トップ > 関西 > 京都 > 

京都文化の新展開!~老舗の伝統から一歩進んだ京都の今~

STORE

更新日:2021年10月12日

この記事をシェアしよう!

京都文化の新展開!~老舗の伝統から一歩進んだ京都の今~

創業から数百年以上変わらないという老舗がそこかしこにある京都。
京都旅に歴史と伝統など、京都文化を求める人も多いと思います。

しかしながら、大切なものは守りつつも進化を続ける姿もまた京都のすばらしさでもあります。
そんな「京都の今」を感じる京都文化の新展開を探してみると、こんなにたくさんあるんです。
お寺や和菓子、扇子やお香・・・・・・京都の伝統と聞けばまず頭に浮かぶような京都文化から生まれる新展開の数々に驚くのではないでしょうか。

京都文化の新展開その① 老舗の新展開~おしゃれカフェから今どきショップ、ファッションブランドまで

長く愛されてきた老舗がリニューアルしていたり、気になる店ができたと思ったら、実は老舗の新展開だった、という話題も耳にすることが多くなりました。

また、進化した抹茶メニューや斬新なデザインの扇など、培ってきた伝統を生かしつつもトレンドを意識したデザインや商品構成が話題を集めています。

ムーブメントの一端を担う立役者が老舗の挑戦というのは、ある意味とても京都らしいのではないでしょうか。京都の旬に潜む老舗の心意気を感じる旅もおもしろいので、旅のテーマに組み込んでみてください。

京都文化:老舗の新展開 笹屋伊織 別邸~老舗和菓子店のカフェ展開~

京都文化:老舗の新展開 笹屋伊織 別邸~老舗和菓子店のカフェ展開~

和菓子の材料を使った新スタイルのフードメニュー

和とモダンが調和するカフェ。桜餅に使う道明寺を使ったリゾットや最旬スイーツのダルゴナ抹茶かき氷など、新スタイルのフードが並びます。笹屋伊織の味を、余すところなく楽しめる和のアフタヌーンティーもおすすめです。

歴史とモダン

1716(享保元)年創業、京都御所や神社仏閣、茶道関係へ和菓子を納めてきました。十代目となる現在、和菓子の持つ物語を未来へ伝えたいと新展開のカフェをオープン。

笹屋伊織 別邸
ささやいおりべってい

電話:075-322-8078
休業日:不定休{2630}10:00~18:00(フードはL.O.17:00)
所在地:京都市下京区朱雀堂ノ口町20-4 ホテルエミオン京都1階
交通:JR・梅小路京都西駅からすぐ
駐車場:なし

京都文化:老舗の新展開 笹屋伊織 別邸~老舗和菓子店のカフェ展開~
京都文化:老舗の新展開 笹屋伊織 別邸~老舗和菓子店のカフェ展開~

京都文化:老舗の新展開 鳩居堂~老舗文具店が106年ぶりリニューアル~

京都文化:老舗の新展開 鳩居堂~老舗文具店が106年ぶりリニューアル~

木材のデザイン効果が洗練を生む天井の高い開放的な空間

1663(寛文3)年創業の香と書画・文具を扱う鳩居堂がリニューアル。2階建てだった建物を吹き抜けに、店舗奥には庭を配するなど、ゆったりと買い物が楽しめる空間です。旧店の什器を使用するなど、老舗の雰囲気を壊すことなく、デザイン性の高いシックな印象となっています。

歴史とモダン

350年以上同じ地で商いを続け、今回の建て替えは106年ぶり。リニューアルに伴う新商品には、ディズニーとのコラボと共になじみ深い「向かい鳩」も登場しています。

京都文化:老舗の新展開 鳩居堂~老舗文具店が106年ぶりリニューアル~
京都文化:老舗の新展開 鳩居堂~老舗文具店が106年ぶりリニューアル~

鳩居堂

住所
京都府京都市中京区寺町通姉小路角下本能寺前町520
交通
地下鉄京都市役所前駅から徒歩5分
料金
硬貨入れ=702円、486円/豆折本=各324円/ひとこと銀流=302円/ひとこと木立=302円/ひと絵ひと筆=356円/ことの葉彩り=378円/花の文香=324円/香炉=3000円前後~/お香=432円~/匂い袋=324円~/

京都文化:老舗の新展開 バナナとイエロう~老舗扇店が展開するファッションブランド~

京都文化:老舗の新展開 バナナとイエロう~老舗扇店が展開するファッションブランド~

ずっと持っていたくなるアーティスティックな扇子

和装の必需品として、日本舞踊などの日本文化に欠かせない存在として愛用されてきた扇子。伝統の技術に裏打ちされた確かな品質を土台に、アバンギャルドなデザインを施し、ファッションアイテムとして昇華させています。

歴史とモダン

1823(文政6)年創業の京扇子の老舗「宮脇賣扇庵」によるファッションブランド。様々なアーティストとコラボレーションして、革新的なデザインを発信しています。

バナナとイエロう

電話:075-213-0877
休業日:水曜
営業時間:11:00~18:00
所在地:京都市中京区六角通富小路東入ル大黒町80-3
交通:阪急・京都河原町駅、地下鉄・京都市役所前駅から徒歩5分
駐車場:なし

京都文化:老舗の新展開 バナナとイエロう~老舗扇店が展開するファッションブランド~
京都文化:老舗の新展開 バナナとイエロう~老舗扇店が展開するファッションブランド~

京都文化:老舗の新展開 モトイギョーザ~フレンチレストラン→餃子店~

京都文化:老舗の新展開 モトイギョーザ~フレンチレストラン→餃子店~

星付きレストランのシェフが作るオリジナルギョーザ専門店

シェフが娘のために作った「パパ餃子」。しかし、そのおいしさは子ども用のものではなく、大人がお酒とともに楽しめる逸品です。パクチーが香る、パリッとした羽根つき餃子で、オリーブオイルと仏産の塩でいただく。

歴史とモダン

ミシュランの星付きレストラン「レストラン モトイ」のシェフが、休みの日にしか会えない娘のために作った餃子。通販で好評を呼び、専門店をオープンするまでに。

モトイギョーザ

電話:075-212-9896
休業日:月曜
営業時間:11:00~20:30(L.O.20:00)
所在地:京都市中京区柳馬場錦小路下ル瀬戸屋町470-2
交通:地下鉄・四条駅から徒歩5分
駐車場:なし

京都文化の新展開その② お寺の試み~ホテルからグッズ展開まで!

