フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

交通の文化、歴史、地理に関する記事

1〜10件を表示 / 全 148件

加古川は水運として江戸時代の兵庫の交通と物流の要だった!

明治期に鉄道が普及するまで、物流では陸路よりも水運が活用されています。兵庫県内で最大の河川である加古川は、江戸時代の播磨の交通の要でした。...

神戸市電の跡はどうなった?~消えた神戸のチンチン電車~

自動車が普及するまで、神戸市民の日常的な「足」として愛された路面電車。廃止から約半世紀を経た現在、残された路線の痕跡は非常に少ない。...

福知山線の廃線跡は人気のハイキングコース!

春の桜、秋の紅葉、使われなくなったトンネルに鉄橋……。宝塚市と西宮市にまたがる福知山線の廃線区間は、見どころいっぱいの遊歩道に姿を変えています。...

神戸電鉄有馬線の沿線はなんと9割近くが山の中!

神戸市兵庫区から有馬温泉に至る有馬線の駅は、大部分が標高200~300mの山地にあります。平地の路線がほとんど「ありません」という状態でした。...

弾丸列車計画とは?~意外な形で兵庫県内に残る線路予定地~

神戸近郊の高速道路やバイパス道路、駅の跡地を転用した町中の公園……。何げない風景のなかに、戦前にあった超特急の構想の痕跡が隠れています。...

智頭急行開業までの歴史と魅力~地味だけど速い!ローカル鉄道のすごい秘密~

兵庫県と鳥取県を南北に結ぶ智頭急行は、非電化区間ながらディーゼル特急を擁し、ユニークな駅も数多い。この路線は知られざる歴史を背負っていました。...

「神戸線」の名を冠した阪神間の交通網の成り立ち

神戸と大阪を結ぶ主要なルートは4つあります。道路は「阪神高速3号神戸線」、鉄道ではJRの「神戸線」、阪急電鉄の「神戸線」、阪神電鉄の「阪神本線」です。...

会津五街道はなぜ整備された?~福島県域各地と会津を結ぶ5つの街道~

会津若松から東北の各方面へと延びていくのが会津五街道です。 なぜ会津を中心に五街道が整備されたのか、そこに込められた意図を探ります。...

三島通庸が手掛けた「万世大路」が結んだ福島と米沢

福島~米沢間の道路は県境の急峻な峠や豪雪と闘い、時代により変遷。 明治時代に開削された万世大路は役目を終えた今、観光資源として注目されています。...

磐越西線の歴史~会津地方の大幹線!かつては東京と新潟の架け橋に~

上越線が全通するまで東京と新潟を結ぶ重要路線だった磐越西線は、同線の開通後も会津地方連絡の大幹線に変わりはなく、多くの列車が走っています。...