>  >  >  >  >  【斑尾・黒姫・野尻】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【斑尾・黒姫・野尻】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

【斑尾・黒姫・野尻】で人気!おすすめの観光・グルメスポット

斑尾は四季を通じてアクティビティが楽しめる自然豊かなエリア。黒姫はそばの産地として有名だ。

アクセス

[電車]
東京駅
⇩ JR北陸新幹線 ●1時間20分 ●8200円
長野駅
⇩ しなの鉄道 ●約30分 ●480円
黒姫駅

[車]
上信越自動車道信濃町IC
⇩ 18号線 ●約2km ●4分
黒姫駅

[問い合わせ]
信濃町観光協会 026-255-3226
飯綱町産業観光課商工観光係 026-253-4765
信州なかの観光協会 0269-23-2211

野尻湖

水上スポーツのメッカ
県内第2位の面積の湖。水深は最深38.5m。形が芙蓉の花に似ていることから、「芙蓉湖」の別名もある。遊覧船やカヌー、ヨットなどさまざまな水上レジャーを楽しむ客で賑わう。

野尻湖

北信五岳の山々に囲まれた湖

野尻湖

ナウマンゾウの化石が出土する湖として知られる

野尻湖

住所
長野県信濃町野尻
交通
しなの鉄道北しなの線黒姫駅から長電バス野尻湖行きで15分、終点下車すぐ
営業期間
通年(遊覧船は4月中旬~11月中旬)
営業時間
遊覧船は8:30~17:00(夏期は延長あり)
休業日
遊覧船は期間中無休
料金
乗船料(遊覧船、雅)=1600円(1等)、1100円(2等)/

斑尾高原絵本美術館

夢をテーマに企画展を開催
『リサとガスパール』や『スノーマン』など、欧米の絵本の原画や資料を企画展で紹介。鑑賞後には飲み物のサービスがある。

斑尾高原絵本美術館

絵本に出てくる木や鉄を使ったオブジェも展示

斑尾高原絵本美術館

住所
長野県飯山市斑尾高原11492-224
交通
JR北陸新幹線飯山駅から飯山市コミュニティバス斑尾高原行きで25分、斑尾高原ホテル下車、徒歩5分
営業期間
通年
営業時間
9:30~17:30(閉館18:00、時期により異なる)
休業日
火曜、祝日の場合は翌日休、8月は無休、要問合せ(GWは開館)
料金
小学生以上(飲み物代込み)700円、小学生未満無料

サンデープラニング・アウトドアスクール

野尻湖でカヌーに挑戦
野尻湖でカヌースクールを開催。カヌーはカヤックとカナディアンの2タイプあるのでどちらか選択を。川下りもできる2日間コースもある。

サンデープラニング・アウトドアスクール

2人乗りのカヤックもあるので家族で楽しめる

サンデープラニング アウトドアスクール

住所
長野県信濃町野尻379-2
交通
しなの鉄道北しなの線黒姫駅から長電バス野尻湖行きで12分、終点下車、徒歩10分
営業期間
通年
営業時間
8:00~21:00(閉店)
休業日
不定休(GW・盆時期・年末年始は営業)
料金
カヤックレッスン半日(用具レンタル込)=5500円/ラフティング=9000円/歩くスキー・スノーシューハイキング=6500円~/山菜採り・きのこ狩りハイキング=7000円~/(各用具レンタル、保険料込)

坂本屋

屋形船でワカサギ釣りを楽しむ
野尻湖でワカサギ釣りができる屋形船。船内は暖かく、のんびりと釣りを楽しめる。シーズンは11月からで、産卵期にあたる2~3月が最盛期。

坂本屋

女性や初心者でも安心して釣りを楽しめる

坂本屋

住所
長野県信濃町野尻55-2
交通
しなの鉄道北しなの線黒姫駅から長電バス熊坂行きで9分、野尻湖入口下車、徒歩14分
営業期間
11~翌4月第1日曜
営業時間
8:00~15:00(閉店)
休業日
期間中無休
料金
乗合=3700円(1名)/釣り券=700円/貸釣具一式=900円/
筆者:まっぷるマガジン

観光情報を観光地ごとに紹介する雑誌スタイルの旅行ガイドブック「まっぷるマガジン」。その取材スタッフや編集者が足で集めた「遊ぶ」「食べる」「買う」「見る」「泊る」のおすすめ情報をご紹介しています。

この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

この記事に関連するタグ

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
×