コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  千葉【九十九里・白子・東金】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ

千葉【九十九里・白子・東金】人気おすすめスポット!見る、食べる、遊ぶ

by mapple

更新日:2018年1月15日

ここにも行きたい!

アクセス
鉄道
東京駅→東金駅
JR総武線快速+JR外房線+JR東金線(千葉駅または大網駅乗り換え)
約1時間15〜35分/1140円

バス
東京駅八重洲口前→東金駅入口
高速バスシーサイドライナーちばフラワーバス
約1時間5分/1550円


東金IC→東金駅
国道126号市道、県道119号
約12分/約6km

長生村観光協会主催無料観光地曳網 

みんなで協力して網を引こう 長生
無料参加できる地曳網の体験。当日整理券が配布され、300人ほどが参加する。あじやいわし、さばなど獲れた魚は持ち帰ることができる。

海水浴場の開設期間に実施。開始前に整理券が配布される

浪切不動院 

本堂と自然の美しい調和 山武
まだ海が本堂の真下に迫っていた頃、波を切っていた岩の上に建てられ、江戸時代には漁業関係者のあつい信仰を受けた。見どころは美しい花々や本堂、石塚山の奇岩など。

江戸時代初期の建立とされる本堂

飯高寺(飯高檀林跡)

かつての学問所の面影が残る 匝瑳
天正8(1580)年に設立された日蓮宗の最高学問機関。立正大学の前身であり、明治7(1874)年に廃檀するまで、多くの僧がここで学んだ。講堂、鐘楼、鼓楼、総門の4つの建物が国指定重要文化財で、一般公開されている。

修復工事ののち、講堂は見事な姿によみがえった

お食事処 やなぎや 

新鮮な地元の海の幸を心ゆくまで 九十九里
天然の焼きはまぐりをはじめ、いわしのゴマ漬け(冬季限定)やナガラミという巻貝の塩茹でなど、料理はどれも九十九里ならではのもの。はまぐりはもちろん、さざえやエビ、いかなどさまざまな魚介が網焼きで食べられる。
予算の目安 1000円~

天然焼きハマグリ1500~1800円は、網焼きにして、焼きたてのアツアツをいただける

いわしの大輪 

オリジナルのいわし料理を味わえる 九十九里
子供の頃から九十九里のいわしやあじのなめろうなどを食べて育ったという女将が営む。各種いわし料理のほか、地元野菜を使用したオリジナル料理も並ぶ。いわしピザ980円がおすすめ。
予算の目安 昼980円~ 夜1500円~

農家を味わう店ポラーノ広場 

自家製パンが評判の農家レストラン 東金
周辺にはのどかな田園風景が広がり、軒先では地元で採れた野菜を販売する農家経営の店。店内には、焼きたての天然酵母のパンが20種類ほど並び、自家栽培野菜や発芽玄米のご飯など、自然の恵みを感じるメニューが楽しめる。
予算の目安 525円~

毎日焼きたての、天然酵母と地麦、国産小麦のパンも販売

アンティークな雰囲気の店内

おまかせおかずセット648円。内容は日替わり

らぁ麺三軒屋 茂原店 

豚バラモリモリ、野菜もたっぷり 茂原
豚バラ肉が器いっぱいにのったもばらーめん発祥の店。スープによく合うがっつり豚バラ肉は、一段増でプラス100円。平日でも並ぶのは必至で、リピーターも多く、一日に2回来る人もいるとか。
予算の目安 昼夜650円~

もばらーめん690円。中太麺の上に、茂原で採れた野菜とたっぷりの豚バラ肉がのったとんこつラーメン

凜太郎 

見た目も美しいおしゃれなジェラート 旭
古民家を利用したジェラート専門店。素材のおいしさを引き出したジェラートを楽しめる。オリジナルの焼きたてワッフルコーンも評判。
予算の目安 500円~

常時約20種並ぶジェラートはダブルで500円

Sghr café(エスジーエイチアール カフェ)

ガラスの器で味わうこだわり料理 九十九里
職人ハンドメイドのガラス製品が国内外で高い評価を得ているSghrスガハラの直営カフェ。メニューはすべてガラスの器で提供。同じ敷地内にはショップや見学可能な工房もある。
予算の目安 918円~

建物の3面をテラスで囲んだ明るくナチュラルな雰囲気の店

稲花酒造 

長い歴史をもつ醸造元 一宮
文政年間(1818〜1830年)にはすでに酒造業を営み、伝統の技を継承。手仕事で、酒本来のおいしさを追求した酒造りを行なう。

特別純米酒 無濾過原酒絆(720㎖) 1512円

寒菊銘醸Country Beer & Cafe 

九十九里の地ビールを飲もう 山武
蔵元が醸造している地酒と地ビールを味わえる直営店。売店での購入や配送も可能。

九十九里オーシャンビール1本400円

白子流ブイヤベース

白子町のご当地グルメは魚介スープ料理!!
白子町特産のトマト、玉ねぎ、青魚のつみれを使ったブイヤベースで、鍋のほか洋食や麺料理も味わえる。

漁夫料理 まるしち 

トマトと和風だしが相性抜群の鍋
約25年続く、銚子で水揚げされた魚介を扱う漁師料理の店。鮮度自慢の刺身(時価)は必食だ。鍋は事前予約が必要。
予算の目安 4000円~

白子流ブイヤベース鍋2000円(2人〜注文可、前日までに要予約)。旬の具材をたっぷり使った田舎風鍋。食べる直前にすりおろしたトマトを入れる演出が話題に具材は季節によって変わります。冬にはカキが入ることも

四川海鮮中華 大幸 

麺との調和もばっちりのスープ
四川料理を主体とした本格的中国料理店。四川担々麺920円、陳麻婆丼900円、いかの塩味炒め1410円などもおすすめ。
予算の目安 昼1000円~ 夜1500円~

白子流ブイヤベース麺1080円。ブイヤベースを食べやすく中華風にアレンジ

洋食屋 かわごえ 

シメはリゾットで違った味わいに
手ごろな値段でレベルの高い洋食を提供する店。牛肉には特にこだわりがあり、1日10食限定の石焼ステーキ丼なども人気。
予算の目安 昼夜1000円~

筆者:mapple

まっぷる千葉・房総’18

発売日:2017年11月07日

Amazonで購入する

この記事の出展元は「まっぷる千葉・房総’18」です。掲載している内容は、2017年7~10月の取材・調査によるものです。取材・調査後に、飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できなかったりする場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される可能性があります。ご利用の際には、改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  > 
 >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

オススメの記事

×
×