コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  【小布施】ときめき散策♪北斎の名画や栗グルメを堪能!

【小布施】ときめき散策♪北斎の名画や栗グルメを堪能!

by mapple

更新日:2018年6月25日

土塀の町並みがどこか懐かしさを感じさせる小布施。北斎の足跡をたどり、栗グルメを味わいながら、のんびり歩いてみよう。

アクセス

【電車】
東京駅

⇩ JR北陸新幹線 1時間20分、8200円

長野駅

⇩ 長野電鉄  39分、1190円

小布施駅

【車】
上信越自動車道IC小布施PAスマートIC利用

⇩ 343 約2km、5分

小布施駅

コースチャート

START 北斎館駐車場

⇩ 徒歩すぐ

①風情ある細道、栗の小径を歩く

小布施を象徴する風情ある小径
北斎館と髙井鴻山記念館を結ぶ、栗の間伐材を敷き詰めた小路。土蔵が並び、大きな栗の木がそびえる。歩くと木のやさしい感触が足裏に感じられる。

⇩ 徒歩すぐ

②北斎館で北斎唯一の立体造形物を鑑賞

絢爛豪華な屋台で鳳凰と龍が躍る
浮世絵師・葛飾北斎が小布施で描いた肉筆画を中心に、版本や錦絵などを展示。2015年のリニューアルで展示面積を1.7倍増設し、見ごたえも増した。2台の祭屋台の天井絵が見どころだ。

2台の祭屋台は長野県宝に指定

屋台の装飾にも注目!

宮大工の心血が注がれている

欄間細工は極彩色にあふれている

東町祭屋台の天井絵にクローズアップ
第4展示室の2基の祭屋台の天井絵は長野県の県宝に指定されている貴重な文化財。北斎が85~86歳のときの作品だ。

鳳凰図
緻密な筆さばきと深い藍色が神秘的

龍図
燃えるような紅の地に龍が躍動する

作品のパネルを見ながら北斎の生涯が辿れる

大ダルマの巨大な顔の絵が来館者を迎える

「雀踊り」が描かれた風呂敷1600円

パラパラメモ「雀躍り」380円

⇩ 徒歩3分

③桝一市村酒造場の手盃台で地酒を試飲

北斎も好んだ地酒
1755(宝暦5)年創業の老舗酒蔵。店内には昔ながらの和風カウンター「手盃台」があり、全銘柄の利き酒が楽しめる。

モダンなデザインのボトルも魅力

⇩ 徒歩2分

④老舗栗菓子店・竹風堂の栗おこわを味わう

国産栗100%のホクホクの栗が美味
栗菓子と栗おこわが人気の、1893(明治26)年創業の老舗店。栗おこわは栗をたっぷり混ぜ込み、もち米とともにふっくらと炊き上げる。

名物栗おこわに山里の幸をセットした山家(やまが)定食1890円

⇩ 徒歩2分

⑤小布施堂の栗菓子をおみやげに

風味豊かな伝統の菓子
栗鹿ノ子や栗最中など、伝統の栗菓子が並ぶ老舗。江戸時代に小布施堂と桝一市村酒造場を営んだ高井鴻山は、北斎を小布施に招いた人物だ。

最中と栗あんを自分で合わせる栗最中5個1480円

北斎館の向かい側の濃紺の暖簾が目印

⇩ 徒歩5分

北斎館駐車場

⇩ 車で7分

⑥岩松院で北斎の超大作壮大な天井画に感動!

極彩色の鳳凰に天井から睨まれる
戦国武将・福島正則の霊廟や小林一茶句碑のほか、北斎の天井画『八方睨み鳳凰図』など、見どころの多い古刹。天井画は畳21畳分の大作だ。

鳳凰の目に引き込まれそうな迫力です!

1472(文明4)年開山

岩松院へは周遊バスの利用も便利です

おぶせロマン号
小布施の主要観光スポットを巡る周遊バスを利用すれば、郊外の岩松院へもラクラク行ける。

名店で味わう 小布施ごはん

泉石亭

小布施名物の栗料理を堪能
桜井甘精堂直営店の和食処。小布施の旧家「高津屋敷」の面影を残す木造建築で、風情ある庭園を眺めながら栗おこわや信州そばなどを楽しめる。

栗おこわやそばがセットになった甘精堂御前2500円

小布施 鈴花

意匠建築で季節の和食を楽しむ
工業デザイナー・水戸岡鋭治氏設計の店内で、地場野菜や旬の食材を使った和食を味わえる。しなの鉄道「ろくもん」でも料理を提供。

手打百藝おぶせ

もっちりした食感の発芽そばきり
そばの実を発芽させ、甘みと食感、香りを増加させた「発芽そばきり」が味わえる。主人の熟練の技が生きる更科そばも繊細な味わい。

こだわりの御前二色そば1750円

筆者:mapple

まっぷる信州’19

発売日:2018年03月05日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×