>  >  >  >  >  >  【金沢】和カフェの楽しみ方♪甘味処のおすすめ!

【金沢】和カフェの楽しみ方♪甘味処のおすすめ!

【金沢】和カフェの楽しみ方♪甘味処のおすすめ!

金沢の旅でホッと一息つくなら、和の街らしい甘味処がおすすめ。昔ながらの甘味から和スイーツなど、お店の特徴や魅力がいっぱいの甘い一口で幸せな時間をどうぞ。

金沢・和カフェが魅力的なワケ

1. 茶の湯文化が育てた和菓子の技古くから茶の湯が盛んで、茶席の菓子を競ったことで各店レベルが高い。

2. 素敵な器が楽しめる金箔や金沢漆器などの伝統工芸による和の器のお店や作家も数多い。

3. 城下町ならではの雰囲気風情ある町家が残り、雰囲気を活かした店づくりがされている。

茶房工房たろう 鬼川店

とっておきのカフェ時間は庭園を眺めながら
和のしつらえが美しい店内で、庭園を眺めながら上品な甘味を味わえる。和菓子の購入もでき、毎月新作を発表するなど、さまざまなアイデアで逸品を生み出している。

【和POINT】美しい日本庭園
隣接する武家屋敷跡野村家の庭園が喫茶コーナーまで続く造りに。

茶房工房たろう 鬼川店

窓から見る庭は四季折々の景観が魅力

抹茶ぜんざい 896円
能登大納言小豆のほどよい甘みとすっきりした後味の抹茶が好相性

茶菓工房たろう 鬼川店

住所
石川県金沢市長町1丁目3-32
交通
JR金沢駅から北陸鉄道香林坊方面行きバスで6分、香林坊下車、徒歩8分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉店17:30)
休業日
無休(1月1日休)
料金
はなことたろう=950円/抹茶上生セット=734円/白玉あずき=842円/ 平均予算(昼):800円

菓舗 Kazu Nakashima

お酒とも合うオトナの和菓子を
兼六園横にある老舗和菓子屋「中島」の4代目が作る、季節感あふれる和菓子をイートインできる店。お客の声をきっかけに、地酒や洋酒と味わう和菓子も提案している。

【和POINT】4代続く老舗和菓子店
「中島」は1881(明治14)年創業。4代目の上生菓子が季節を感じさせる。

菓舗 Kazu Nakashima

住所
石川県金沢市東山1丁目7-6
交通
JR金沢駅から北陸鉄道橋場町経由東部車庫行きバスで10分、橋場町下車、徒歩3分

はくいちカフェ アトリオ店

金箔の老舗「箔一」がプロデュース
金箔の老舗が直営するカフェで、金箔をあしらったこだわりの器にも注目。スイーツやコーヒー、地酒にも金箔がトッピングされるほか、店内には金箔の工芸やコスメも豊富にそろう。

【和POINT】伝統が詰まった器
スイーツは400年続く伝統工芸・金沢箔をアレンジした器で提供。

はくいちカフェ アトリオ店

30席ある広い店内でのんびり過ごそう

あんみつ 780円
抹茶アイスに季節のフルーツなど盛りだくさん

はくいちカフェ アトリオ店

住所
石川県金沢市香林坊1丁目1-1 香林坊アトリオ B1階
交通
JR金沢駅から北陸鉄道香林坊方面行きバスで6分、香林坊下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:30(閉店19:00)
休業日
不定休、香林坊アトリオの休みに準じる
料金
あんみつ=780円/金箔コーヒー=400円/金箔のかがやきソフト=891円/ぜんざい=750円/ 平均予算(昼):700円

落雁諸江屋 西茶屋菓寮 味和以

創業160年の老舗落雁店による甘味処
落雁の老舗「諸江屋」の店内にある甘味処。能登大納言小豆などの希少な素材を贅沢に使った甘味がそろう。6〜9月はかき氷、10〜5月はぜんざいやしるこが人気。

【和POINT】にし茶屋街の景観
にし茶屋街の入口にある店舗は、金沢都市美文化賞を受賞している。

能登大納言ぜんざい 800円
卓上の七輪で餅を焼いてトッピングする

落雁諸江屋 西茶屋菓寮 味和以

住所
石川県金沢市野町2丁目26-1
交通
JR金沢駅から北陸鉄道広小路方面行きバスで15分、広小路下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
10:00~18:00(L.O.)、冬期は~17:00(閉店)
休業日
火曜(12月24日~翌1月3日休)
料金
白ごましるこ=800円/能登小豆ぜんざい(10~翌5月)=800円/宇治金時かき氷(6~9月)=800円/冷やし寒天=600円/季節の生菓子(抹茶付)=800円/ 平均予算(昼):800円

和甘味 つぼみ

手間ひまかけた国産本わらびのわらび餅
国産の本わらびや本くずなどを厳選し、手間と時間をかけた素材で作る甘味を提供。添加物を一切使っていないので、素材本来の食感と味を楽しむことができる。

【和POINT】料亭譲りのもてなし
老舗料亭が営み、店内は景色や川音を楽しめるよう工夫されている。

本わらびもち 910円(加賀棒茶付き)
厳選した本わらびだから食感はぷりぷり

つぼみ

住所
石川県金沢市柿木畠3-1
交通
JR金沢駅から北陸鉄道香林坊方面行きバスで6分、香林坊下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:30(閉店19:00)
休業日
水曜(12月26日~翌1月1日休、臨時休あり)
料金
本葛きり(加賀棒茶付)=750円/本蕨もち(加賀棒茶付)=910円/五郎島金時ぜんざい(加賀棒茶付、秋~冬期)=750円/かき氷(加賀棒茶付、春~夏期)=750円~/ 平均予算(昼):1000円, 平均予算(夜):1000円

甘味処 漆の実

本格漆器で味わう上品な和スイーツ
やさしい甘さの自家製ぜんざいや茶席に用いられる「吉はし」の上生菓子などといった自慢の甘味を上質な漆の器でいただける。漆塗りのテーブルやチェアにも注目。

【和POINT】老舗漆器店の器
1780(安永9)年創業の老舗漆器店「能作」が営み、器もこだわる。

抹茶クリームぜんざい 780円
能登大納言のあんこと抹茶の苦味のバランスが絶妙

甘味処 漆の実

住所
石川県金沢市広坂1丁目1-60 能作ビル 4階
交通
JR金沢駅から北陸鉄道香林坊方面行きバスで6分、香林坊下車、徒歩3分
営業期間
通年
営業時間
11:00~18:15(閉店18:30)、土・日曜、祝日は10:00~
休業日
水曜、8月は最終水曜(12月30日~翌1月2日休)
料金
抹茶クリームぜんざい=780円/葛きり=780円/小倉トースト=620円/上生菓子と抹茶またはコーヒーのセット=750円/抹茶フロート=680円/ 平均予算(昼):800円
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる金沢 能登・加賀温泉郷19」です。掲載した内容は、2017年11月~2018年1月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
×