トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 

【東京】こだわりのドーナツ屋さん5選!話題の生ドーナツからヴィーガンドーナツまで、あれもこれも食べたい!  

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2024年6月18日

この記事をシェアしよう!

【東京】こだわりのドーナツ屋さん5選!話題の生ドーナツからヴィーガンドーナツまで、あれもこれも食べたい!  

みなさん、ドーナツはお好きですか?
悪魔のささやきとは思いながらも、ときどき無性に食べたくなるのが、おやつの定番「ドーナツ」。コーヒーやミルクと一緒にほおばると、なんとも幸せな気分になりますよね。

これまでも度々ドーナツブームがありましたが、今またドーナツブームの再来といわれています。
ふわふわもちもちの食感が話題の生ドーナツから、カラフルなグレーズが人気のドーナツ、油で揚げないヘルシーなドーナツや、ヴィーガンドーナツなど、東京にはこだわりのドーナツ屋さんが百花繚乱!

今回は、並んででも食べたい!東京のこだわりのドーナツ屋さんをご紹介します!

<東京>こだわりのドーナツ屋さん1. 行列必至!約80種類のドーナツが並ぶ「I'm donut?」(渋谷)

<東京>こだわりのドーナツ屋さん1. 行列必至!約80種類のドーナツが並ぶ「I'm donut?」(渋谷)
魅惑のドーナツが並ぶ「アイムドーナツ?渋谷店」。珍しいドーナツサンドもズラリ

最初にご紹介するドーナツ屋さんは、2022年5月に渋谷・青山通り沿いにオープンした「I’m donut?(アイムドーナツ?)渋谷店 」です。

福岡の人気ベーカリー「AMAM DACOTAN(アマムダコタン)」が手がけるドーナツ専門店で、2022年3月に中目黒店をオープンするや、最長3時間待ちの行列ができるほど大人気に。続けてオープンした渋谷店も、行列必至の人気店です。筆者が訪れた日も、オープン前に行列ができていました。

店の奥では次々とドーナツが揚げられている

「アイムドーナツ?」のドーナツはすべて店内で手づくり。1日に約2千個ものドーナツをつくっているのだそうです。

店頭には約80種類のドーナツがズラリと並び圧巻!スイーツ系ドーナツだけでなく、ランチによさそうなお惣菜系のドーナツも豊富で、どれもこれも美味しそう!

看板商品の「I’m donut?」1個238円。ふわふわなのにもっちり♡

「アイムドーナツ?」のいちばん人気は、看板商品の「I’m donut?」。外はふわふわ中はもっちり、とろけるような食感が話題で、「生ドーナツ」と呼ばれています。

ふわふわもちもちの秘密は、バターと卵をふんだん使用し低温発酵させたブリオッシュ生地を、高温でサッと揚げているから。生地に含まれる水分が多いため、しっとりとろけるような食感になるのだそうです。

これは一度食べるとやみつきになりますね!

バニラビーンズが香る自家製カスタードがたっぷり。「カスタード」443円

クリームドーナツも種類豊富です。筆者が訪れた日は、フランボワーズ、ピスタチオ、いちじく、あんこクリームなど7種類ものクリームドーナツが並んでいましたが、今回は渋谷店オリジナルの「カスタード」をいただきました!

タヒチ産の最高級バニラビーンズを使用した自家製カスタードは、上品な香りと甘さで、軽い口当たりのドーナツと絶妙のハーモニー!さっぱりとした甘さなので、何個でも食べられそうで、誘惑に打ち勝つのが至難の技です。

ドーナツサンドのいちばん人気「I’m burger?」465円

「アイムドーナツ?」で注目したいのが、お惣菜系のドーナツが豊富なこと。筆者が気になったのが、ドーナツサンドです。ドーナツのサンドイッチってどういうこと?と思っていたのですが、お惣菜系のドーナツは他のドーナツとは異なり、ベーカリーのアマムダコタンでバゲットなどに使用している生地を揚げているのだそう。甘いドーナツに具材をはさんでいるわけではないんですね。

お店でいちばん人気のドーナツサンド「I’m burger?」をいただきました。イタリアの腸詰肉「サルシッチャ」と紫キャベツのマリネ、トマトなどがあふれんばかりにサンドされ、ボリューム満点!

他にも、明太グラタンやアンチョビキャベツ温玉など、個性的なドーナツサンドがズラリ。お惣菜系のドーナツは全体の2割ほどもあるそうですよ。

新感覚のドーナツが並ぶ「アイムドーナツ?」。行列必至のお店ですが、並んででも食べる価値ありです!

■I’m donut?(アイム ドーナツ?)渋谷店
住所:渋谷区渋谷2-9-1
交通:地下鉄銀座線・千代田線・半蔵門線表参道駅B1出口から徒歩8分
電話:非公開
営業時間:11:00~20:00(売り切れ次第終了)
休業日:不定休
>>インスタグラムはコチラ

<東京>こだわりのドーナツ屋さん2. ケーキのような繊細な味わい!油で揚げない創作ドーナツ「hocus pocus」(永田町)

<東京>こだわりのドーナツ屋さん2. ケーキのような繊細な味わい!油で揚げない創作ドーナツ「hocus pocus」(永田町)
「ホーカスポーカス」のスチームドーナツ。油で揚げていないのでヘルシー

次にご紹介するドーナツ屋さんは、永田町駅からすぐのところにある「hocus pocus(ホーカスポーカス)」です。周辺は業界団体の本部などが集まる閑静なエリアで、本当にここにドーナツ屋さんが?と思って歩いていくと、緑に囲まれたドーナツ屋さんを発見!

ホーカスポーカスは、いままでにないドーナツをつくろうと、素材にこだわった実験的なドーナツを提供しているドーナツ専門店。ドーナツといえば、油で揚げるのが一般的ですが、蒸したり焼いたり、さまざまな製法でドーナツをつくっているそう。

ガラスケースにドーナツが並ぶ様子はまるでジュエリーショップのよう

店内のガラスケースには美しいドーナツが整然と並べられ、なんともおしゃれで落ち着いた雰囲気!

筆者が訪れた日に並んでいたのは、ヘルシーなスチームタイプとベイクドタイプのドーナツ。揚げるタイプのドーナツはごくたまにしか登場しないそうです。

ライチやグレープフルーツ、フェンネルなど、通常ドーナツには使わないような素材を使用しているものもあり、確かに実験的!今回は、スチームドーナツから人気の3種をいただきました。

生地に練り込まれたピスタチオの風味が贅沢。「ピスタチオ」490円

いちばん人気の「ピスタチオ」は、ピスタチオのパウダーとペースト、砕いたピスタチオをふんだんに練り込んだスチームドーナツで、ホワイトチョコがコーティングされています。

まるでケーキのようなしっとり食感は、スチームドーナツならでは。ピスタチオのやさしい風味がふわっと広がり、とっても贅沢な味わいです。ピスタチオ好きにはたまりません!

パチパチキャンディがトッピングされた「フランボワーズ」500円

キュートな見た目が人気の「フランボワーズ」は、チョコレートドーナツにフランボワーズを練り込んだホワイトチョコのコーティングと、パチパチキャンディをトッピングしたドーナツ。甘酸っぱさと一緒に、パチパチはじけるキャンディの軽快感も味わえます!

ベルギー産のチョコレートをたっぷり使用したドーナツ生地は、濃厚だけど甘さ控えめ。見た目はポップですが、甘すぎず大人な味わいで、楽しい驚きにあふれたドーナツです。

ベルギー産チョコレートでたっぷりコーティングした「アプリコット」480円

「アプリコット」は、生地にもコーティングにもベルギー産チョコレートを贅沢に使用したドーナツ。ドーナツの間には自家製のアプリコットジャムがはさまれていますよ。

ほろ苦いチョコレートとアプリコットジャムが絶妙なバランスで、とっても上品な味わい。ザッハトルテをイメージしてつくられたそうですが、確かにこれはドーナツの域を超えていますね!

場所柄もあり、店内は静かで落ち着いた雰囲気

素材の魅力や風味をいかしたドーナツづくりのため、試行錯誤を重ねる「ホーカスポーカス」。レギュラー商品のほか、旬の素材を使用した季節限定のドーナツもあり、行く度に新しい発見がありそうです。

高級感のある大人の味わいは、ちょっと気の利いた差し入れやプレゼントにもおすすめですよ!

■hocus pocus(ホーカスポーカス)
住所:千代田区平河町2-5-3
交通:地下鉄半蔵門線・有楽町線・南北線永田町駅4番出口から徒歩2分
電話: 03-6261-6816
営業時間:11:00~19:00(土・日曜、祝日は12:00~18:00)
休業日:無休
>>公式HPはコチラ

楽天市場&Amazonの売れ筋ドーナツをチェック!

<東京>こだわりのドーナツ屋さん3. フランス菓子の技法でつくるデザートドーナツ「ドーナツもり」(神楽坂)

<東京>こだわりのドーナツ屋さん3. フランス菓子の技法でつくるデザートドーナツ「ドーナツもり」(神楽坂)
こだわりの素材で丁寧につくられる「ドーナツもり」のドーナツ

次にご紹介するドーナツ屋さんは、神楽坂にある「ドーナツもり」。住宅街の坂道を上ると、白い壁に赤い屋根のカワイイ建物が見えてきます。

北海道産の小麦やノンチルドバター、国産のオーガニックシュガー、フランス産の岩塩など、厳選された食材を使い、フランス伝統菓子の技法でつくるこだわりドーナツが人気のお店です。

テイクアウトのドーナツは、個別のプラスチック容器に入れてくれるので持ち運びも安心

木の扉を開けると、ほっこりカワイイ店内にはアンティークのショーケースがあり、カラフルなグレーズのドーナツが並びます。冷蔵ケースにはクリームたっぷりのドーナツも。

ドーナツの生地は、湯種製法と低温発酵でなんと3日間もかけてつくられるのだとか!定番ドーナツのほか、月替わりで限定商品も登場するそうですよ。

はちみつの香りがやさしい「オリジナルグレーズ」410円

まずはお店いちばん人気のドーナツ「オリジナルグレーズ」をいただきました。真っ白いグレーズにはアーモンドプラリネがトッピングされています。

北海道産ノンチルドバターとイタリア産有機はちみつを使用したグレーズは、フレッシュなバターの味わいとやさしい甘さが絶品!

3日間かけてつくられるドーナツ生地は、小麦のうまみを感じるシンプルテイストで、しっかりふくらんで弾力もあるのに、ふわふわもちもちの食感です。

自家製フランボワーズジャムを使用した「フランボワーズグレーズ」410円

ひときわカワイイ「フランボワーズグレーズ」は、グレーズにフランス産木苺でつくる自家製ジャムを使用した人気のドーナツ。たっぷりと分厚くコーティングされたグレーズは、木苺の甘酸っぱい風味がさわやかで、いくつでも食べられそう!

バターと粒あんがリッチな「あんバター」518円

ドーナツにたっぷりの粒あんと、分厚くカットしたバターをサンドした「あんバター」も人気!

見た目はかなりのボリュームですが、北海道産のノンチルドバターは、重たくなくペロリと食べられてしまいます。老舗のあんこ屋さんがつくる粒あんも、甘さ控えめで上品な味わいです。

「あんバター」は冷たい状態で販売されているので、15分ほど室温に戻して、バターがやわらかくなってから食べるのがベストです。

「ドーナツもり」はオーナー夫妻が2人で切り盛りする小さなお店。お店を舞台にした映画『ドーナツもり』も公開されるそうですよ。

夕方には売り切れてしまうことも多いという人気店なので、できるだけ早めの時間に訪れるのがおすすめです。

■ドーナツもり
住所:新宿区赤城下町3-9
交通:地下鉄東西線神楽坂駅1b出口から徒歩3分
電話:非公開
営業時間:11:00〜18:00(売り切れ次第終了)
休業日:月・火曜、祝日(祝日の土・日曜は営業)
>>公式HPはコチラ

<東京>こだわりのドーナツ屋さん4. やさしい味わいにほっとする古民家ドーナツ店「haritts」(代々木上原)

<東京>こだわりのドーナツ屋さん4. やさしい味わいにほっとする古民家ドーナツ店「haritts」(代々木上原)
ハリッツのドーナツは、シンプルでほっこりやさしい味わい

次にご紹介するドーナツ屋さんは、代々木上原の「haritts(ハリッツ)」です。食べログが毎年選出する「スイーツ百名店」の常連店でもあるハリッツは、もともとは移動式カフェからスタートした、人気のドーナツ&コーヒーのお店。

素材にこだわり、一つひとつ丁寧につくられたドーナツが評判で、現在は、代々木上原、小伝馬町のほか、台湾にも2店舗を展開しています。

温もりのある「ハリッツ上原店」の店内。ドーナツのほかドリンクも購入できる

ハリッツ上原店は、古民家をリノベーションした風情あるお店。まるでおばあちゃんの家に遊びに来たような雰囲気で、店内のショーケースには、6~7種類の定番ドーナツのほか、日替わりドーナツやスコーンなども並んでいます。

小さなお店ですが、筆者が訪ねた日も、ひっきりなしにお客さんがやってきていました。今回は定番商品の中から、店長さんおすすめの3品をいただきます。

ハリッツでいちばん人気のドーナツ「プレーン」220円

定番のドーナツ「プレーン」は、小麦の風味を感じるシンプルでやさしい味わいのドーナツ。

生地が油っぽくならないよう素材の配合にこだわり、軽い食べ心地を実現しているのだそう。驚くほどやわらかで、ふんわりもっちりとした食感は、リピート必至の美味しさです!

チョコレート味のドーナツ「スイート65」330円

半分に割ると、ドーナツの中にはこってり濃厚なチョコレートが

「スイート65」も定番人気のドーナツ。ココアパウダーがかかっただけのシンプルな見た目ですが、実は中にはカカオ65%のチョコフィリングが入った、リッチなドーナツなんです。

少しかためのチョコフィリングは、きめ細かいドーナツ生地と相性抜群!たっぷり入っていますが甘さ控えめで、ほろ苦いチョコレートが少し大人の味わいです。

コロンとまあるい見た目のドーナツの中には……

ごまのフィリングがぎっしり!「ゴマハチ」270円

最後は、ちょっと変わったごまとはちみつのフィリング入りの「ゴマハチ」。黒ごま、白ごま、練りごまと、はちみつペーストでできたフィリングはとっても濃厚!粒ごと入ったごまのプチプチ食感と塩味も感じる甘じょっぱさは、なんだか台湾や中国のごま団子のよう。

黒ごまを使った和菓子とは異なる味わいですが、また食べたくなるドーナツです。

ハリッツ上原店では、オリジナルブレンドのコーヒーや、台湾茶などドリンクメニューもテイクアウトできるので、素朴なおいしさのドーナツを、ぜひドリンクと一緒に楽しんで!

■haritts(ハリッツ)上原店
住所:渋谷区上原1-34-2
交通:小田急線・地下鉄千代田線代々木上原駅南口2または東口から徒歩2分
電話:03-3466-0600
営業時間:10:00~16:00(土曜、祝日は11:30~16:00)※時短営業中
休業日:日曜
>>公式HPはコチラ

<東京>こだわりのドーナツ屋さん5. ヴィーガンとは思えない美味しさに感動!「Universal Bakes Nicome」(下北沢)

<東京>こだわりのドーナツ屋さん5. ヴィーガンとは思えない美味しさに感動!「Universal Bakes Nicome」(下北沢)
下北沢の商業施設「リロード」内に2021年12月にオープンした「ユニバーサルベイクス ニコメ」

最後にご紹介するドーナツ屋さんは、下北沢にある「Universal Bakes Nicome(ユニバーサルベイクス ニコメ)」。

世田谷代田にある、ヴィーガンベーカリー「UNIVERSAL BAKES and CAFE(ユニバーサルベイクス&カフェ)」の2号店で、小田急線の線路跡地を活用した商業施設「reload(リロード)」内にできたお店です。

ここで味わえるのは、ヘルシーなヴィーガンドーナツ。

ドーナツのほか、パンや焼菓子の販売も。もちろんすべてヴィーガン!

ヴィーガンとは、動物由来の食材を一切食べない、完全菜食主義のこと。

「ユニバーサルベイクス ニコメ」では、卵や牛乳、バターなどを使わず、ココナッツミルクや豆乳、植物性の油やナッツなどを使用することで、ヴィーガンを感じさせないコクと美味しさを実現しています。

全粒粉、オールドファッション、グルテンフリーなどのドーナツが並ぶ

「美味しい」を突き詰めて素材にこだわった結果、ヴィーガンにたどり着いたという「ユニバーサルベイクス ニコメ」。ヴィーガンと知らずに食べて、ファンになった常連さんもいるそうですよ。

小麦の美味しさを感じられるシンプルな「全粒粉ドーナツ小麦ブラン」380円

いちばん人気のドーナツは、北海道産はるきらりと福岡産シロガネコムギの全粒粉、国産の小麦ブランを使用した「全粒粉ドーナツ小麦ブラン」。

グレーズも粉砂糖もかかっていないシンプルなドーナツは、かぎりなく甘さ控えめで、小麦の自然な甘さと美味しさが際立ちます。ふわっとしているけれど弾力のある生地で食べ応えもあり、これは毎日食べても飽きないドーナツですね!

サクサク香ばしい「オールドファッション ソルティキャラメルアーモンド」420円

塩キャラメルとアーモンドがトッピングされた「オールドファッション ソルティキャラメルアーモンド」は、外はカリッとしているのに中は驚くほどしっとり。

筆者個人的には、今まで食べたどのオールドファッションよりも、サクサク食感が際立っている印象で、いっぺんにとりこになってしまいました。

コーティングされたキャラメルは、一見甘そうに見えますが、ドーナツ自体が甘さ控えめなので絶妙なバランスで美味!トッピングのアーモンドも香ばしくて、うっかり2個目に手がのびてしまいそうです。

大人な味わいの「グルテンフリーベイクドドーナツ チョコレート」400円

ヴィーガンだけでなく、グルテンフリーのドーナツも用意されていますよ。

「グルテンフリーベイクドドーナツ チョコレート」は、小麦の代わりに国産の米粉と、ヴィーガンチョコレートを使った、ヘルシーなベイクドドーナツ。油で揚げていないので軽い味わいで、焼いているのにとってもしっとりしているんです。ほろ苦いカカオにオレンジが香る、大人の味わいが美味しい!

ヴィーガンの食材はもちろん、ドーナツの種類に合わせて材料の小麦粉も使い分けている「ユニバーサル ベイクス ニコメ」。

ヴィーガンと聞いてから食べても、ちょっとそれとはわからない美味しさに脱帽です。甘さ控えめで体にやさしいヴィーガンドーナツを、ぜひ体験してみてくださいね。

■Universal Bakes Nicome(ユニバーサルベイクス ニコメ)
住所:世田谷区北沢3-19-20 reload 2F
交通:小田急線下北沢駅東口から徒歩6分
電話:非公開
営業時間:8:30~18:00、火曜は10:00~16:00(コーヒーとスイーツのみの販売)
休業日:月曜
>>インスタグラムはコチラ

ドーナツブーム真っ只中!東京のこだわりドーナッツ屋さんでお気に入りを見つけよう

ドーナツブームを牽引する話題の生ドーナツから、ランチにピッタリのドーナツサンド、ケーキのような繊細なドーナツ、ヘルシーなヴィーガンドーナツなど、ドーナツとひと口にいっても、お店によって種類もこだわりもさまざま!

あれもこれも食べてみたくなりますよね。

ドーナツは、比較的お手頃なスイーツなのも魅力のひとつ。おやつにも朝ごはんにもなるので、いろいろ買って、家族や仲間とシェアして食べてはいかがですか?

ちょっとした手みやげや差し入れにするのにも便利です。ぜひあれこれ試して、お気に入りを見つけてくださいね。

楽天市場&Amazonの売れ筋ドーナツをチェック!

東京の新着記事

どこよりも詳しい新宿駅「みどりの窓口の行き方」ガイド!複雑な駅構内を徹底解説

日本一のターミナル駅で、乗降客数は世界で最も多いといわれる新宿駅。 そんな新宿駅にある「みどりの窓口」は全部で2か所。ただし、複雑な駅構内で窓口を探し出すのは大変ですよね。 今回は、新宿駅のみ...

どこよりも詳しい「新宿駅から池袋駅」への行き方ガイド!電車やバス、徒歩など4通りのアクセス方法を徹底解説

新宿駅と池袋駅。どちらも東京を代表する繁華街にある駅ですよね。 実は新宿駅のある新宿区と、池袋駅のある豊島区は隣接した区。 地図を見ながら、新宿でお買い物や食事を楽しんだ後は池袋へ!という予定...

どこよりも詳しい「新宿駅からバスタ新宿までの行き方」ガイド!わかりやすい最短ルートを徹底解説

東京屈指のターミナル駅である新宿駅。すぐ近くには日本最大級のバスターミナル「バスタ新宿」があり、新宿は交通の要衝となっています。 いくつもの鉄道路線が乗り入れる新宿駅はまるで迷宮。 新宿駅から...

どこよりも詳しいアニメイト池袋本店への行き方ガイド!池袋駅からの最短ルートを徹底解説

アニメ・漫画の街として注目を集める池袋。 そんな池袋にある「アニメイト池袋本店」には、国内外からたくさんのアニメや漫画、ゲーム作品のファンが訪れています。 今回はアニメイト池袋本店までの最短ル...

どこよりも詳しい池袋駅東口への行き方ガイド!各路線ホームから東口に迷わず行ける!

多くの路線が乗り入れる池袋駅の中でも、東口はとくに多くの人で賑わうスポット。 観光の出発点や待ち合わせなどでよく使う場所ですが、駅構内が複雑なので何度訪れても迷ってしまいますよね。 この記事で...

どこよりも詳しい池袋駅西口への行き方ガイド!各路線ホームからの最短ルートを徹底解説

池袋駅は東京北部エリアの中でも特に大きな主要駅。合計4社、8つの路線が乗り入れている東京屈指のターミナル駅です。 そんな池袋駅の出口は東口と西口の2つ。 この記事では、池袋駅の各路線ホームから...

東京駅構内でおすすめのランチスポット!ジャンル別に使える店をご紹介

首都東京の玄関口であり毎日100万人以上の人が利用すると言われる、世界有数の規模を誇る東京駅。 東京駅構内でおすすめのランチスポットを、気になるジャンルに分けてご紹介します! 今回は200以上...

どこよりも詳しい「東京駅から羽田空港までの行き方」ガイド!おすすめルートや料金を徹底解説

東京駅を経由して羽田空港まで行きたいけれど、バス、タクシー、電車、どの交通機関を利用すればいいのか迷ってしまいますよね。 この記事では東京駅から羽田空港までの移動手段と、それぞれの特徴を詳しく解...

【下北沢駅周辺・ランチ】便利な駅近で食べられるおすすめの美味しいランチスポット4選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、下北沢駅周辺でランチが出来るお店をご紹介します。 ショップ併設のおしゃれカフェで...

東京駅のJR高速バスターミナルへの行き方は?八重洲南口を起点に詳しく解説!

この記事では、東京駅「八重洲南口」を起点に、JR高速バスターミナルと高速バスのきっぷ売り場への行き方を詳しくご紹介します! さらに、バスのりばの八重洲南口だけでなく、高速バスを降りる場所「日本橋...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 

この記事に関連するタグ