>  >  >  >  > 

【明石】魚の棚商店街食べ歩き!おすすめスポット!

まっぷるマガジン

更新日:2019年1月26日

この記事をシェアしよう!

【明石】魚の棚商店街食べ歩き!おすすめスポット!

地元で玉子焼きとも呼ばれる明石焼きをはじめ、明石駅近くの魚の棚商店街ではタコを使ったお手軽フードを存分に楽しめる。

魚の棚商店街

目指すのはココ!
明石城築城とともに誕生した市場は、「昼網の魚だよ~」のかけ声に満ちて今も元気だ。春はイカナゴ、夏はタコやアナゴ、秋は鯛がトロ箱の中でピチピチはねる。魚屋だけでなく、野菜、肉、かまぼこから洋服まで、東西に約100軒もの店が並んでいる。

魚の棚商店街

東西に約100軒の店が並ぶ商店街 年末大売り出しの時期は色鮮やかな大漁旗が掲げられる

魚の棚商店街

巨大な鯛とタコの看板が目印

魚の棚商店街

あちこちに吊るされている干しダコ

魚の棚商店街

商店街には至る所にタコの看板が見られる

魚の棚商店街

住所
兵庫県明石市本町1丁目1
交通
JR神戸線明石駅から徒歩5分
料金
店舗により異なる

三ツ星蒲鉾

真ダコが一匹まるごと入った天ぷら
大きなタコのオブジェ看板がひときわ目立つ、老舗の天ぷら屋。タコをはじめ、季節に応じてさまざまなオリジナルの天ぷらを販売。種類豊富でリピーター客も多く訪れる。

三ツ星蒲鉾

おみやげに人気タコ天ぷら まだこ丸揚げ 700円〜
まだこ丸揚げはタコと蒲鉾の二つの弾力が絶妙

三ツ星蒲鉾

天ぷらやちくわ、蒲鉾など商品バリエーション豊か

三ツ星蒲鉾

住所
兵庫県明石市本町1丁目1-11魚の棚内
交通
JR神戸線明石駅から徒歩5分
料金
たこ蒲鉾=400円(1本)/まだこ丸揚=700円(1本)/串ちくわ=600円(5本)/あなご1匹巻き=700円(1本)/(変更の場合あり)

明石みつぼし

明石タコの風味豊かなアツアツごはん
干しダコを漬けただしで炊いた「たこめし」をひとつずつ蒸し上げた“たこせいろ”が人気。たこせいろに穴子の天ぷらが付いたみつぼし御膳(1620円)や、穴子丼御膳(1512円)もおすすめ。

明石みつぼし

蒸したてホカホカのたこせいろ たこづくし御膳 1620円
たこせいろ、たこ天ぷら、たこ酢がセットになった明石タコづくしのメニュー

明石みつぼし

居ごこちがよく落ち着いた雰囲気

明石みつぼし

住所
兵庫県明石市本町1丁目2-4
交通
JR神戸線明石駅から徒歩3分
料金
たこづくし御膳=1620円/うおんたな海鮮丼=1026円/穴子丼御膳=1512円/

明石名物 明石焼きは必食!

よこ井

昔ながらのスタイルで食べる正統派の明石焼き
大正時代から戦前まであった明石焼き屋台の主人、向井清太郎さんのレシピを受け継ぐ明石焼きの専門店。冷えた昆布だしで味わう昔ながらのスタイルを守る。

よこ井

10個 500円(写真は2人前)
ふわっとやわらかい生地が特徴

よこ井

明石焼きの元祖と言われる味を継承

よこ井

住所
兵庫県明石市本町1丁目1-13
交通
JR神戸線明石駅から徒歩5分
料金
明石焼(10個入)=500円/

ふなまち

地元でも人気の名店
明石ダコにこだわり、タコもだしも早朝から仕込む。ふんわりと口当たりのいい生地で冷めてもおいしい。吸い物のようにやさしい味のつけだしも美味。

ふなまち

20個 550円
生地用のだしは薄く、つけだしは濃いめと作り分ける

ふなまち

土・日曜、祝日は玉子焼のみ販売

ふなまち

住所
兵庫県明石市材木町5-12
交通
JR神戸線明石駅から徒歩15分
料金
明石焼き(1人前、20個)=550円/お好み焼=400円(ぶた玉)・450円(すじ玉)/

たこ磯

明石ダコをふくよかな生地が包み込む
玉子焼きをつけるだしは昆布とカツオ節がベース。卵をふんだんに使ったふくよかな生地に明石ダコが入っている。アナゴ入り(15個900円)、ミックス焼き(15個1100円)も。

たこ磯

15個 700円
だしでもソースでもおいしい(全国発送あり)

たこ磯

プリプリのタコが入った玉子焼きの人気店

たこ磯

住所
兵庫県明石市本町1丁目1-11
交通
JR神戸線明石駅から徒歩5分
料金
玉子焼(1人前、15個)=700円/穴子入り玉子焼(15個)=900円/ミックス焼=1100円/

本家きむらや

卵たっぷりのフワフワ生地
1924(大正13)年創業の玉子焼き専門店。1人前あたり卵2個を使用するしっかりした生地と、うどんだしに似た旨みのあるつけだしが特徴。

本家きむらや

20個 850円
創業以来変わらない味

本家きむらや

関東煮などのサイドメニューもある

本家きむらや

住所
兵庫県明石市鍛治屋町5-23
交通
JR神戸線明石駅から徒歩5分
料金
明石焼き(玉子焼、20個、小玉)=850円/関東煮=150円~/ビール=300円(小)・500円(生)/

昼網魚介に注目!

昼網(ひるあみ)は早朝ではなく、午前11時30分からセリが始まる明石独特の昼市。昼網のピチピチの魚はすぐに魚の棚商店街の店頭へ。仲卸を介していないので新鮮な魚が安価で買える。

昼網魚介に注目!

活きのいい魚が店頭に並ぶ(藤永鮮魚店)

昼網和膳 穂の花

昼網料理を食べるならココへ
昼網で揚がった新鮮な魚介を使った料理が味わえる。魚介は2軒隣の藤永鮮魚店から仕入れており、共同のいけすもあるので鮮度は抜群。タコの利久和えが人気でみやげにもおすすめ。

昼網和膳 穂の花

お造りや蒸物、天婦羅、たこ飯など7品が付く昼網和膳1800円

昼網和膳 穂の花

魚の棚の奥座敷をイメージした落ち着いた店

昼網和膳 穂の花

住所
兵庫県明石市本町1丁目2-7
交通
JR神戸線明石駅から徒歩3分
料金
昼網和膳=1800円/明石和膳=1575円/タコづくし和膳=2000円/穂の花和膳=2625円/サービス和膳=1000円/夜のコース=3500円~/

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください