トップ > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 

しまなみ海道 向島のランチ&カフェ&観光のおすすめスポット20選

フォレスト

更新日:2021年10月21日

この記事をシェアしよう!

しまなみ海道 向島のランチ&カフェ&観光のおすすめスポット20選

しまなみ海道の向島にあるランチ&カフェスポットとおすすめの観光スポットを紹介します。
広島県尾道から渡船で約3分、風情あふれる「向島」はしまなみ海道の島のひとつ。
近年はセンスのいいカフェやショップが増えていて、目が離せません。
新店はもちろん、昔から愛され続ける老舗にも立ち寄りながら向島の新旧を満喫しましょう。

しまなみ海道 向島(むかいしま)ってこんな島

しまなみ海道 向島(むかいしま)ってこんな島

幅200~400mの尾道水道を挟んで、尾道と向かい合うようにして浮かぶ向島。所要3~5分の渡船で行き来することができるため、日帰りで島旅を楽しめる場所です。最近では、カフェやショップなどおしゃれな店が続々と誕生し、注目を集めています。

しまなみ海道への行き方や各島の特徴はこちらで詳しく紹介しています!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

しまなみ海道×向島ランチのおすすめスポット

しまなみ海道×向島ランチ 立花食堂

瀬戸内食材が主役のランチ

向島南部、目の前に瀬戸内海が広がる複合施設「立花ガーデン」内の食堂。ヤシの木が茂る保養施設をリノベートした店内席や木々が茂るテラス席で、瀬戸内産の食材を使った定食や丼、スイーツが味わえます。雑貨店「life:style」も併設しているので、おみやげ探しも忘れずに。

しまなみ海道×向島ランチ 立花食堂

立花食堂のお昼ご飯 1350円

瀬戸内の食材を使った、体に優しいランチ

しまなみ海道×向島ランチ 立花食堂

レモンが浮く足湯を備え、サイクリストの憩いの場に

立花食堂

住所
広島県尾道市向島町立花287-1
交通
瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号を津部田方面へ車で4km

しまなみ海道×向島ランチ Pizzeria Felix

薪窯で焼きあげる本格ナポリピッツァ

「真のナポリピッツァ協会」の認定店。使う食材は、南イタリアのものや地元の野菜を厳選し、ナポリから取り寄せた大きな薪窯で本格的なナポリピッツァを焼きあげています。定番のマルゲリータをはじめ、クアトロフォルマッジ、カルツォーネなど約30種類が登場。前菜や肉料理、デザートも一切の妥協なし。

Pizzeria Felix(ピッツェリアフェリックス)

  • 住所:広島県尾道市向島町5548-39
  • 電話:0848-29-9115
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号を車で3.5km
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:11:30〜15:00、17:30〜22:00
  • 休業日:水・木曜
  • 料金: A Pranzo=1700円、B Pranzo=1900円
しまなみ海道×向島ランチ Pizzeria Felix

A Pranzo 1700円

前菜、ピッツァ、ドリンクのセット。B Pranzo(1900円)はドルチェも付く

しまなみ海道×向島ランチ Pizzeria Felix

赤色が印象的な薪窯で焼きあげる

しまなみ海道×向島ランチ Rondine

瀬戸内海の絶景を眺めながらこだわりの生パスタを堪能

もちもちの生パスタが自慢のカフェレストラン。パスタは月替わりで、トマトソース、オイルベース、クリームソースの3種類からセレクトを。フィットチーネに瀬戸内の旬の野菜や魚介を使ったソースを絡めて味わう至福の時間が楽しめます。店が入るのは見晴らしのいい「尾道やすらぎ宿 しーそー」の一角。対岸の町並みや行き交う渡船を眺めながら、のんびりと過ごせます。

Rondine(ロンディネ)

  • 住所:広島県尾道市向島町84-2 尾道やすらぎの宿 しーそー内
  • 電話:080-4261-6457
  • 交通:兼吉港渡船乗り場から徒歩3分
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:11:30〜15:30
  • 休業日:月・木曜
  • 料金:ランチセット=1650円~、季節のパフェ=1430円、バニラコーヒーゼリー=660円
しまなみ海道×向島ランチ Rondine

ランチセット1650円~

3種から選べる月替わりパスタ、前菜3品(ブルスケッタ、サラダ、ミニスープ)にドリンクが付く

 

 

しまなみ海道×向島ランチ Rondine

季節のパフェ 1430円

旬のフルーツを使った季節限定メニュー。人気メニューのため予約がおすすめ

しまなみ海道×向島ランチ #モーモーキッチン

尾道水道を目の前に眺めるカフェレストラン

目の前に造船所と尾道水道、すぐ近くには渡船乗り場があるロケーションで、「尾道ハンバーグ」や厳選牛を使った「ステーキランチ」などが楽しめます。朝7時からはモーニングも提供し、アフタヌーンティさながらの豪華な内容。カフェタイムには「リコッタチーズのスフレパンケーキ」や瀬戸田レモンを使ったスイーツはいかがですか。

#モーモーキッチン

  • 住所:広島県尾道市向島町16058-191 Dock Of The Bay2階
  • 電話:0848-38-2628
  • 交通:駅前渡船乗り場から徒歩5分
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:7:00〜11:00、11:30〜14:00、15:00〜16:00(夜営業の日は休み)、17:00~20:00(夜は完全予約制)
  • 休業日:火曜
  • 料金:大人のお子様ランチ=1550円、大人のモーニング=1000円
しまなみ海道×向島ランチ #モーモーキッチン

大人のお子様ランチ 1550円(1日50食限定)

メインは「尾道ハンバーグ」か「オリジナルハンバーグ」からセレクトを

しまなみ海道×向島ランチ #モーモーキッチン

大人のモーニング 1000円

サンドイッチやリコッタチーズのスフレパンケーキなどがセットに

しまなみ海道×向島ランチ Mandarina

異国情緒あふれる庭カフェで地中海料理を味わう

フランス人のガブリエルさんと日本人の恭子さん夫婦が、2年かけて古民家を改装した庭カフェ。席はテラス席のみで、まるで海外を思わせる雰囲気が魅力です。ランチに登場するのは、自家栽培の野菜や自家製のリコッタチーズなどを使う南欧の家庭料理。スイーツやドリンクなどのカフェメニューも楽しめます。

Mandarina(マンダリーナ)

  • 住所:広島県尾道市向島町立花2672-10
  • 電話:090-7734-4738
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから県道376号を車で3.5km
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:11:00~16:00
  • 休業日:月~金曜
  • 料金:ランチプレート=1200円(売り切れ次第終了)
しまなみ海道×向島ランチ Mandarina

タルトシトロン1切れ450円

庭の無農薬レモンを使ったスイーツ

しまなみ海道×向島ランチ Mandarina

屋根やパラソルの下でくつろげる。トイレはないのでご注意を

しまなみ海道×向島カフェのおすすめスポット

しまなみ海道×向島カフェ WILLOWS NURSERY

もちもちのハワイアンパンケーキ

目の前に瀬戸内海の景色が広がる、ロケーションもごちそうなハワイアンカフェ。看板メニューのパンケーキは、農薬不使用の国産小麦粉に全粒粉を加えた体想いのやさしい味わい。もちもち食感も魅力で、カラメルバターやココナッツミルクソースなど約5種類で味わえます。席は屋外テラスのみ。南国気分で島時間を過ごせます。

WILLOWS NURSERY(ウィローズナーサリー)

  • 住所:広島県尾道市向島町立花250-4
  • 電話:0848-51-7773
  • 交通:向島支所バス停からおのみちバスで27分、江の浦下車徒歩10分
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:11:00~16:00
  • 休業日:火・水曜
  • 料金:ココナッツミルクソースパンケーキ=850円
しまなみ海道×向島カフェ WILLOWS NURSERY

ココナッツミルクソースパンケーキ850円

しまなみ海道×向島カフェ WILLOWS NURSERY

ドングリの木の下でくつろいで

しまなみ海道×向島カフェ まるひ商店

古民家カフェで味わう手作りケーキ

築90年の古民家を再生したノスタルジックな洋菓子店。玄関土間を利用した懐かしい空間に、旬のフルーツを使ったケーキや焼き菓子がセンスよく並びます。店主が趣味で集めたというアンティーク雑貨が並ぶ空間でイートインもでき、お茶と一緒にゆるりとした島時間を味わってくださいね。

まるひ商店(まるひしょうてん)

  • 住所:広島県尾道市向東町2121
  • 電話:0848-31-2218
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号を車で4.5km
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:10:00~17:30(ショップは~18:00)
  • 休業日:水・木曜(祝日の場合は営業)
  • 料金:ハートショコラ=453円
しまなみ海道×向島カフェ まるひ商店

ハートショコラ453円など

ケーキは約10種類そろう

しまなみ海道×向島カフェ まるひ商店

リラックスできる店内

しまなみ海道×向島カフェ アナーキー・イン・ザ・ドーナッツ

アートなドーナツ店

2人のアーティストが営むドーナツショップ。瀬戸田レモンを使ったものなど、4~5種類の定番と季節ごとの味が登場します。カラフルでかわいいドーナツや、作品が飾られた空間など、2人の世界観を楽しんでください。

アナーキー・イン・ザ・ドーナッツ

  • 住所:広島県尾道市向島町5339-1
  • 電話:なし
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号を車で2km
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:14:00~18:00
  • 休業日:月~木曜
  • 料金:ドーナツ=1個200円~
しまなみ海道×向島カフェ アナーキー・イン・ザ・ドーナッツ

ドーナツ 1個200円~

フレンチクルーラーやケーキドーナツなど、4種類の生地の違いも楽しんで

しまなみ海道×向島カフェ アナーキー・イン・ザ・ドーナッツ

空き家を改装してオープン

しまなみ海道×向島カフェ 70cafe

シャリフワのかき氷を求めて

目の前に海が広がる、開放感あふれるテイクアウト専門のカフェ。手作りシロップのかき氷は、イチゴやシソなどさまざまなフレーバーが登場。シャリフワ食感が魅力で、波音を聞きながら味わうひと時は格別です。タピオカミルクティーといった自家製ドリンクもあるので、島めぐりの合間に立ち寄りを。

70cafe(ナナマルカフェ)

  • 住所:広島県尾道市向島町立花197-1
  • 電話:なし
  • 交通:向島支所バス停からおのみちバスで27分、江の浦下車徒歩10分
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:11:00~15:00
  • 休業日:水・日曜、祝日、雨天時
  • 料金:かき氷(夏期限定)=500円
しまなみ海道×向島カフェ 70cafe

かき氷500円

夏季限定。SNS映えする見た目も◎

しまなみ海道×向島カフェ 70cafe

海が目の前に広がるロケーション

しまなみ海道×向島ショップのおすすめスポット

しまなみ海道×向島ショップ 後藤鉱泉所

島生まれのラムネでのどを潤す

昭和5(1930)年に創業した飲料水製造所。昔ながらの瓶入りサイダーやラムネ、ジュースを製造・販売しています。今では製造されない貴重な瓶のため、持ち帰りは不可! その場でしか飲めない貴重な味わいを求めて、サイクリストや観光客が訪れます。

後藤鉱泉所(ごとうこうせんしょ)

  • 住所:広島県尾道市向島町755-2
  • 電話:0848-44-1768
  • 交通:兼吉港渡船乗り場から徒歩10分
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:8:30~17:30(時期により異なる)
  • 休業日:不定休
  • 料金:瓶入りジュース=150円、サイダー=200円
しまなみ海道×向島ショップ 後藤鉱泉所

瓶入りジュース各150円、サイダーは200円

しまなみ海道×向島ショップ 後藤鉱泉所

昔ながらのたたずまい

しまなみ海道×向島ショップ 住田製パン所

創業100年を数えるレトロなパン屋

大正5(1916)年創業、向島で愛されるパン屋さん。ねじパンやメロンパンなど、昔ながらのパンは、どれも安くておいしいと評判!なかでも定番のあんぱんは、100年前から変わらないレシピで餡を作っており、小豆の甘さが際立つおいしさです。

住田製パン所(すみだせいパンじょ)

  • 住所:広島県尾道市向島町24-1
  • 電話:0848-44-0628
  • 交通:兼吉港渡船乗り場から徒歩5分
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:6:00~19:00
  • 休業日:無休
  • 料金:あんぱん大=150円、メロンパン=150円、ネジパン=180円
しまなみ海道×向島ショップ 住田製パン所

(左から)ネジパン180円、メロンパン、あんぱん大 各150円

しまなみ海道×向島ショップ 住田製パン所

看板は2代目店主がモデル

しまなみ海道×向島ショップ 珈琲豆 ましろ

丁寧に焙煎したコーヒー豆を堪能

スペシャルティコーヒーの自家焙煎店。世界各国から厳選した生豆を仕入れ、欠点豆を一つひとつ手で取り除き、新鮮な状態で提供できるよう小ロットで焙煎。コーヒー豆はもちろん、ティーバッグ型のコーヒーなども販売しています。

珈琲豆 ましろ(こーひーまめましろ)

  • 住所:広島県尾道市向島町5557-17
  • 電話:0848-29-9078
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号から車で2.5km
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:10:00~18:00
  • 休業日:月・木曜(祝日の場合は営業)
  • 料金:コーヒー豆=100g648円~、ティーバッグ型コーヒー=1個162円
しまなみ海道×向島ショップ 珈琲豆 ましろ

ティーバッグ型のコーヒー 1個162円

しまなみ海道×向島ショップ 珈琲豆 ましろ

店主が丁寧に焙煎する

しまなみ海道×向島ショップ USHIO CHOCOLATL

海を見下ろすチョコレート工場

カカオ豆の仕入れから加工、包装まですべて自分たちで行うチョコレート工場。カカオの豆と砂糖のみで作るチョコレートはカカオの産地別に数種類そろいます。店内のカフェスペースでは、瀬戸内海を眺めながらゆっくりとくつろいで。

しまなみ海道×向島ショップ USHIO CHOCOLATL

チョコレート1枚810円~

産地ごとに異なるカカオの味わいが楽しめる

しまなみ海道×向島ショップ USHIO CHOCOLATL

窓際のソファ席が特等席

しまなみ海道×向島ショップ USHIO CHOCOLATL

カカオの香りが漂う店内

USHIO CHOCOLATL

住所
広島県尾道市向島町立花2200
交通
瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号、県道376号を立花方面へ車で3km
料金
チョコレート=各756円~/

しまなみ海道×向島ショップ そらのき

肌にやさしい服を作る

デザインからパターン、縫製まですべてを手がけるアトリエ兼ショップ。古民家をセルフリノベーションした店内には、オーガニックコットン100%のダブルガーゼ生地を使う、優しい着心地の服が並びます。そらのきが入る「てへてハイツ」はサステナブルな衣食住を体験できる場所として2022年春オープン予定。こちらもチェックしてくださいね。

そらのき

  • 住所:広島県尾道市向島町13346 2階
  • 電話:0848-29-9368
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号を車で2km
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:11:00~17:00
  • 休業日:水~金曜
しまなみ海道×向島ショップ そらのき

白を基調とした店内

しまなみ海道×向島ショップ そらのき

ふんわりとしたシルエットが中心

しまなみ海道×向島ショップ 工房 蔵nola

蔵で作る手づくりグラノーラ

蔵を改装した工房で、グラノーラを作る専門店。オーツ麦や穀物、ドライフルーツ、ナッツをなどにハチミツを加えて焼き上げたグラノーラを数種類販売しています。食べごたえがありながら、ヘルシーに味わえるのが魅力です。

工房 蔵nola(こうぼうくらノーラ)

  • 住所: 広島県尾道市向島町10796-1
  • 電話: 090-2094-1858
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号を車で3.5km
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:10:00~17:00
  • 休業日:月・火・木・金曜
  • 料金:オリジナル=180g400円、270g570円
しまなみ海道×向島ショップ 工房 蔵nola

オリジナルグラノーラ180g400円、270g570円

牛乳やヨーグルトと一緒にどうぞ

しまなみ海道×向島ショップ 工房 蔵nola

サイクリングの途中に立ち寄って

しまなみ海道×向島のおすすめ観光スポット

しまなみ海道×向島の観光スポット 高見山展望台

眼下に瀬戸内海の多島美が広がる

標高283mの高台にある展望台は、絶好のビュースポット。展望台からは因島をはじめとするしまなみ海道の島々や、よく晴れた日には四国山地まで見渡せます。ベンチに腰掛けてじっくり眺めるのもおすすめですよ。春は桜、秋は紅葉に染まる島の風情が眼下に広がります。

高見山展望台(たかみやまてんぼうだい)

  • 住所:広島県尾道市向島町
  • 電話:0848-38-9184(尾道市観光課)
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから県道376号を車で4km
  • 営業期間:見学自由
しまなみ海道×向島の観光スポット 高見山展望台

国立公園に指定されている

しまなみ海道×向島の観光スポット 高見山展望台

かつて村上海賊の見張り台があったことに名前が由来

しまなみ海道×向島の観光スポット 岩子島 厳島神社

波打ち際に建つ朱色の鳥居

向島から朱色の橋で繋がる小さな島、岩子島(いわしじま)。西部の入り江にある、境内一帯が砂浜という「岩子島 厳島神社」は、世界遺産に登録されている広島県宮島にある嚴島神社の分社です。波打ち際にはシンボルの赤い鳥居が建てられ、満潮の時は海に浮かぶように見え、干潮の時は鳥居の近くまで近寄ることができます。

岩子島 厳島神社(いわしじま いつくしまじんじゃ)

  • 住所:広島県尾道市向島町岩子島
  • 電話:なし
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから国道317号、県道377号を車で5km
  • 営業期間:境内自由
しまなみ海道×向島の観光スポット 岩子島 厳島神社

朱色の鳥居が青い海に映える

しまなみ海道×向島の観光スポット 岩子島 厳島神社

向島と岩子島を繋ぐ赤い橋

しまなみ海道×向島の観光スポット 映画『あした』ロケセット

映画の世界にふれる

兼吉港渡船乗り場からすぐの場所にある島のランドマーク。大林宣彦監督の映画作品『あした』で使われたオープンロケセットを移築しています。現在は外観のみ見学ができます。

映画『あした』ロケセット(えいがあしたロケセット)

  • 住所:広島県尾道市向島町兼吉
  • 電話:0848-38-9184(尾道市観光課)
  • 交通:兼吉港渡船乗り場からすぐ
  • 営業期間:外観のみ見学自由
しまなみ海道×向島の観光スポット 映画『あした』ロケセット

オープンロケセットを移築

しまなみ海道×向島の観光スポット 向島洋らんセンター

華麗な洋ランの世界にうっとり

高見山の麓で1年を通してさまざまな洋ランを栽培・販売。洋ラン祭りやバザールなどのイベントも不定期で開催。約2000㎡の芝生が広がる「憩いの広場」や本格手づくりカレーが味わえるオープンカフェも併設しています。

向島洋らんセンター(むかいしまようらんセンター)

  • 住所:広島県尾道市向島町3090-1
  • 電話: 0848-44-8808
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから県道376号を車で2km
  • 営業期間:通年
  • 営業時間:9:00~17:00
  • 休業日: 火曜(祝日の場合は翌日休)
  • 料金:入園無料
しまなみ海道×向島の観光スポット 向島洋らんセンター

季節ごとに旬の花を咲かせる

しまなみ海道×向島の観光スポット 向島洋らんセンター

向島の温暖な気候を利用して栽培

しまなみ海道×向島の観光スポット 海辺のいちじく園

向島の恵みを浴びた日本いちじく

海辺にある観光農園。毎年9月~10月末のシーズンになると、環境に優しい自然栽培で育てたいちじく狩りやジャムなどに加工する体験も楽しめます。直売所ではジャムやジュース、柑橘のプリンやようかんなど、オリジナルの加工品も販売しています。
海辺いちじく園(うみべのいちじくえん)
  • 住所:広島県尾道市向島町2134-1
  • 電話:090-1684-0818
  • 交通:瀬戸内しまなみ海道向島ICから県道376号を車で5㎞
  • 営業期間:9月~10月末
  • 営業時間:9:30~15:30
  • 休業日:期間中無休、シーズン外は休業
  • 料金:入園料=250円、いちじく=100gあたり150円
しまなみ海道×向島の観光スポット 海辺のいちじく園

家族や友達と楽しみたい

向島の新旧スポットめぐりに出発しましょう

向島はしまなみ海道のなかでも小さな島なので、ゆったりとポタリングをするのもおすすめです。まだまだある向島の新旧スポットを、思う存分めぐってくださいね。

旅行ガイドブックまっぷる&ことりっぷの瀬戸内エリアを担当。島旅やサイクリングといった瀬戸内らしい旅ネタはもちろん、雑貨や民藝などの手仕事ネタ、パンやカフェといったグルメネタまで、取材で見つけた素敵なモノ・コトを発信します。

エリア

トップ > 中国・四国 > 山陽・瀬戸内 > 尾道・しまなみ海道 > 

この記事に関連するタグ

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください