>  >  >  >  > 

【秋芳洞】日本最大級!地下に広がる鍾乳洞!見学ポイント!

まっぷるマガジン

更新日:2018年10月13日

この記事をシェアしよう!

【秋芳洞】日本最大級!地下に広がる鍾乳洞!見学ポイント!

秋吉台の地下にある、暗闇に包まれた鍾乳洞秋芳洞。石灰分を含む一滴一滴の雫により形成された多彩な形の鍾乳石は、まるで暗い洞内を彩る、美しい調度品のよう。

秋芳洞 お得なチケット

秋吉台・秋芳洞の観光サイトでは、秋芳洞・秋吉台自然動物公園サファリランドがセットになった入場割引券を発行中。通常大人3600円を3100円で楽しめる。詳しくはhttp://www.karusuto.com/にアクセス。

秋芳洞 お得なチケット

What's 鍾乳洞?

暖かい海でサンゴ礁などの遺骸が積もったものが石灰岩の塊となる。地殻変動で地上へと盛り上がった石灰岩に注ぐ雨水や地下水で溶食され、空洞ができる。そこに鍾乳石などが形成された洞窟を鍾乳洞と呼ぶ。

What's 鍾乳洞?

足元はとても滑りやすいのでスニーカーがおすすめ

王道コース【所要約1時間(往復)】

見学のポイント

用意しておくと便利なアイテム…スニーカー、懐中電灯、ハンドタオル
洞内は暗いので足元に気を付けよう!

1.入口〜身代観音

岩の裂け目に架かる橋を渡って洞内へ。洞窟の湿度は一年中、驚きの99〜100%。入って最初に現れるのが身代観音像。

1.入口〜身代観音

夏場は洞内と外の気温差で周囲はミストが漂う

1.入口〜身代観音

身代観音像。冒険前にごあいさつ

1.入口〜身代観音

轟々と音を立てて洞窟内を流れる水

2.長淵

岩肌に残る浸食の痕跡
長さ70m、幅6m、深さ1mの巨大な淵でオレンジ色に見える部分は、50年以上前の水位の跡。かつては小舟で鍾乳洞見学を行っていた。

2.長淵

昭和26(1951)年に現在の通路が造られた

3.百枚皿

自然が生み出す造形美秋芳洞のハイライト
洞内一の見どころで、水に溶けた石灰成分が蓄積した石灰華段丘。皿は大小合わせて500枚を超え、世界でも稀にみるスケール。

3.百枚皿

直径が4mに達するものもある
ライトに照らされたお皿の水がキラキラ輝いて、とっても神秘的

4.広庭・洞内富士

洞内最大の空間にそびえる巨大石筍
ドーム型になった広々とした空間。周囲には高さ約5mの洞内富士や南瓜岩などの石筍があり、これらは天井からのしずくが堆積し形成された。

4.広庭・洞内富士

6〜7月頃にはコウモリの飛ぶ姿を見られる

4.広庭・洞内富士

数万年という歳月をかけ盛り上がった洞内富士

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出典元は「まっぷる山口・萩・下関 門司港・津和野」です。掲載した内容は、2017年8月~10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください