観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

 >  >  >  >  岡山【新見】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

岡山【新見】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

岡山【新見】で人気!おすすめの観光・ショッピングスポット

mapple

更新日:2018年2月10日

備中松山城よりひと足延ばして
高梁市街から車で45分
大自然のつくり出した神秘の鍾乳洞が点在。黒毛和牛の元祖、名物の「千屋牛」もぜひ味わっておきたい。


問い合わせ 新見市観光協会 0867-88-8154

満奇洞

与謝野晶子が絶賛し命名
総延長約450m、最大幅25mの鍾乳洞。日本屈指のリムストーン(千枚田)や、発達した無数のつらら石や流れ石、石筍、曲がり石を見ることができる。奥には地底湖があり、幻想的な景観が広がる。見学所要時間は約30分。

満奇洞

ライトアップされた神秘的な洞内

ご当地アイス “元祖バクダンキャンディ”

昔懐かしいカラフルなゴム製容器に入った氷菓子。満奇洞前に建つ、満奇洞観光ドライブインが発祥の地。

満奇洞観光ドライブイン
4~11月の土・日曜、祝日、夏休み期間営業

ご当地アイス “元祖バクダンキャンディ”

ソーダやミルクなど全8種類、1本200円

満奇洞

住所
岡山県新見市豊永赤馬2276-2
交通
JR伯備線新見駅から備北バス満奇洞行きで1時間、終点下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30(閉館17:00)
休業日
無休

井倉洞

奇岩が織り成す幻想の世界
高さ約240mもの断層が約8㎞続く、井倉峡の最上流に広がる鍾乳洞。全長は約1200mあり、内部の高低差は約90m。見学所要時間は約40分。

井倉洞

さまざまな奇岩がある洞内

井倉洞

住所
岡山県新見市井倉409
交通
JR伯備線井倉駅から徒歩15分
営業期間
通年
営業時間
8:30~16:30
休業日
無休

羅生門

石灰岩の巨大アーチ
カルスト台地の地下構造だった鍾乳洞が崩壊し、一部が天然橋として残った不思議な自然造形。高さ40mに達する一大石門をつくっている。

羅生門

蘚苔類や洞窟昆虫が生息する

羅生門

住所
岡山県新見市草間
交通
JR伯備線井倉駅からタクシーで15分
営業期間
通年
営業時間
情報なし
休業日
情報なし

新見美術館

富岡鉄斎など1100点余りを収蔵
文人画家・富岡鉄斎の作品をはじめ、近現代の日本画、郷土ゆかりの洋画家の作品のほか、新見庄の歴史史料を収蔵。年6回程度展示替えあり。

新見美術館

中世新見庄の名主屋敷跡に建つ

新見美術館

住所
岡山県新見市西方361
交通
JR伯備線新見駅から徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
9:30~16:30(閉館17:00)
休業日
月曜、祝日の場合は翌日休特別展期間中は無休の場合あり、展示替え期間休、12月27日~翌1月4日休

新見千屋温泉 いぶきの里

自然に囲まれた温泉でリフレッシュ
全面ガラス張りの大浴場や露天風呂で、自然を満喫しながら入浴できる。千屋牛など地元食材が味わえるレストランも好評。

新見千屋温泉 いぶきの里

緑豊かな山々に囲まれた温泉宿泊施設

新見千屋温泉 いぶきの里

住所
岡山県新見市千屋花見1336-5
交通
JR伯備線新見駅から備北バス千屋温泉行きで48分、終点下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
イン15:00、アウト10:00
休業日
無休

阿新地区のアンテナショップで千屋牛を堪能!

和牛のルーツともいわれる新見の千屋牛を存分に味わおう。地元特産品も要チェック!

JAあしん広場

新見の特産品がずらり
千屋牛肉をはじめ、低温今ずり米「あしん源流米」、新鮮な野菜、そば加工品、手作りパンなど、新見市周辺の特産品が豊富にそろう。

JAあしん広場

千屋牛肉はおみやげにも最適

JAあしん広場

住所
岡山県新見市正田397-2
交通
JR伯備線新見駅から備北バス豊永行きで20分、今見下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
8:30~18:00(閉店)、レストランは11:00~21:00(閉店21:30)
休業日
火曜、祝日の場合は営業

焼肉 千屋牛

本場で味わう極上千屋牛
牧場直送のA4〜A5以上の千屋牛が焼き肉やステーキで楽しめる。リーズナブルに味わえる昼メニューも好評。

焼肉 千屋牛

A4〜A5ランクの最上級の部位が味わえる

焼肉 千屋牛

ランチメニュー(平日)の千屋牛丼500円

焼肉 千屋牛

住所
岡山県新見市正田397-2 JAあしん広場内
交通
JR伯備線新見駅から備北バス豊永行きで20分、今見下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~21:00(閉店21:30)
休業日
火曜、祝日の場合は営業
筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる岡山・倉敷 蒜山高原’18」です。掲載した内容は、2017年7〜10月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また、消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  > 
×