トップ > 関西 > 北近畿 > 天橋立・丹後半島 > 舞鶴 > 

八島丹山 舞鶴本店

絶品ホルモンうどんが名物
創業昭和30年の老舗焼肉店。新鮮な焼肉、ホルモンを堪能した後、特注品の鍋に溜まったお肉のエキスを利用して作るシメの名物「ホルモンうどん」は絶品。多くの芸能人が訪れるほど全国的に知られるご当地ソウルフード。

八島丹山 舞鶴本店

ホルモンのうまみたっぷりホルモンうどん。単品でも注文可能

八島丹山 舞鶴本店

住所
京都府舞鶴市浜467-2
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から徒歩7分

Bayside Place M’s deli

舞鶴湾を望むレストラン
目の前に広がる舞鶴湾を眺めながら食事が楽しめる。地元で獲れた季節の魚を使ったパスタや真っ黒なハヤシライスが名物。その他、ピザやカレーもおすすめ。

Bayside Place M’s deli

住所
京都府舞鶴市千歳897-1
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅からタクシーで25分
料金
海自カレー「ひうち」チキンキーマカレー=1380円/ソーセージと黒ハヤシのオムライス=1080円/厚切りベーコンのカルボナーラ=950円/ふるるファームお菓子工房のケーキ=432円/オリジナルブレンドコーヒー=400円/

加寿美

家庭とはひと味違う、板前が作る肉じゃが
各種定食や一品料理が楽しめる和食料理店。蕎麦のメニューが充実し、舞鶴名物の肉じゃがも味わえる。6〜8月には岩ガキ丼(2500円)、冬はカキ丼(時価)が登場する。

加寿美

日本料理の板前さんが作る絶品肉じゃが

加寿美

住所
京都府舞鶴市円満寺139
交通
JR舞鶴線西舞鶴駅から徒歩3分
料金
肉じゃが=500円/岩ガキ丼(6~8月)=1900円/カキ丼(12~翌3月)=1380円/

Dessert Cafe KEKE

旬のフルーツを使ったパフェが人気
旬のフルーツを使ったパフェが名物のカフェ。春は自家栽培のいちごを使ったいちごパフェ、夏は半分に切ったメロンにアイスクリームやフルーツが盛られたメロンパフェなど、シーズンごとに楽しめる。

Dessert Cafe KEKE

食べごたえのあるメロンパフェは1500円~

Dessert Cafe KEKE

住所
京都府舞鶴市上東33-7
交通
JR舞鶴線西舞鶴駅から京都交通大江行きバスで12分、ふじつ温泉前下車、徒歩3分
料金
メロンパフェ(6~8月)=1300円~/いちごパフェ(4月中旬~6月初旬)=860円/くりとさつまいものパフェ(10月下旬~12月上旬)=870円/洋なしのパフェ(10月)=860円/

双鶴庵

舞鶴や丹後を題材にした和菓子
舞鶴にちなんだ名の和菓子がそろう。上品な甘さの「鶴の里」は、三角の羊羹を羽二重餅で巻いた人気銘菓。

双鶴庵

切り口を丹頂鶴に見立てた「鶴の里」

双鶴庵

住所
京都府舞鶴市北田辺127
交通
JR舞鶴線西舞鶴駅から徒歩10分
料金
鶴の里=1420円(1本入)/凡海郷=2210円(10個入)/

ラセール

肉じゃがを包んだ人気の惣菜パン
東舞鶴商店街のパン屋。舞鶴が発祥とされる肉じゃが入りの肉じゃがパンが人気。自家製の甘辛い肉じゃががふわっと焼き上げたパン生地によく合う。観光客にも地元の人にも好評。

ラセール

お土産にもぴったりの肉じゃがパン

ラセール

住所
京都府舞鶴市浜601
交通
JR舞鶴線東舞鶴駅から徒歩8分
料金
肉じゃがパン=194円/

嶋七かまぼこ

舞鶴の定番みやげのひとつ
大正9(1920)年創業の老舗。近海でとれた新鮮な魚を、伝統の製法でかまぼこに。プリプリとした歯ごたえと豊かな魚の風味が好評。

嶋七かまぼこ

天然塩を使い魚のうまさをひきだしたかまぼこは、酒の肴にもぴったり

嶋七かまぼこ

住所
京都府舞鶴市北田辺118-21
交通
JR舞鶴線西舞鶴駅から京都交通東舞鶴行きバスで7分、大森町下車、徒歩5分
料金
かまぼこ=510円~/天ぷら(さつまあげ)=260円~/
1 2 3
筆者
jigen

まっぷるの奈良、山陰地方を担当。担当エリア以外にもオモシロネタを発信します!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください