「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  >  【宮崎】地元っ子が愛してやまない県民食をチェック!

【宮崎】地元っ子が愛してやまない県民食をチェック!

【宮崎】地元っ子が愛してやまない県民食をチェック!

by mapple

更新日:2018年2月15日

王道グルメのほかに、郷土の味から今どきグルメまで知る人ぞ知るローカルフードがまだまだある。 地元っ子が気軽に食べている名物グルメはこちら!

レタス巻き

誕生のウラに友情ストーリーが!
一平寿しの初代が友人である作曲家、故平尾昌晃氏の野菜嫌いを治すために考案したもので、その後、口コミで全国に広まった。

県民親しみ度 ★★★★★
全国知名度  ★★★★

一平寿し

みずみずしい歯ざわりのレタス巻きの元祖
元祖レタス巻は葉が厚く甘みがあるレタスと、弾けるような食感の天然エビを酢飯といっしょにのりで巻く。中に入るレモン風味のマヨネーズは、毎朝職人がつくっている。

予算 昼1500円/夜2500円
  89(個室あり)
予約 可

一平寿し

創業は昭和41(1966)年

一平寿し

元祖レタス巻 1080円
シャキッとしたレタスとプリプリのエビの食感がよく、レモン風味のマヨネーズがさわやか

すし×マヨネーズ

誕生は昭和42(1967)年。当時、すしとマヨネーズの組み合わせは斬新だった

こちらもおすすめ

かに汁・・・594円
天ぷらセット・・・2268円

一平寿しの詳細情報


住所
宮崎県宮崎市松山1丁目8-8
交通
JR宮崎駅から宮崎交通上西中循環バスで11分、松山一丁目下車すぐ
営業期間
通年
営業時間
11:00~14:45(閉店15:00)、17:00~21:30(閉店22:00)
休業日
火曜、祝日の場合は営業GW・年末は振替休あり、1月1日休

辛麺

「やみつき」になるとウワサの激辛麺
昭和62(1987)年に、居酒屋のサイドメニューとして登場した新感覚麺。真っ赤なスープにコシの強いコンニャク風の麺が特徴。あとを引く辛さが人気の秘密。

県民親しみ度 ★★★★
全国知名度  ★★

辛麺屋 桝元宮崎中央通店

25倍のスーパー激辛にチャレンジ!!
延岡市に本店を構える辛麺発祥の店。独自のコンニャク麺は食物繊維を多く含み、ヘルシー。最後は余ったスープにごはんを入れておじやにして食べるのが通。辛さは小辛から25倍のスーパー激辛まで6段階から選ぶ。

予算 1000円
  33(個室なし)
予約 不可

辛麺屋 桝元宮崎中央通店

真っ赤な辛麺のスープのように、外観も真っ赤で目を引く

辛麺屋 桝元宮崎中央通店

辛麺 750円~
宮崎県産の合挽きミンチにたっぷりのニラとニンニクが入ったパンチのある一杯

ドバ~ッと唐辛子

唐辛子を大量に投入した真っ赤なスープは激辛ながら、ふわふわの卵のまろやかさがあとに残る

コンニャク麺

小麦粉とそば粉でつくった麺で、コンニャクのようにつるっとコシが強い

こちらもおすすめ

トマト辛麺・・・850円
豚なんこつ・・・550円
桝元特製餃子(5個入)・・・350円

辛麺屋 桝元 宮崎中央通店の詳細情報


住所
宮崎県宮崎市中央通8-29
交通
JR宮崎駅から宮崎交通宮交シティ方面行きバスで7分、橘通二丁目下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
18:00~翌3:30(閉店翌4:00)
休業日
無休

釜揚げうどん

やわらかい麺をつゆで食べる釜揚げスタイル
日向灘をはさんで四国に近い土地柄のせいか、宮崎には讃岐と同じく、「釜揚げ」を看板とするうどん屋が多い。ただし、麺は細めのやわらかめが宮崎流。

県民親しみ度 ★★★★★
全国知名度  ★★★

筆者:mapple

この記事の出典元は「まっぷる宮崎 高千穂 日南・霧島’18」です。掲載した内容は、2017年5~9月の取材・調査によるものです。飲食店メニュー、商品内容や料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×