トップ >  関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 箱根・湯河原 > 箱根 > 元箱根・関所跡 > 

芦ノ湖の見どころ・グルメの定番スポットをチェック!

まっぷるマガジン編集部

更新日: 2024年2月18日

この記事をシェアしよう!

芦ノ湖の見どころ・グルメの定番スポットをチェック!

人気の観光地・芦ノ湖には、見どころがいっぱい!芦ノ湖と富士山を目の前に望む「恩賜箱根公園/湖畔展望館」や、箱根の自然について学べる「箱根ビジターセンター」、水族館やロープウェーなどが楽しめる「箱根園」、「箱根駅伝ミュージアム」など。
また、芦ノ湖でグルメを楽しむなら、海賊船を見ながら食事ができる「桃源台ビューレストラン」、芦ノ湖の朝獲れ魚介が味わえる食事処、湖畔のホテルラウンジなど、気になるグルメスポットも。
人力車やレンタサイクルなども利用して、芦ノ湖を満喫しよう!

箱根駅伝ミュージアム

伝統の駅伝の歴史を紹介する
新春恒例のイベントである箱根駅伝。往路のゴール、復路のスタート地点に隣接していて、第1回大会からの貴重な資料で駅伝の魅力を紹介している。オフィシャルグッズも販売。

箱根駅伝ミュージアム

コーヒー300円などが楽しめるカフェも併設

箱根駅伝ミュージアム

時期によって展示内容が変わる

箱根駅伝ミュージアム

住所
神奈川県足柄下郡箱根町箱根167
交通
箱根登山電車箱根湯本駅から箱根登山バス箱根町港方面行きで35分、箱根町港下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~16:00(閉館16:30)、土・日曜、祝日は9:30~16:30(閉館17:00)
休業日
無休
料金
入館料=大人550円、小人350円/(15名以上の団体は大人450円、小人250円、障がい者手帳持参で入館料100円引)

箱根じんりき

人力車に乗ってレトロ旅
箱根関所前を出発して10分〜1時間の多彩なコースが用意されている人力車。車夫が名所ごとに聞かせてくれる解説もおもしろい。コースのアレンジにも応じてくれる。

箱根じんりき

車夫と相談しながら好みのコースを選ぼう

箱根じんりき

住所
神奈川県足柄下郡箱根町箱根
交通
箱根登山電車箱根湯本駅から箱根登山バスまたは伊豆箱根バス元箱根・箱根町方面行きで40分、箱根関所跡下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~17:00(受付終了、日没時刻により早まる場合あり)
休業日
雨天時(臨時休あり)
料金
乗車料(10分)=2000円(1人)、3000円(2人)/

恩賜箱根公園/湖畔展望館

風光明媚な箱根離宮の跡
1886(明治19)年、皇族の避暑と外国からの賓客をもてなすために造られた箱根離宮跡。芦ノ湖界隈の中心にあり、芦ノ湖と富士山を目の前に望むことができる。園内では四季折々の花が咲く。

恩賜箱根公園/湖畔展望館

離宮時代の資料を展示する展望館

恩賜箱根公園/湖畔展望館

見晴らしのよさは芦ノ湖湖畔屈指だ

恩賜箱根公園/湖畔展望館

住所
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根171
交通
JR東海道新幹線小田原駅から箱根登山バス元箱根・箱根町方面行きで1時間、恩賜公園前下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
入園自由(展望館は9:00~16:30<閉館>)
休業日
無休(展望館は12月29日~翌1月3日休)
料金
情報なし

箱根ビジターセンター

箱根散策の前にぜひ立ち寄りたい
箱根の自然について学べるスポット。地形の成り立ちや火山の歴史、箱根で見られる動植物などを展示・解説する。見晴らしのいいラウンジは、ひと休みするのにもちょうどいい。

箱根ビジターセンター

箱根の楽しみ方を教えてくれるコーナーも旅の参考にしたい

箱根ビジターセンター

大きなガラス張りで見晴らしのいい芦ノ湖ラウンジ

箱根ビジターセンター

住所
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根164
交通
箱根登山電車箱根湯本駅から箱根登山バス湖尻・桃源台行きで33分、白百合台下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉館17:00)
休業日
無休、6月は第2水・木曜(12月28日~翌1月1日休)
料金
無料

恩賜箱根公園駐車場

レンタサイクルで芦ノ湖めぐり
芦ノ湖付近にある自転車貸し出し場。駐車場出口にある管理詰所で借りられる。電動付き自転車で、アップダウンも楽にサイクリングが楽しめる。

箱根園

水族館やロープウェーが人気
芦ノ湖の中ほどにある広大なレジャー施設。箱根唯一の水族館やロープウェー、グルメや体験コーナー、日帰り温泉など多彩な楽しみが揃う。

箱根園

駒ヶ岳山頂へ向かう箱根 駒ヶ岳ロープウェー

箱根園

住所
神奈川県足柄下郡箱根町元箱根139
交通
箱根登山鉄道箱根湯本駅から伊豆箱根バス箱根園行きで1時間5分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
施設により異なる
休業日
無休
料金
施設により異なる

箱根やすらぎの森

自然を満喫して工作体験を
箱根町の西端にある広大な森で、散策コースや芝生広場、芦ノ湖を目の前に望む展望台などがある。のんびりと過ごすのにぴったりの場所だ。敷地内にある森のふれあい館では、木の実クラフト体験など工作体験もできる。

箱根やすらぎの森

周囲の森をガイドと一緒に歩くガイドウォークも(要問い合わせ)

箱根やすらぎの森

住所
神奈川県足柄下郡箱根町箱根381-4
交通
箱根登山電車箱根湯本駅から箱根登山バス箱根町港行きで40分、箱根町港で伊豆箱根バス三島駅行きまたは熱海行きに乗り換えて3分、箱根やすらぎの森下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
9:00~16:30(閉場17:00、時期により異なる)
休業日
無休
料金
入園料=無料/入館料(森のふれあい館)=大人650円、小学生400円/木の実クラフト作り=150円~/
1 2

伊豆・箱根の新着記事

【伊東駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット7選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊東駅周辺(徒歩20分圏...

【伊豆急行伊豆高原駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット9選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行伊豆高原駅周辺(...

【伊豆急行伊豆急下田駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット10選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行伊豆急下田駅周辺...

【来宮駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット5選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、来宮駅周辺(徒歩20分圏...

【伊豆急行河津駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行河津駅周辺(徒歩...

【伊豆急行伊豆熱川駅】ゴールデンウィーク暇すぎる人、絶対ここ行って!すぐ行けるおでかけスポット3選

ゴールデンウィークの予定を「まだ決めていない」という方へ、耳寄りな情報をお届けする今回の特集記事。 大型連休だからといって遠出をする必要はありません。本日は編集部厳選の、伊豆急行伊豆熱川駅周辺(...

【大人編】神奈川の遊ぶところ2024 とっておきスポット9選!

横浜みなとみらい、江の島に湘南、箱根や鎌倉など数多くの有名観光スポットが揃う神奈川。 そんな神奈川には大人向けのスポットがたくさんあり、どこへ行こうか迷ってしまうほど。 そこで今回は神奈川の大...

【無料のWEBマガジン】月刊まっぷる4月号:特集は「今こそ北陸へ!」「春の開運旅」「GWにおすすめの道の駅」、連載企画「聖地巡礼」「アンテナショップでご当地グルメ!」「月イチご褒美ラーメン」「日本の吊り橋」「ご当地名物食べ比べ」「いぎなり東北産の推しみやげ」「12星座占い」

2023年3月の創刊からお陰様で『月刊まっぷる』は1周年を迎えました! そして2024年4月号にて大幅リニューアルします!! ‟今”行きたい旅とおでかけ情報をお届け!というコンセプトはそのままに、...

【大人編】熱海の遊ぶところ2024 温泉だけじゃない!とっておきのおすすめスポット10選!

大人気の観光地で全国的にも有名な温泉地、熱海。体を癒すスポットが多いイメージの熱海ですが、温泉だけでなくアクティビティや美術館、絶景スポットや写真映えするスポットまで、1日では遊びきれないほど魅力的な...

静岡県の桜の名所・お花見スポットおすすめ20選-2024年はどこの桜を見に行く?

いよいよお花見シーズンの到来です。今年は全国的に平年並みか平年より早い開花となりそう。 今年は早いところで3月25日頃からお花見を楽しめそうです。この季節だけの特別な景色を楽しむために、事前に見ごろ...
もっと見る

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。