フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

貿易の文化、歴史、地理に関する記事

1〜10件を表示 / 全 34件

出島生活の実態とは?オランダ人はビリヤード三昧だった!?

鎖国時代、ヨーロッパとの唯一の窓口だった出島。 出島でのオランダ人の生活は、実際どのようなものだったのでしょうか。 日本人との関わりなど知られざることも多くあります。...

大村純忠による苦肉の策!?なぜ長崎はイエズス会領になったのか?

小さな漁村でしたが、ポルトガル船寄港地になり栄えた長崎。 一時期イエズス会領になった歴史の裏には、弱小戦国大名として生き残りをかけた大村純忠(すみただ)の策がありました。...

松浦隆信の尽力と王直のつながりよって栄えた平戸~ポルトガルとの南蛮貿易のはじまり~

ポルトガルとの貿易やキリスト教の布教拠点として栄えた平戸。 その陰には、当時領主だった松浦隆信の尽力と、松浦隆信の庇護を受けた倭寇(わこう)の頭目の姿がありました。...

原の辻遺跡が語る古代の交易!古代の壱岐は東アジアの一大交流拠点だった

アジア最古の船着場跡が発見された壱岐の原(はる)の辻遺跡。 出土する遺物は、大陸から人や物、情報が集まる国際色豊かな島だったことを今に伝えます。...

長崎市の地形は江戸時代から埋め立て都市だった? 坂の町だからこそ生まれた都市形成!

長崎市は長崎半島と西彼杵(にしそのぎ)半島の接合部の小規模な沖積平野にあります。 背後には山地や丘陵が迫り、都市拡大のため絶えず埋め立てが行われてきました。...

長崎発祥の技術が多数!印刷も写真も通信も!長崎は“日本初”を量産していた!

古くから外交貿易が盛んだった長崎には、この地を発祥とするモノコトがたくさんあります。 現代にも活きる技術の発展の裏には、本木昌造(もときしょうぞう)や上野彦馬(うえのひこま)ら日本人の努力がありまし...

備前刀工集団・長船派はどのようにして生まれたのか

岡山県瀬戸内市長船町(せとうちしおさふねちょう)は、刀剣の里として知られています。なぜこの場所に多くの刀工が生まれたのか。備前刀の歴史を探ってみましょう。...

広島針の歴史と技術!手縫い針の国内シェア9割を誇る

広島では鉄製品が地場産業として育まれて来ました。 製針も、その中の一つ。 手内職から始まった製針は、いかにして国内シェアトップに成長したのでしょう。...

広島県の瀬戸内レモン栽培の歴史!国産レモンシェアNo.1のひみつ

広島県の島しょ部では、温暖な瀬戸内海気候を生かした柑橘類の栽培が盛んです。 中でもレモンは国産シェア・ナンバーワンを誇り、注目を集めています。...

広陵町が靴下生産量日本一の理由~奈良盆地の気候が肝!

江戸時代、奈良盆地の気候が理由で名産となった木綿織物。 開国により安い綿花や綿製品が輸入されて危機を迎えますが、紡績技術の近代化が新たな道を開きます。...