トップ >  関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 伊豆高原 > 

【連載エッセイ・第17回】猫と田舎で暮らしてみた~6匹と僕たちの里山生活~

高橋のら

更新日: 2021年2月11日

この記事をシェアしよう!

【連載エッセイ・第17回】猫と田舎で暮らしてみた~6匹と僕たちの里山生活~

東京生まれ、東京育ち。9年前に奥さんと、大分・国東半島へ移住。

そこで出会った猫たちと、こんどは、自然豊かな伊豆の田舎へ。

ゆっくりと流れる時間のなかで、森や草むらで自由に駆け回る猫たちと、一緒に暮らす日々のあれこれをお伝えしていきます。(毎週火曜日・金曜日に公開)

>>第1回から読む

この記事の目次

冬の金色、春の金色

冬の金色はストーブで焼いたサツマイモの色。春の金色はキンカンで作ったマーマレードの色。そして毎日の金色は罪のない猫たちの寝顔。
昼間の陽射しが少しずつ春めいてきた、とお昼を食べながら思った。まだまだ寒いというか、これからひと月が一年で一番冷える季節なのだけれど、空や空気はちゃんと季節の移ろいを教えてくれるんだろうな。

冬の金色、春の金色

ひでじくん、それはきみの食べるものじゃないよ

節分は読んで字のごとく季節を分ける日。だから節分を過ぎれば暦の上で冬はおしまい。真冬の陽射しと何が違うのかといえば透明度だと思う。昔、銭湯で風呂上がりに飲むリンゴジュースは透き通ったきれいな飴色をしていた。僕は今じゃ普通になった濾過していない白濁したジュースより、あの澄んだ金色のリンゴジュースが好きだ。
冬の陽は懐かしいリンゴジュースの色。どこかの喫茶店で電灯に使われていた飴色ガラスの色。あの深い飴色がだんだんと色を薄めて明るくなり、眠たげにまどろんでくるのが春の気配。
僕はいつもコーヒーばかり飲んで、緑茶とか紅茶とか烏龍茶とか、いわゆるお茶と呼ばれるものがあまり好きでない。その中で唯一口に合うのがジャスミン茶で、たぶんあの苦みの少なさがいいんだろうと思う。jasmineという名前の響きも、茉莉花と書く漢字も、そして白くて小さな花も美しい。春の陽はジャスミン茶の色に似ている。きらきらと柔らかに眠気を誘うエーテルの色が、枝いっぱいに実をつけたキンカンの実を甘く変えていく。

春の金色。甘く熟れたキンカンを鳥たちと分け合おう

毎年1月終わり頃からキンカンの実が色づき始める。メジロやヒヨドリがやって来るようになったらもうそろそろ食べ頃の報せ。なんの世話をしなくても毎年これだけの実がつく。
欲張ってひとつ残らず収穫して食べきれないほどのジャムを作り、結局は冷蔵庫の肥やしにしてしまうくらいなら、我が家で必要な分だけ採ったらあとは鳥たちに食べてもらおう。
食べ物の少ないこの時期なのだから、いつも庭へ遊びに来てくれる鳥たちに恩返し、と僕は思う。彼らによく熟れた柑橘の実を提供する代わりに、心の栄養とか万能の鎮静剤みたいなものを貰うのは、僕と猫たちとの間にある持ちつ持たれつ感に似ている。

レジ袋一杯の収穫。これで3分の2くらいかな? あとは鳥たちに残してあげる

自然の中で暮らすとか、自然と共存するとか、そんなに大袈裟な看板を掲げないでも、自然は僕たちのすぐ傍に当たり前の顔をして座っていたりする。もちろんこんな田舎の山の麓に暮らしていれば自然は否応なく生活そのものに入り込んでくる。
僕は自然に軒を貸し、自然がそこでひと休みするのを眺めて満足する。自然は時に強引でわがままだけれど、人間と違って自然には理不尽さが微塵もない。自然が僕たちの暮らしを脅かすのは悪意があるからではなく、僕たちが自然を顧みずに身勝手な生活をそこに構築しようとするからじゃないのかな?

春という自然。鳥や猫という自然。僕たちは自然と暮らす

季節という自然も、動物や鳥や虫たちという自然も、いつも感心するほど律義で、時に呆れるほど無欲だと僕は思う。野生ではない我が家の猫たちにもそれは共通している。彼らの無欲さや彼らの律義さは、僕の中の欲深さや諦めの悪さを戒めてくれる。
そんなに欲張らず、そんなに焦ることないやんか。と猫たちも鳥たちも言っている。空も山も海も風も太陽も月も星も、きみはそんなに急いでどこへ行くのか? と首を傾げている。

では春色のキンカンマーマレードをいただきます

伊豆・箱根の新着記事

【伊豆・修善寺のそば】山葵・酒と味わう・こだわりの修善寺のそば屋さんおすすめ6軒!

伊豆・修善寺のあたりや恋人岬付近で人気のそば屋さん6軒をご案内します。 そばに合う日本酒や焼酎、修善寺ならではのつまみなども豊富なやぶ誠。天城産の新鮮な山葵のお薬味もある独鈷そば大戸。鮎そばが味わえ...

相模湾を望む⼩⽥原・根府川駅周辺の絶景&観光スポット8選!⼈気ベーカリーやランチ情報も♪

相模湾に面した海辺の街・小田原と、真鶴半島の中ほどにある根府川駅とその周辺。 箱根と熱海という2つの人気観光地のすぐ近くにありながら、観光客のにぎわいなく静かに楽しめる穴場エリアです。 旅行ガ...

伊豆大島観光ナビ 熱海から45分の離島をドライブでめぐるプラン!日本唯一の砂漠「裏砂漠」にもGO!

高速ジェット船で、熱海港から45分、東京竹芝桟橋から1時間45分で到着する伊豆大島。 東西9km、南北15km、周囲約52kmの、海底火山が噴火をくり返してできた島には、生命力を感じる地球の営み...

静岡のおすすめケーキ店18選 美味しいケーキを食べるならこのお店!

多くのスイーツファンを魅了する静岡のケーキ。 フルーツ系やチョコ系など、ショーケースを目の前にどれにしようかと迷うのも楽しみのひとつです。 店内でケーキを堪能するもよし、テイクアウトして自...

東海のおすすめアスレチック20選!大人も子供も楽しめる!

東海のおすすめアスレチックスポットをご紹介! 気軽に行ける公園から本格的なアスレチックまで、子供だけでなく、大人も楽しめるアスレチックもありますよ。 天気の良い日は、密を避けて思う存分に体...

静岡のドライブスポットおすすめ45選 定番から穴場までご紹介

静岡には、富士山の眺望がすばらしい場所やひと休みできる公園などドライブスポットがたくさん! 伊豆シャボテン動物公園、恋人岬、三保の松原といった定番スポットはもちろん、国指定史跡 韮山反射炉や來宮...

熱海のデートスポットおすすめ5選 二人の距離がグッと近くなる!

熱海といえば、海や花火、良質な湯を堪能できる有名な温泉地でもあり、子どもから大人まで、四季を問わず楽しむことのできる人気観光地です。近年はおしゃれなカフェやショップ、新しいホテルが続々と立ち並び、平日...

【箱根】2021年のクリスマスは絶景ランチ&アフタヌーンティーを!

今年のクリスマスシーズンは、箱根の豊かな自然に癒されながら、ランチやアフタヌーンティーを楽しんでみませんか? 芦ノ湖や箱根の山々、広大な庭園の眺めがすばらしい「山のホテル」や「箱根ハイランドホテ...

静岡のデートスポットおすすめ40選! 定番から穴場までをご紹介

静岡には、富士山の眺望がすばらしいデートスポットがたくさん! 伊豆シャボテン動物公園、恋人岬、三保の松原といった「ザ・定番デートスポット」はもちろん、国指定史跡 韮山反射炉や來宮神社、久能山東照...

三宅島 秋のキャンプ旅!東京の離島を1泊2日で巡るハイキングコースもご紹介

特別暑かった2021年の夏も終わり、「涼しくなってきたし、秋の行楽シーズンはどこに行こうかな」「自粛疲れも溜まり、人のいない大自然でスカッとリフレッシュしたい!」と楽しみにしている方も多いかもしれませ...
もっと見る

1960年東京生まれ。製本業経営を経て編集プロダクションを設立。
2011年に東京から大分県国東市へ移住し、2014年に国東市から静岡県伊豆半島に転居しました。現在は伊豆の家で編集業を営みながら仕事上のパートナーでもある家内と、国東で出会った6匹の猫たちと共に暮らしています。
国東での猫暮らしを綴った著書「猫にGPSをつけてみた」雷鳥社刊があります。

エリア

トップ >  関東・甲信越 > 伊豆・箱根 > 東伊豆 > 伊豆高原 > 

この記事に関連するタグ