>  > 

その他のエリアと、エリアのおすすめ観光スポット

広い北海道には、人気の3エリアの他にも魅力的なエリアが沢山。各エリアの特徴とおすすめ観光スポットを一気に紹介します!

小樽エリア

小樽エリア

ノスタルジックな港町

明治中期から昭和初期にかけ北の商都として繁栄した街。栄華を刻んだ建物や小樽運河が見どころ。朝ドラ『マッサン』の舞台・余市、ウニで有名な積丹もこのエリア。

人気のワケ
★札幌とセットで観光しやすい
★レトロな名所がいっぱい
★ガラス製品などのおみやげも充実

小樽エリアのおすすめ観光スポット

古くから貿易や漁業で栄えた街。小樽駅から小樽運河周辺には明治から大正時代に造られた銀行や社屋が今でも残り、レトロでノスタルジックな街並みになっています。

石造りの倉庫が並ぶ小樽運河をクルーズしたり、老舗ガラス店でおみやげ探しをしたりと、街歩きの観光ができるのが小樽の魅力でもあります。

小樽運河

小樽運河

ノスタルジックな風景の散策路を歩く

大正末期に完成し、北海道の玄関口として多くの物資が運ばれた小樽運河は、いまや北海道を代表する観光スポット。運河沿いに建つ倉庫は木骨石造りの構造を持つ小樽独特のもので、現在はレストランなどに利用されている。

小樽運河
小樽運河
小樽運河

小樽洋菓子舗ルタオ

小樽洋菓子舗ルタオ

甘い香りが漂う行列必至のお菓子の宮殿

メルヘン交差点に誕生した洋菓子店。人気は白い生チョコ。中でも小樽ナイアガラワイン入りタイプが好評。北海道特産の素材を使った限定品はどれも人気

小樽洋菓子舗ルタオ
小樽洋菓子舗ルタオ
小樽洋菓子舗ルタオ

北一硝子三号館

北一硝子三号館

製品が豊富。北一硝子最大の店舗

小樽=ガラスの街というイメージを定着させた店。フロアごとにテーマ別の多彩なガラス製品が揃う。北海道の自然をモチーフにした食器や動物の置物が人気。

北一硝子三号館
北一硝子三号館
北一硝子三号館

ニトリ小樽芸術村

ニトリ小樽芸術村

複数の歴史的建造物からなる芸術空間

建物は大正・昭和時代に建てられた倉庫や事務所、銀行を再利用している。ステンドグラス美術館は19~20世紀初めにイギリスの教会で実際に展示されていた貴重なもの。そのステンドグラスを人の目線の高さで、間近に見ることができる。

ニトリ小樽芸術村
ニトリ小樽芸術村
ニトリ小樽芸術村

ニセコ 洞爺・登別エリア

ニセコ 洞爺・登別エリア

羊蹄山の麓に広がる高原リゾート地

ニセコは、羊蹄山のふもとに広がる自然豊かな高原リゾート。湖と火山観光で有名な洞爺、全国的にも有名な登別温泉と併せて観光したい。

人気のワケ
★自然を生かしたアウトドア体験がいっぱい
★寒暖差がはぐくんだ野菜がおいしい!
★泉質自慢の登別温泉が有名

ニセコ 洞爺・登別エリアのおすすめ観光スポット

アウトドアスポーツのメッカ・ニセコではラフティングなどの体験が人気です。

湖畔一周ドライブやカヌーでの湖上散策を楽しめる洞爺湖は温泉地もあるリゾート地です。

全国屈指の名湯・登別温泉は多彩な泉質を有する全国的に見ても珍しい温泉地です。最大の源泉である地獄谷には一周約20分の遊歩道があり、湯壺や噴気孔を見学することができます。

ニセコ高橋牧場 ミルク工房

ニセコ高橋牧場 ミルク工房

ソフトクリームやスイーツはここで

牛乳本来の味を生かしたソフトクリーム・アイスクリームが人気。なかにはカボチャアイスクリームなど季節限定の商品も。牛乳そのものの味わいを堪能しよう。

ニセコ高橋牧場 ミルク工房
ニセコ高橋牧場 ミルク工房
ニセコ高橋牧場 ミルク工房

NACニセコアドベンチャーセンター

NACニセコアドベンチャーセンター

尻別川の激流下りにチャレンジ

ガイドと一緒に8人乗りのボートで激流に挑戦するラフティングが楽しめる。他にも1人または2人乗りのダッキー、山を駆け巡るMTBなどがあり、1年を通して遊ぶことができる。

NACニセコアドベンチャーセンター
NACニセコアドベンチャーセンター
NACニセコアドベンチャーセンター

有珠山ロープウェイ

有珠山ロープウェイ

昭和新山と洞爺湖を望む

山頂駅右手の展望台からは洞爺湖や昭和新山の大パノラマが眼下に広がる。山頂駅から徒歩7分のところには火口原展望台があり、大噴火口が間近に見られる。

有珠山ロープウェイ

地獄谷

地獄谷

大地のエネルギーを体感できる爆裂火口跡

登別温泉の北東、長径約450mの爆裂火口跡。一周約20分ほどの遊歩道があり、昭和地獄、鉛地獄、龍巻地獄など、15の地獄の名が付けられた湯壺や噴気孔が点在する。

地獄谷
地獄谷
地獄谷

十勝 帯広エリア

十勝 帯広エリア
写真:123RF

大農業大国で、2019年朝ドラロケ地!

広大な耕地と緑野を持つ十勝は、日本屈指の穀物地帯。日本唯一のばんえい競馬、十勝の畑を舞台にした体験ツアーが人気を集めている。

人気のワケ
★北海道らしい風景が楽しめる体験が楽しい
★北海道ガーデン街道が観光ルート
★食の宝庫・十勝ならではのグルメが充実

十勝 帯広エリアのおすすめ観光スポット

広大な耕地を持つ十勝地方は全国屈指の穀物生産地帯。小麦や砂糖、小豆に乳製品と、豊富な食材を生かした銘菓も豊富です。

十勝千年の森に代表される彩り豊かなガーデンをめぐるのも良し、牧場での搾乳体験やばんえい十勝で世界唯一のばんえい競馬を観戦するのも良し、ここだけの体験を楽しみましょう。

十勝千年の森

十勝千年の森

夢の乗り物に乗って十勝の広大な自然を満喫しよう

十勝の大自然を楽しむ施設。森の動植物を解説してくれる「森のガイドツアー」や、セグウェイに乗って巡る「セグウェイガイドツアー」なども行われており、じかに自然と触れ合うことができる。

十勝千年の森
十勝千年の森
十勝千年の森

ばんえい十勝(帯広競馬場)

ばんえい十勝(帯広競馬場)

世界に一つだけのばんえい競馬が楽しめる

明治時代に北海道で生まれ、農業とともに発展してきたばんえい競馬。かつては道内各地で開催されていたが、現在見られるのはここ帯広競馬場のみ。競馬場内にはばん馬やポニーなどとふれあえる「ふれあい動物園」やキッズルーム、授乳室も完備され、家族連れでも楽しめるスポットだ。

ばんえい十勝(帯広競馬場)
ばんえい十勝(帯広競馬場)
ばんえい十勝(帯広競馬場)

十勝牧場

十勝牧場

十勝を代表する白樺並木の風景に出会える

音更町郊外にある、道産馬・羊・牛などの家畜が飼育されている広大な牧場。入口から延長約1.3kmも続く一直線の白樺並木は、まさに感動的な風景だ。牧場内の展望台からの風景も美しい。

釧路 阿寒・摩周エリア

釧路 阿寒・摩周エリア
釧路湿原

日本最大の湿原と3つの湖

釧路市北部にはタンチョウなど貴重な動植物が生息する釧路湿原が広がる。阿寒、摩周、屈斜路は火山と湖沼が織り成す景勝地として名高い。

人気のワケ
★釧路湿原には貴重な動植物が集まる
★三大カルデラ湖めぐりが定番
★阿寒ではアイヌ民族の伝統文化に触れられる

釧路 阿寒・摩周エリアのおすすめ観光スポット

阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖の三大カルデラ湖と日本最大の湿地・釧路湿原がある道内最大の景勝地です。
阿寒湖のアイヌコタンでアイヌ文化を肌で感じたり、釧路市丹生鶴自然公園でタンチョウを自然に近い状態で観察することもできます。

泉質自慢の温泉郷が点在しているので、露天風呂なら阿寒湖温泉、泉質重視なら川湯温泉など、好みの温泉地に泊まりましょう。

釧路湿原

釧路湿原

国内最大の大湿原

まるでアフリカのサバンナのような風景が続く湿原。ここを含む周辺一帯が6千年ほど前までは海底だったというから驚く。高所から展望するには細岡展望台(大観望)がいい。

釧路湿原
釧路湿原
釧路湿原

阿寒湖

阿寒湖

特別天然記念物マリモが眠る湖

周囲26km、緑深い原生林に囲まれた美しいカルデラ湖。温泉街には、湖を巡る遊覧船やみやげものを販売するアイヌコタン、アイヌ民族の古式舞踊を上演するシアターなどがある。

阿寒湖
阿寒湖
阿寒湖

摩周湖第一展望台

摩周湖第一展望台

霧のベールに包まれる神秘の湖

世界でも有数の透明度を誇る摩周湖を望む展望台。深い青色の湖面にはカムイシュ島が浮かび、その向こうには摩周岳や斜里岳が広がる。霧の日が多く、湖全体が見られないことも。

摩周湖第一展望台
摩周湖第一展望台
摩周湖第一展望台

くしろ湿原ノロッコ号(1~4号)

くしろ湿原ノロッコ号(1~4号)

釧路湿原の中心部をゆっくりと走る

釧路湿原をゆっくりと走るノロッコ号。列車は大きく蛇行する釧路川に沿って進み、広い窓からは雄大な湿原はもちろん、シカやキツネなどの野生動物と出会うことも。

くしろ湿原ノロッコ号(1~4号)
くしろ湿原ノロッコ号(1~4号)
くしろ湿原ノロッコ号(1~4号)

細岡展望台

細岡展望台

湿原にある展望台で一番の眺望といわれる

釧路湿原を見渡す代表的な展望台。蛇行する釧路川と広がる緑一面の湿原、さらにその彼方に阿寒連山を眺めることができる。

知床 網走エリア

知床 網走エリア
写真:123RF

原生の姿が残る世界自然遺産の半島

オホーツク海に突き出す知床半島はヒグマやエゾシカなどの野生動物が暮らす原始境。海に面する網走は流氷が訪れる街としても有名だ。

人気のワケ
★知床は世界自然遺産の地として有名
★港町ならではの海の幸が満喫できる
★冬は流氷観光の名所として知られる

知床・網走エリアのおすすめ観光スポット

知床半島は手つかずの自然が残る世界自然遺産登録地。網走はオホーツク海に面しており、2~3月に流氷が押し寄せます。

知床五湖の遊歩道&高架木道を歩いて景色を楽しんだり、羅臼沖でホエールウォッチングをしたりと、大自然を体感できるスポットが満載です!

知床五湖

知床五湖

原生林の中に佇む5つの湖

羅臼岳と硫黄山の麓にある、5つの不定形の湖。各湖に固有の名称はなく、便宜的に一湖、二湖と呼ばれている。流れ込む川も出る川もない、実に神秘的な湖だ。

知床五湖
知床五湖
知床五湖

知床ネイチャークルーズ

知床ネイチャークルーズ

壮大な流氷&動物ウォッチング

数多くのテレビ取材を受け、芸能人も訪れる人気のクルーズ。夏にはマッコウクジラを間近で見られるクジラ・イルカウォッチング、冬は流氷&バードウォッチングなど、知床の自然を体感できる。

知床ネイチャークルーズ
知床ネイチャークルーズ
知床ネイチャークルーズ

稚内 利尻・礼文エリア

稚内 利尻・礼文エリア
日本最北端の地の碑

日本最北端と絶景の離島へ

日本最北の街として知られる稚内。フェリーで渡る利尻島・礼文島はどちらも高山植物が咲き誇る花の島。特産のウニ目当てに訪れる観光客も数多い。

人気のワケ
★利尻島や礼文島で獲れるウニは絶品!
★礼文島は高山植物が咲き誇る花の浮き島
★稚内は最北端の街として観光名所が充実

稚内 利尻・礼文エリアのおすすめ観光スポット

日本最北の地・稚内。最北端の地である宗谷岬や、「利尻富士」のある利尻島、「花の浮島」礼文島の2つの離島を目指す観光客でにぎわいます。

日本最北の地・宗谷岬や宗谷丘陵、姫沼、桃岩展望台のトレッキングコースなど、美しい景色を堪能できるスポットが人気です。

宗谷岬

宗谷岬

異国の地を望む本土最北の地

北緯45度31分、本土の最北端に位置する岬。突端には日本最北端の地の碑が建ち、すぐ近くには世界地図に名を残す間宮林蔵の立像やモニュメントが多数ある。ライトアップされた夜は幻想的な雰囲気に。

宗谷岬
宗谷岬
宗谷岬

姫沼

姫沼

利尻富士の裾にたたずむ神秘的な水辺

原生林の中に静かに水をたたえる周囲1kmほどの湖。ここから見る利尻山は、山腹に大きく谷が切れ込み、秀麗な富士の姿とは違った山容を見せる。沼を一周する遊歩道(所要20分)もある。

姫沼

桃岩展望台コース

桃岩展望台コース

利尻山を見ながら尾根を歩く

礼文島の南側を歩く人気のトレッキングコース。特に桃岩展望台から元地灯台までの道は高山植物の宝庫で、礼文島に咲くほとんどの高山植物が見られるという。

桃岩展望台コース
桃岩展望台コース
桃岩展望台コース
1 2

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

エリア

 >  > 

この記事に関連するタグ

この記事の出典元は「まっぷる北海道'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください