>  >  >  >  >  > 

大阪【美術館・博物館】街なかミュージアムスポット

まっぷるマガジン

更新日:2018年7月14日

この記事をシェアしよう!

大阪【美術館・博物館】街なかミュージアムスポット

地下美術館や公園内にある博物館など、個性あふれるミュージアムがいっぱい。のんびり街歩きをしながらめぐってみて。

大阪市立美術館

緑あふれる東洋美術館
昭和11(1936)年に開館した天王寺公園内の美術館。日・中の書画や工芸品など東洋美術を中心に約8400件を収蔵し、企画展も人気がある。ショップでは絵はがきや一筆箋を販売。

大阪市立美術館

地下展覧会室ではさまざまな公募展が催される

大阪市立美術館

館蔵品資料にちなんだグッズがラインナップする

ミュージアムショップ

ミュージアムショップ
ミュージアムショップ
ミュージアムショップ

絵はがき 各100円
江戸時代の絵巻や十二支、中国書画などをモチーフにした定番商品

ミュージアムショップ
ミュージアムショップ
ミュージアムショップ

クリアファイル 各300円
大阪市立美術館オリジナルのクリアファイル

国立民族学博物館

世界の民族の生活に触れる
万博記念公園内にある、世界の諸民族の生活や文化を紹介する博物館。衣食住などの生活用品を中心とした本館展示に加え、一年を通して多彩な特別展や企画展を開催。

国立民族学博物館
国立民族学博物館

公園に調和するよう建物の高さも低く設計

国立民族学博物館

オリジナルグッズや民芸品など魅力的な商品が満載

ミュージアムショップ

ミュージアムショップ

アルパカ人形 1836円
アルパカの体毛で作られているので、手ざわりもなめらか

ミュージアムショップ

世界の言葉であいさつスタンプ 各432円
「こんにちは」を17か国の言語で表現したスタンプ

国立民族学博物館

住所
大阪府吹田市千里万博公園10-1
交通
大阪モノレール万博記念公園駅から徒歩約15分

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

国立国際美術館

世界でも珍しい地下型美術館
斬新な外観を持つ、完全地下型美術館。国内外の現代美術を中心とした所蔵品で構成したコレクション展のほか、多彩な企画展も随時開催する。地下1階には入場無料のパブリック・ゾーンも。

国立国際美術館

アルゼンチン出身の建築家シーザー・ペリによる設計

国立国際美術館

万国博覧会のために制作された壁画『無垢の笑い』(部分)

国立国際美術館

アイテムが並ぶミュージアムショップ

ミュージアムショップ

ミュージアムショップ

岡本太郎「太陽の塔」ミニチュア 1620円
置くだけでインパクトのあるインテリアになる

ミュージアムショップ

高松次郎「影」 ポストイット 324円
作品をモチーフにしたユニークな付箋

大阪日本民芸館

暮らしに「民芸」の心を
万博展示館の建物を引き継ぎ、民芸運動の西の拠点として開館。ミュージアムショップも展示室のひとつと考え、国内外の工芸品や良質な品々をセレクト。

大阪日本民芸館

三角形の変わった形の建物で、中庭に野外展示場もある

大阪日本民芸館

展示室のひとつと考えられ商品を厳選してセレクト

ミュージアムショップ

ミュージアムショップ

砥部焼(愛媛)のそば猪口 850円~
砥部の伝統を生かした「用と美」の実用工芸品

ミュージアムショップ

小鹿田焼(大分)の皿・鉢 1050円~
皿山と呼ばれる山間部で約300年間すべて手作業で作られてきた

ミュージアムショップ

三宅松三郎商店(岡山)の花むしろ 350円~
自然のい草を使ったコースターやテーブルマット

日本工芸館

「用と美」の伝統的工芸品に触れる
陶磁器や漆器、染織、玩具など、全国各地の伝統的工芸品を紹介する展示館。実用と美しさを兼ね備えた工芸品の奥深さに触れよう。売店には珍しい商品が数多く並ぶ。

日本工芸館

年間を通してさまざまな企画展示を行なっている

日本工芸館

伝統的な工芸品が並び買い物欲がそそられる

日本工芸館

熊本花手箱 1404円
熊本の工芸品。大きく描かれた山椿が鮮やか

日本工芸館

島根 湯町窯マグカップ 3132円
大正時代から続く窯元。落ち着いた色合いで使いやすい

日本工芸館

岩手 六原張子和紙面 1944円
和紙を用いて作る岩手の伝統的な張り子

大阪市立自然史博物館

大迫力の恐竜骨格標本
「自然と人間」をテーマに、動植物の資料や復元標本を約1万点も展示。人間を取り巻く自然の歴史を楽しく学ぶことができ、なかでも大迫力の骨格標本は必見だ。

大阪市立自然史博物館

第2展示室にある恐竜やマンモスの骨格標本

大阪市立科学館

宇宙の神秘を体感!
宇宙とエネルギーをテーマに参加型の展示が充実。世界最大級のドームスクリーンに映し出す大迫力のプラネタリウムはファミリーからカップルまで幅広く人気。

大阪市立科学館

本物に近い星空を再現したプラネタリウム

1 2

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

※掲載の情報は取材時点のものです。お出かけの際は事前に最新の情報をご確認ください。

この記事の出展元は「まっぷる大阪’18」です。掲載している内容は、2017年2月~4月の取材・調査によるものです。取材・調査後に、飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

条件検索

エリアとジャンルを指定してください