>  >  >  >  >  > 

この記事の目次

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】あわびと地魚で房総の味覚を満喫「生簀篭」

池や松林がある和風庭園を望む店内で、食事が楽しめる。房州丼のほか、伊勢えびの鬼殻焼きやあわびの踊り焼きなども人気。

予算の目安 昼 1080円~ 夜 1944円~

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】あわびと地魚で房総の味覚を満喫「生簀篭」

旬の地魚を味わえる房州丼1728円はランチ限定の特製丼。小鉢や茶碗蒸し付

和食レストラン 生簀篭

住所
千葉県鴨川市広場834鴨川グランドタワー 1階
交通
JR外房線安房鴨川駅から徒歩15分
料金
房州丼=1728円/ランチの海鮮丼=1404円/

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】新鮮な海の幸がいっぱい「太海フラワー磯釣センター」

磯釣りやフラワーガーデンなどがある観光施設。レストランでは鮮魚料理が豊富にそろう。人気の波太丼は、さざえやあわびなど地元産の魚介が、たっぷり味わえる。

予算の目安 840円~

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】新鮮な海の幸がいっぱい「太海フラワー磯釣センター」

波太丼1836円。太海浜は浜波太(はまなぶと)とも呼ばれる。太海産の魚介のほか、するめいか、まぐろなども入る(水揚げ状況により変更あり)

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】一期一会の郷土料理が魅力「FUSABUSA(フサブサ)」

房総発のフードブランドとして食堂カフェをオープン。旬の食材を使うため、ふさぶさ定食の内容は日替わり。グロサリーやスイーツも販売。

予算の目安 昼 1500円~ 夜 3000円~

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】海を望める料理自慢のカフェ「EBIYA.CAFE(エビヤ カフェ)」

料理メニューは自家製カレーが中心。おすすめの伊勢海老カレーは、鶏ガラベースのルーとえびの甘みがマッチした絶妙な味わいが楽しめる。

予算の目安 770円~

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】海を望める料理自慢のカフェ「EBIYA.CAFE(エビヤ カフェ)」

伊勢えびをまるごと使った伊勢海老カレー2500円〜

EBIYA.CAFE

住所
千葉県鴨川市江見太夫崎66-2
交通
JR外房線安房鴨川駅から館山日東バス館山駅行きで20分、名馬橋下車すぐ
料金
伊勢えびカレー=2980円~/オリジナルカレー各種=980円~/シフォンケーキ=500円~/ブレンドコーヒー=500円/

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】地元の鮮魚や野菜、果物を味わう「APPETITO(アペティート)」

鴨川漁港の新鮮な魚介や周辺農家から届く野菜をふんだんに使った料理が評判の店。パスタと数種類の料理から選べるランチコースのほか、真鯛などを使ったカルパッチョが人気だ。パティシエ出身のシェフによるケーキも味わいたい。

予算の目安 昼 1080円~ 夜 2000円~

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】地元の鮮魚や野菜、果物を味わう「APPETITO(アペティート)」

鴨川で30年以上営業している。店内は落ち着いた雰囲気

APPETITO

住所
千葉県鴨川市貝渚309
交通
JR外房線安房鴨川駅から徒歩10分
料金
ハーフパスタとハーフ料理のミニコース=1480円/新鮮地魚のカルパチョ=1080円/千葉県産いも豚のソティ=1400円/ピザ=920円~/

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】伊勢えび料理が自慢「地魚処 すずき家 」

大きな伊勢えびをまるごと1尾使った伊勢海老天重が定番メニュー。ご飯とよく合う甘辛のタレと、えびの甘みとの相性が良い逸品だ。

予算の目安 昼夜 1100円~

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】伊勢えび料理が自慢「地魚処 すずき家 」

サクサクの衣が大きなエビを包む伊勢海老天重3000円

地魚処 すずき家

住所
千葉県鴨川市横渚1104-16
交通
JR外房線安房鴨川駅からすぐ
料金
伊勢海老天重=3000円/元祖伊勢海老天丼=1700円/刺身定食(地魚5種類)=1600円/煮魚定食=1500円~/地魚づけ丼=1100円(3種類)・1600円(5種類)/ランチ(平日のみ)=1100円/稲庭うどん=800円/

【千葉・鴨川&安房小湊×グルメ】獲れたての地魚がたっぷり「船よし」

天津港より新鮮な魚を仕入れている。その日獲れた活きのいい地魚を使用したボリューム満点のおらが丼が自慢。お子さまセットもある。

予算の目安 昼夜 1400円~

1 2 3 4

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください