古宇利島での楽しみ方はいっぱい。おみやげも忘れずに。

【古宇利島の観光スポット】海抜82mからの絶景が楽しめる「古宇利オーシャンタワー」

海抜82mからの絶景が楽しめる
島の高台に位置する真っ白な三角錐の形をした展望タワー。海抜82mから古宇利島の絶景が一望できる。世界の貝を集めたシェルミュージアムや、海を望むレストラン、ショップなどを併設する。

【古宇利島の観光スポット】海抜82mからの絶景が楽しめる「古宇利オーシャンタワー」

展望台からは全長1960mの古宇利大橋が一望できる

【古宇利島の観光スポット】海抜82mからの絶景が楽しめる「古宇利オーシャンタワー」

真っ白な三角錐の形が目印

古宇利オーシャンタワー

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利538
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で24km
料金
入場料=大人800円、中・高校生600円、小学生300円、小学生未満無料/(障がい者手帳持参で半額)

【古宇利島の観光スポット】古宇利島土産ならここ!「古宇利オーシャンタワー」

【古宇利島の観光スポット】古宇利島土産ならここ!「古宇利オーシャンタワー」

パイン炭せっけん 388円
天然素材のパイン炭を使い、ほのかなパイナップルの香りがする

【古宇利島の観光スポット】古宇利島土産ならここ!「古宇利オーシャンタワー」

トライアルセット 1058円
南国果実エキスが入ったフェイス&ボディジェル、フェイシャルソープのセット

【古宇利島の観光スポット】古宇利島土産ならここ!「古宇利オーシャンタワー」

古宇利アイランドクッキー 615円
4種の味が楽しめる、かわいいハート形のクッキー

【古宇利島の観光スポット】自然そのままが残る天然のビーチ「トケイ浜」

自然そのままが残る天然のビーチ
大きな岩場に囲まれた美しい天然のビーチ。シュノーケリングの穴場でもある。ポットホールと呼ばれる丸い穴のあいた奇岩群を見ることができる。

【古宇利島の観光スポット】自然そのままが残る天然のビーチ「トケイ浜」

ポットホールを探しながら散歩しよう

【古宇利島の観光スポット】自然そのままが残る天然のビーチ「トケイ浜」

ピースの形をした貝を見つけると幸せになれるという

トケイ浜

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で28km
料金
情報なし

【古宇利島の観光スポット】古宇利大橋のたもとに広がる「古宇利ビーチ」

古宇利大橋のたもとに広がる
島の入口にあるビーチ。シャワー室やトイレもあり、海水浴を楽しむ人たちで賑わう。遠浅のビーチなので、子どもも安心して泳ぐことができる。

【古宇利島の観光スポット】古宇利大橋のたもとに広がる「古宇利ビーチ」

橋の上から見下ろすと海の透明度の高さがよくわかる

古宇利ビーチ

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で22km
料金
情報なし

【古宇利島の観光スポット】穴場の絶景スポット「アマジャフバル農村公園」

穴場の絶景スポット
琉球王国時代に往来する船を監視した遠見番所跡。天気の良い日には展望台「トゥーミヤー」から伊平屋島や伊是名島を眺めることができる。

アマジャフバル農村公園

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で26km
料金
情報なし

ゆっくりするなら 古宇利島のカフェ♥

島ならではの穏やかな時間が流れるなか、島カフェでのんびりするのはいかが?

【古宇利島のカフェ】ひんやりスイーツでひと息「カフェ&コテージオーシャンブリーズ」

ひんやりスイーツでひと息
テラス席からの眺めが気持ちいい絶景カフェ。今帰仁村の「おっぱ乳業」が製造する濃厚なミルクを使ったかき氷が好評。味はいちばん人気のマンゴーのほか、いちご、黒糖ぜんざいがある。

【古宇利島のカフェ】ひんやりスイーツでひと息「カフェ&コテージオーシャンブリーズ」

氷マンゴーおっぱスペシャル 950円
マンゴーを贅沢に使ったボリュームたっぷりのかき氷

【古宇利島のカフェ】ひんやりスイーツでひと息「カフェ&コテージオーシャンブリーズ」

タコスボール(6個入り) 600円
タコスミートとチーズを包んでいる

【古宇利島のカフェ】ひんやりスイーツでひと息「カフェ&コテージオーシャンブリーズ」

マリンスタイルを基調とした店内

【古宇利島のカフェ】海風を感じる絶景カフェ「t&cとうらく」

海風を感じる絶景カフェ
地元食材を使った家庭的な料理が味わえる。オープンエアのテラス席からは、古宇利大橋や本部半島、伊江島の城山を望むパノラマビューが圧巻。

【古宇利島のカフェ】海風を感じる絶景カフェ「t&cとうらく」

創作ランチ 1300円
メインは肉か魚から選べる

【古宇利島のカフェ】海風を感じる絶景カフェ「t&cとうらく」

海を眺めながら味わう料理は格別

t&cとうらく

住所
沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利1882-10
交通
沖縄自動車道許田ICから国道58号、県道110・247号を古宇利方面へ車で24km
料金
創作ランチ=1300円/タコライス=1100円/海鮮丼=1600円/沖縄ぜんざい=700円/

【古宇利島のカフェ】音楽好きの夫妻が営む「古宇利家」

音楽好きの夫妻が営む小さな島カフェ
ティーヌ浜近くにあるおしゃれなカフェ。店主自慢のタコライスは自家製のサルサソースをかけて食べる。県産のEM牛乳を使った紅いもスムージーは濃厚な味わい。夜は音楽を聴きながら酒も楽しめる。

【古宇利島のカフェ】音楽好きの夫妻が営む「古宇利家」

タコライス 800円
さっぱりとした風味の自家製サルサソースが美味

【古宇利島のカフェ】音楽好きの夫妻が営む「古宇利家」

紅いもスムージー 600円
フォトジェニックな見た目も◎

【古宇利島のカフェ】音楽好きの夫妻が営む「古宇利家」

ティーヌ浜に向かう道沿いにある

古宇利島周辺の記事を読む

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください