トップ > 関東・甲信越 > 北関東 > 那須・塩原 > 

この記事の目次

【那須高原のおすすめグルメスポット】石窯で焼き上げたパンは力強さを感じさせる味わい「NAOZO」

【那須高原のおすすめグルメスポット】石窯で焼き上げたパンは力強さを感じさせる味わい「NAOZO」

薪を使った石窯でていねいに焼き上げたパンは、ずっしりとした重量感が持ち味。毎日の食卓になじむようにと、飾り気を排した山型食パンは、早めの予約がマストの人気商品だ。

NAOZO

住所
栃木県那須塩原市西岩崎232-454
交通
JR宇都宮線黒磯駅からタクシーで25分
料金
カフェオレ=430円/山型食パン=540円(1.5斤)/くるみレーズンパン=756円/

【那須高原のおすすめグルメスポット】パティシエの作ったチーズケーキが人気「那須高原 チーズガーデン 那須本店」

【那須高原のおすすめグルメスポット】パティシエの作ったチーズケーキが人気「那須高原 チーズガーデン 那須本店」

しらさぎ邸と同敷地内、チーズケーキをはじめとした手づくりのお菓子が自慢の店。フィナンシェなどの焼菓子やオリジナルブレンドの紅茶、地元・那須産のチーズも販売する。ギフト商品も充実している。

那須高原 チーズガーデン 那須本店

住所
栃木県那須郡那須町高久甲喰木原2888
交通
JR宇都宮線黒磯駅から東野交通那須湯本方面行きバスで15分、チーズガーデン前下車、徒歩5分
料金
御用邸チーズケーキ=1280円(ホール)/NASUWHITE=1860円/御用邸チーズクッキー=840円~(8枚入)/フィナンシェ=360円~(2個入)/

那須高原の玄関口「黒磯」の素敵なお店

カフェブームのさきがけとされる「1988 CAFE SHOZO」がオープンして32年。こだわりをもつ若いオーナーたちが後に続き、魅力的なお店が生まれている黒磯は、“裏那須”として進化中です。

【那須高原の玄関口「黒磯」の素敵なお店】黒磯の名を有名にした旅の目的地になるカフェ「1988 CAFE SHOZO」

【那須高原の玄関口「黒磯」の素敵なお店】黒磯の名を有名にした旅の目的地になるカフェ「1988 CAFE SHOZO」

オーナーの菊池省三さんの「黒磯に来てくれる人を増やしたい」という地元愛が詰まった味わいのある空間は、驚くほど居心地がいい。2018年には1階にコーヒースタンドを開店。黒磯のシンボルであり続けている。

■1988 CAFE SHOZO
住所:栃木県那須塩原市高砂町6-6
TEL:0287-63-9833

【那須高原の玄関口「黒磯」の素敵なお店】心もカラダも喜ぶ薬膳プレート「おいしい薬膳 白牡丹」

【那須高原の玄関口「黒磯」の素敵なお店】心もカラダも喜ぶ薬膳プレート「おいしい薬膳 白牡丹」

国際中医薬膳師の資格を持つ店主が、薬膳の考えに基づいたバランスのとれた料理を提供、地元野菜を中心とした旬の素材を、昔ながらの製法で作られた調味料で調理する。

おいしい薬膳 白牡丹

住所
栃木県那須塩原市高砂町6-9

【那須高原の玄関口「黒磯」の素敵なお店】食文化を発信する「那・須・朝・市」から生まれた施設「Chus」

【那須高原の玄関口「黒磯」の素敵なお店】食文化を発信する「那・須・朝・市」から生まれた施設「Chus」

マルシェイベント「那・須・朝・市」をもっと身近に、誰とでも共有できるようにとの思いから生まれたのが実店舗「Chus(チャウス)」だ。“大きな食卓を囲む”をコンセプトに、地域の生産者が野菜を販売できる直売所、その食材を使った加工品の販売、イベントやワークショップのできる個室を備えている。また、東京で「カフェ+宿saro」を運営する高野シェフを迎えたオーガニックカフェでは、地域産品を使用した料理も味わえる。

Chus

住所
栃木県那須塩原市高砂町6-3
交通
JR宇都宮線黒磯駅から徒歩10分
料金
朝いちのプリン=380円/那須でつくったチーズの盛り合わせ=1080円/那須野菜のピクルス=540円/森林の牧場(本日のステーキ)=1944円/
1 2 3 4 5

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください