トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 

東京の美味しいどら焼き6選 気が利いた手みやげにもおすすめ!

まっぷるトラベルガイド編集部

更新日: 2023年12月20日

この記事をシェアしよう!

東京の美味しいどら焼き6選 気が利いた手みやげにもおすすめ!

今回は老舗の名店からちょっとおしゃれな新ブランドまで、東京の美味しいどら焼きをご紹介します。

子どもから大人までみんなに愛される定番の和菓子「どら焼き」。
どら焼きの名前の由来は、形が打楽器の銅鑼(どら)に似ているからという説や、熱した銅鑼を使って生地を焼いたからという説など、諸説あります。

歴史をたどると江戸時代の初期までさかのぼり、当時のどら焼きは1枚の皮にあんをのせて四角く包んだ、現在のきんつばに近いものだったそう。カステラのような厚みのある2枚の皮であんをはさむ現在のスタイルは、大正時代からといわれています。

一般にどら焼きといえば、きつね色の皮で粒あんをはさんだものが定番ですが、皮の模様が特徴的などら焼きや、白あんのどら焼き、最近は果物のコンフィチュールを組みあわせたどら焼きも登場しています。

東京でぜひ味わいたい、美味しいどら焼きをご紹介します。

東京の美味しいどら焼き1. しっとりした生地にとろりとしたあんが美味しい!「うさぎや」のどらやき(上野)

東京の美味しいどら焼き1. しっとりした生地にとろりとしたあんが美味しい!「うさぎや」のどらやき(上野)
これぞどら焼き!といった見た目の「うさぎや」の「どらやき」1個240円

最初にご紹介するどら焼きは、上野にある「うさぎや」の「どらやき」です。

東京のどら焼き御三家といわれるお店のひとつで、上野広小路から中央通りを末広町方面に進んですぐのところにあります。お店の名前の由来は、創業者が卯年生まれだったことから付けられたのだそう。

お店の創業は大正2(1913)年、どら焼きは2代目が昭和のはじめに販売を始め、うさぎやの名物に。いまではほとんどのお客さんがどらやきを購入するそうですよ。

「どらやき」は5個から無料で箱に入れてもらえる

うさぎやの「どらやき」は定番の粒あんのみ。大きさは直径10cmほどで、レンゲのはちみつを使ったきれいな焼き色がついた皮は、ホットケーキのようにふわふわ!食べると歯切れがよく、やわらかさと弾力のバランスが絶妙です。

北海道十勝産の小豆を丁寧に炊き上げた粒あんは、驚くほどとろりとしてなめらか。みずみずしく甘すぎず、しっとり弾力のある皮とベストマッチ!小豆の美味しさが口いっぱいに広がります。

しっとりした生地と、とろりとなめらかな粒あん

うさぎやでは毎日16時まで「どらやき」を焼いているので、16時までは予約なしでできたてを購入できます(16時以降になる場合は事前予約を)。「どらやき」の消費期限は翌日まで。生菓子のため通販や発送は行っていないので、店頭でのみ購入可能です。

お店の近くには「うさぎやCAFÉ」もあり、うさぎや自慢のあんを使ったデザートや、どらやきをフレンチトーストにした「うさどらフレンチ焼き」などが味わえるので、足を運んでみてはいかがですか?

■うさぎや
住所:東京都台東区上野1-10-10
交通:地下鉄銀座線上野広小路駅・都営大江戸線上野御徒町駅A1出口から徒歩3分、JR御徒町駅南口から徒歩5分
電話:03-3831-6195
営業時間:9:00~18:00
休業日:水曜、1月1~3日
どら焼きの予約取り置き:16時以降の購入は要電話予約、それ以外の時間は多量の場合のみ予約取り置き可
>>公式HPはコチラ

東京の美味しいどら焼き2. 黒糖がふんわり香る!皮の模様が特徴的などら焼き「黒松本舗 草月」の黒松(東十条)

東京の美味しいどら焼き2. 黒糖がふんわり香る!皮の模様が特徴的などら焼き「黒松本舗 草月」の黒松(東十条)
「草月」のどら焼き「黒松」1個162円

次にご紹介するどら焼きは、東十条にある老舗和菓子店「黒松本舗 草月」のどら焼き「黒松」です。

「草月」は昭和5(1930)年の創業で、東京のどら焼き御三家といわれるお店のひとつ。東十条駅の南口を出て左手の坂を下り始めると、すぐに「黒松」の看板が見えてきます。

平日でも長い行列ができるほどの人気で、筆者が訪れた日も坂沿いに多くのお客さんが並んでいました。

「黒松」の名前の由来にもなった皮の焼き目が美しい

「草月」のどら焼き「黒松」は、まだら模様の皮が特徴的。「黒松」という名前は、皮の模様が松の木の幹に似ていることに由来しているのだそうです。

食べてみると、皮からはほのかに黒糖の香りを感じます。黒糖とはちみつを使用してふんわり焼き上げた皮と、しっとりして甘すぎない粒あんが合わさって絶妙な美味しさ!
個性のある味わいながら、昔ながらのどら焼きの美味しさも感じられる贅沢な一品です。

十条名物の「黒松」。化粧箱入り6個1101円

「黒松」の日持ちの目安は、製造日から夏で2~3日、冬は3~5日とのこと。
包装は簡易箱と化粧箱が選べます。バラで購入する場合には紙袋に入れてもらえますが、やわらかくてつぶれやすいので、手みやげにするなら箱入りがおすすめ。

お取り寄せはできず、店頭での販売のみ。営業時間内でも夕方には売り切れてしまうことがあるので、早めの時間に行くのが安心です。

<写真>黒松本舗 草月

■黒松本舗 草月(くろまつほんぽ そうげつ)
住所:東京都北区東十条2-15-16
交通:JR東十条駅南口からすぐ
電話:03-3914-7530
営業時間:10:00~18:00
休業日:火曜(繫忙期は変動あり)
どら焼きの予約取り置き:可(数に限りがあるためできない場合もあり、年末年始などの繫忙期は不可)
>>公式HPはコチラ

東京の美味しいどら焼き3. 行列必至!ふんわりやわらかで黒あんと白あんが選べる「亀十」のどら焼き(浅草)

東京の美味しいどら焼き3. 行列必至!ふんわりやわらかで黒あんと白あんが選べる「亀十」のどら焼き(浅草)
「亀十」のどら焼き。黒あん、白あん各1個390円

次にご紹介するどら焼きは、浅草を代表する老舗和菓子店「亀十」のどら焼きです。

亀十は大正末期の創業。観光客でにぎわう雷門のすぐ近くにお店を構えています。東京のどら焼き御三家といわれるお店のひとつで、開店前から行列ができる人気店です。

極上の味わいで手みやげにも人気。5個以上で箱詰めが可能

「亀十」のどら焼きは黒あんと白あんがあり、どちらも粒あん。大きさは直径11cmほどとやや大きめです。皮にはしっかり焼き色がついて、なんとも美味しそう!

ふんわりやわらかな皮に、控えめな甘さのあんが絶妙

包みから取り出すと、驚くほどふわふわでやわらかく、どら焼きの重みをしっかり感じます。

まずは、黒あんのどら焼きをいただきました。北海道十勝産の小豆を丁寧に炊き上げた粒あんは、甘さ控えめで、ふんわり口溶けの良い皮とのバランスが抜群!
ちょっと大きめサイズですが、2個目にも手が伸びてしまいそう。リピート間違いなしの美味しさです。

白いんげん豆の風味が豊かな白あんのどら焼き

白あんのどら焼きには、白いんげん「手亡豆」でつくる上品な甘さのあんがたっぷり。なめらかで甘すぎず、白あん好きにはたまらない美味しさです。

職人が一つひとつ手づくりする「亀十」のどら焼きは、焼ける数に限りがあるため、午前中に売り切れてしまうことも。行列覚悟で早めの時間に訪れるのがおすすめです。

■亀十(かめじゅう)
住所:東京都台東区雷門2-18-11
交通:地下鉄銀座線・都営浅草線浅草駅2番出口からすぐ
電話:03-3841-2210
営業時間:10:00~19:00
休業日:不定休(月1回程度)
どら焼きの予約取り置き:日によって状況が異なるので問い合わせを

東京の美味しいどら焼き4. ふんわり軽い皮と粒を残したこだわりあんが美味!「玉英堂彦九郎」の虎家㐂(日本橋人形町)

東京の美味しいどら焼き4. ふんわり軽い皮と粒を残したこだわりあんが美味!「玉英堂彦九郎」の虎家㐂(日本橋人形町)
「玉英堂彦九郎」の「虎家㐂」1個280円

次にご紹介するどら焼きは、人形町の甘酒横丁にある「玉英堂彦九郎」の「虎家㐂」です。

「玉英堂彦九郎」は400年以上も前、天正4(1576)年に京都三条河原町で創業したといわれる老舗。東京の日本橋人形町に店を移したのは昭和29(1954)年。名物のどら焼き「虎家㐂」は、80年以上前に誕生したそうです。
「虎家㐂」という名前は、店主が3代続けて寅年生まれだったことから名付けられたのだとか。

高級感のある包装で手みやげにぴったり

「虎家㐂」は直径8cmほどのやや小ぶりなサイズで、皮についている薄紙をはがすときれいな虎模様が現れます。古くから縁起が良いといわれる虎がかけ紙にも描かれていて、手みやげに喜ばれそうですね。

皮についている薄紙をはがしていただく

なぜ薄紙がついているかというと、皮は直接鉄板で焼くのではなく、薄紙の上に生地を流して焼いているからだとか。ひと口食べると、皮のふんわりとした軽さに驚きます!

そして特徴的なのが、ふっくらと大きな粒を残した粒あんの味わいです。80余年前に「虎家㐂」が誕生したときからの製法を守り丁寧に炊き上げるあんは、全て手作業のためできあがるまでに4日もかかるのだそう。
小豆の粒を残しながらもとってもなめらかで、ふわふわの皮と相まって極上のどら焼きに!

大切な人への贈り物にもぴったりな玉英堂彦九郎の「虎家㐂」を、ぜひ味わってみてくださいね。

■玉英堂彦九郎(ぎょくえいどうひこくろう)
住所:東京都中央区日本橋人形町2-3-2
交通:地下鉄日比谷線・都営浅草線人形町駅A1出口からすぐ、半蔵門線水天宮前駅7番出口から徒歩2分
電話:03-3666-2625
営業時間:9:00〜20:00、土曜は9:00~19:00、日曜・祝日は9:30~17:00
休業日:不定休
どら焼きの予約取り置き:可
>>公式HPはコチラ

東京の美味しいどら焼き5. 粒あんにコンフィチュールを合わせた「和菓子 薫風」のどら焼き(千駄木)

東京の美味しいどら焼き5. 粒あんにコンフィチュールを合わせた「和菓子 薫風」のどら焼き(千駄木)
粒あんにコンフィチュールを合わせた「和菓子 薫風」のどら焼き

次にご紹介するどら焼きは、千駄木にある「和菓子 薫風」のどら焼きです。
「和菓子 薫風」は、和菓子と日本酒のマリアージュをテーマに、つくりたての和菓子を日本酒と組み合わせて提供してくれるお店。

粒あんに旬の果物のコンフィチュールを合わせ、日本酒との組み合わせも楽しめるどら焼きが、テイクアウトでも購入できます。

左からレモン、紅玉りんご、文旦のどら焼き。各1個324円

「和菓子 薫風」のどら焼きは、通年販売の3種類と季節限定の2種類。今回は通年買うことができる「レモン」「文旦」「紅玉りんご」を購入してみました。

上品な味わいの粒あんに国産レモンのコンフィチュールを合わせたどら焼き「レモン」

どら焼きの大きさは直径8cmほどとやや小ぶりですが、粒あんと一緒にコンフィチュールをはさんでいるので、結構厚みがあります。ふわふわの皮は、能登のこだわり卵を使用し、店主が1枚1枚手焼きしているそう。

定番のどら焼き「レモン」は、しっとり弾力のある歯切れの良い皮に、北海道産大納言小豆の粒あんと、瀬戸内岩城島産レモンのコンフィチュールを合わせたもの。
食べてみると、レモンの苦みが粒あんの甘さとよく馴染み、驚きの美味しさです!

フルーツ感いっぱいの「紅玉りんご」のどら焼き

「紅玉りんご」のどら焼きは、りんごの持つ華やかな香りと味わいが、粒あんの小豆をより風味豊かに引き立てています。

粒あんの上品な甘さと柑橘の爽やかさがマッチしたどら焼き「文旦」

「文旦」のどら焼きは、やさしい柑橘の風味がほどよいアクセントになって、とっても爽やか!粒あんと柑橘の組み合わせが、くせになる美味しさです。

粒あんとコンフィチュールの組み合わせは、果物の種類によって味わいが異なりどれも新鮮な美味しさ。伝統的な和菓子に新しい風が吹き込まれ、これまでにない味わいを体験できます。

お店では、どら焼きと日本酒とのマリアージュもできるので、イートインで楽しむのもおすすめです。テイクアウトの際には、どら焼きに合うお酒を教えてもらうのもいいですね。

■和菓子 薫風(わがし くんぷう)
住所:東京都文京区千駄木2-24-5
交通:地下鉄千代田線千駄木駅1番出口から徒歩2分
電話:03-3824-3131
営業時間:13:30~20:00、土・日曜は13:30~19:00
休業日:月・火曜、土・日曜は不定休
どら焼きの予約取り置き:可
>>公式HPはコチラ

東京の美味しいどら焼き6. 老舗和菓子店が手がける新ブランド 「ぎんざ空也 空いろ」のどら焼き たいよう(品川)

東京の美味しいどら焼き6. 老舗和菓子店が手がける新ブランド 「ぎんざ空也 空いろ」のどら焼き たいよう(品川)
「ぎんざ空也 空いろ」のどら焼き「たいよう」各1個141円

最後にご紹介するどら焼きは、「ぎんざ空也 空いろ」の「たいよう」です。

「ぎんざ空也 空いろ」は、銀座の老舗和菓子店「空也」の5代目が手がける和菓子のブランド。「空也」の精神を受け継ぎながらも、若い人や海外の人にもっと和菓子を身近に感じてもらえるようにとの思いで、生み出されたブランドなのだとか。

たとえば、「空いろ」のあんは、粒子の大きな鬼ざらめを使うことで、すっきりした甘さに仕上げているのだそう。空也から継承したシンプルで上質であるということを守りながら、「空いろ」独自のあんを開発しているんですね。

つぶあんが入ったどら焼き「あずきのつぶあん」

どら焼き「たいよう」は、「あずきのつぶあん」「あずきの〇あん」「白いんげんの〇あん」の3種類が販売されています。
「つぶあん」は適度に豆の粒を残したあんこ、「○あん」とは豆をまるごとすりつぶしてなめらかにしたあんこのこと。大きさは6.5cmほどで、少しだけ甘いものが食べたいときにぴったりなサイズです。

まずは「あずきのつぶあん」をいただきました。
ほどよく粒の残った甘すぎないつぶあんからは、しっかり小豆の風味を感じられます。小麦粉のほかに米粉を使用しているという皮は、少しもっちりとした食感で、小ぶりながら大満足の味わい。

なめらかにすりつぶしたあんをはさんだ「あずきの〇あん」

「あずきの〇あん」には、なめらかな口当たりの「○あん」がはさまれています。豆の皮まですりつぶして、あんに練り込んでいるため、一般的なこしあんより小豆の風味を感じられるのが特徴。

なめらかにすりつぶした白あんが入った「白いんげんの〇あん」

「白いんげんの〇あん」は、豆の粒をなめらかにすりつぶした白あんがはさまれて、上品な甘さが美味。白いんげんの風味やなめらかさが、もちっとした皮とよく合います。

どら焼き「たいよう」は店頭では1個ずつ購入できるので、全種類を試してみるのもおすすめです。贈答用に箱詰めもしてもらえますよ。

「空いろ」のエキュート品川店は、品川駅のエキナカにあり、遠方へのお出かけの際の手みやげとして利用しやすいのもうれしいですね。

■ぎんざ空也 空いろ(ぎんざくうや そらいろ)エキュート品川店
住所:東京都港区高輪3-26-27 エキュート品川内
交通:JR品川駅構内(改札内のため利用には入場券が必要です)
電話:03-3443-7440
営業時間:8:00~22:00、日曜・祝日は8:00~20:30
休業日:無休
どら焼きの予約取り置き:可
>>公式HPはコチラ

お店によって見た目や味わいが異なる!東京のどら焼きを食べ比べてみて!

東京で味わえる美味しいどら焼きをご紹介しました。

筆者は正直なところ、今回食べ比べてみるまで、どら焼きにここまで差があるとは思っていなかったのですが、皮のふわふわ感やもっちり感、あんのなめらかさや粒の残り具合など、それぞれのお店のこだわりと美味しさに驚かされました!

どら焼き御三家のどら焼きから、コンフィチュール入りの新しいどら焼きまで、東京のどら焼きは個性豊かで美味しい!ぜひ食べ比べして、お気に入りを見つけてくださいね。

今回ご紹介したお店はどこも人気店で、商品が売り切れてしまう場合もあるので、早めの時間に出かけるか、予約やお取り置きができるお店は、事前に連絡してから訪れるのがおすすめです。

東京の新着記事

【渋谷・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット8選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の渋谷でランチが出来るお店をご紹介します。 ランチの食べ放題は、3種類のカレ...

【浅草・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット8選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の浅草でランチが出来るお店をご紹介します。 とろろ懐石料理が味わえる「浅草む...

【恵比寿・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット8選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の恵比寿でランチが出来るお店をご紹介します。 上品な和風ラーメンが味わえる「...

【築地・平日ランチ】仕事や買い物の合間におすすめの美味しいランチスポット8選

仕事や買い物の途中でお腹が減ったら、美味しいランチを食べて午後も充実した時間を送りたいですよね。 そこで今回は、平日の築地でランチが出来るお店をご紹介します。 自家製粉の手打ちを貫く本格派そば...

【東京・ボリュームラーメン】おいしいものはカロリーが高い!心と胃袋を満たすボリュームラーメンをご紹介

毎日でも食べたい大好きなラーメン。いろいろ考えて日々我慢していませんか? この記事では、日々頑張っている自分へのご褒美にぴったり! 高カロリー、大ボリュームで最高の満足感を味わえる「とにかくおいしい...

東京・アンテナショップ併設レストランでご当地グルメ~鮮度よし!価格よし!アンテナショップはいいこと尽くめ

地域の魅力がギュッと詰まったアンテナショップ。ご当地に行かずとも、その地域だけのグルメを味わえたり、お土産が買えたり、ちょっとした旅気分に浸れるのが魅力。 この記事では東京都内のアンテナショップ...

【東京・高級ラーメン】ラーメンが庶民の味だと思ってませんか?スープの原料から麺の小麦、トッピング、製法、器までこだわりぬいた贅沢ラーメンをご紹介します

ラーメンブームとなって数十年。かつては手頃な価格で楽しめる軽食でしたが、ブームにともなって各店が味の追求と独自性でしのぎを削り、最近では一杯数千円の高級店も増え、よりいっそう注目を集めているラーメン界...

【新宿・飲み屋】ここに行けば間違いなし!新宿で安くお酒を楽しむのにぴったりの飲み屋6選をご紹介

今回は人気のバーや老舗の居酒屋など、新宿で安くお酒が楽しめる飲み屋をご紹介します。 自分で釣って食べられる居酒屋の「釣船茶屋 ざうお 新宿店」、ベリーダンスのショーが楽しめる「クリシュナ」、シン...

【恵比寿・飲み屋】ここに行けば間違いなし!恵比寿でお酒を楽しむのにぴったりの飲み屋7選をご紹介

今回は人気のバーやイタリア料理など、恵比寿でお酒が楽しめる飲み屋をご紹介します。 壁一面に並んだカップ酒に驚きの「立喰酒場buri」、立ち飲み感覚のお手軽イタリアン「Bar de Boo」、そば...

【有楽町・飲み屋】ここに行けば間違いなし!有楽町でお酒を楽しむのにぴったりの飲み屋7選をご紹介

今回は人気の居酒屋やバルなど、有楽町でお酒が楽しめる飲み屋をご紹介します。 幻の宮崎県産黒毛和牛、尾崎牛が味わえる「尾崎牛 肉バル ウイッフィ」、古き良き昭和の世界へタイムスリップできる「まんぷ...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

トップ >  関東・甲信越 > 首都圏 > 東京 > 

この記事に関連するタグ