京都文化の新展開その② お寺の試み~ホテルからグッズ展開まで!

京都の歴史を象徴する神社仏閣。しかし、かつてお寺は仏教と共にもたらされる最新文化が花開く前衛的な場所でした。そして、お寺と神社は、今も昔も人が集まりコミュニケーションが生まれる場所でもあります。そんな背景を考えると、様々な試みがなされるのは当然なのかもしれません。境内カフェや朝活などを行うところも増えてきて、参拝だけではない寺社の魅力が広く知られるようになってきました。ぜひ、参拝のもうひとつの目的としてみて。

京都文化の新展開:お寺の試み 三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺~浄土宗寺院とシティホテルの融合~

 京都文化の新展開:お寺の試み 三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺~浄土宗寺院とシティホテルの融合~

寺院とホテルが一体化余白の美を表現した空間に

伝統ある寺院とホテルが融合。四十八基の燈籠や欄間を活用しつつ、現代的にデザインされた本堂。寺の趣を残しながら、墨色が印象的なロビーや、余計なものをそぎ落とし、余白の美を追求した客室など、非日常を感じる空間となっています。

歴史とモダン

承安年間(1171~1175)に平重盛が邸内に建てた御堂に由縁し、正式名称は多聞山鐙籠堂 浄教寺。老朽化による伽藍再建をホテルとの共同事業というかたちで実現させました。

 京都文化の新展開:お寺の試み 三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺~浄土宗寺院とシティホテルの融合~

三井ガーデンホテル京都河原町浄教寺

住所
京都府京都市下京区寺町通四条下ル貞安前之町620

京都文化の新展開:お寺の試み 柳谷観音 楊谷寺~花手水~

 京都文化の新展開:お寺の試み 柳谷観音 楊谷寺~花手水~

花手水を広めた寺は御朱印もカラフル

眼病にご利益があるとされる十一面千手千眼観世音菩薩が祀られています。手水舎、手水鉢に四季折々のカラフルな花を浮かべる花手水で有名ですね。あじさいの名所としても知られ、毎年6月のあじさいウィークには限定の御朱印が授与されます。

 京都文化の新展開:お寺の試み 柳谷観音 楊谷寺~花手水~
 京都文化の新展開:お寺の試み 柳谷観音 楊谷寺~花手水~

柳谷観音 楊谷寺

住所
京都府長岡京市浄土谷堂ノ谷2
交通
阪急京都線長岡天神駅からタクシーで15分
料金
志納料/500円

京都文化の新展開:お寺の試み デザインがかわいい寺グッズ③~金戒光明寺~

 京都文化の新展開:お寺の試み デザインがかわいい寺グッズ③~金戒光明寺~

金戒光明寺のアフロ金平糖
修行に没頭している間に伸びた螺髪がアフロヘアのようだと話題の五劫思惟阿弥陀仏がモチーフ

くろ谷 金戒光明寺

住所
京都府京都市左京区黒谷町121
交通
JR京都駅から市バス100系統銀閣寺行きで30分、岡崎道下車、徒歩10分
料金
庭園特別拝観(秋)=大人1000円、小人500円/山門特別拝観(秋、山門のみは無し)=共通大人1600円、小人800円/(特別拝観時障がい者割引あり)

京都文化の新展開:お寺の試み デザインがかわいい寺グッズ④~建仁寺~

 京都文化の新展開:お寺の試み デザインがかわいい寺グッズ④~建仁寺~

建仁寺の風神雷神のマグネット
複製が展示されている国宝風神雷神図から飛び出したかのような、躍動感あふれるマグネット

建仁寺

住所
京都府京都市東山区京都府京都市東山区大和大路通四条下ル小松町584
交通
JR京都駅前からバスで約15分、清水道下車。清水道から徒歩約3分
料金
拝観料=大人600円/(障がい者手帳持参で本人のみ拝観料無料)

京都文化の新展開:お寺の試み デザインがかわいい寺グッズ⑤~平等院~

 京都文化の新展開:お寺の試み デザインがかわいい寺グッズ⑤~平等院~

平等院の雲中ブックマーカー
雲中菩薩がゆるいイラストとなって登場。左は笙を持つ南21号菩薩、右は踊る北10号菩薩

平等院

住所
京都府宇治市宇治蓮華116
交通
京阪宇治線宇治駅から徒歩10分
料金
拝観料(庭園+平等院ミュージアム鳳翔館)=大人600円、中・高校生400円、小学生300円/鳳凰堂内拝観料=300円/(25名以上の団体は大人500円、中・高校生300円、小学生200円、鳳凰堂内拝観料別途300円、障がい者手帳持参で本人と介護者1名拝観料半額)

京都文化の新展開:お寺の試み デザインがかわいい寺グッズ⑥~壬生寺~

 京都文化の新展開:お寺の試み デザインがかわいい寺グッズ⑥~壬生寺~

壬生寺のマスキングテープ 1セット(2巻)
新選組の羽織や隊士たちのイラストをモチーフにしたマスキングテープが2巻セットになっています

壬生寺

住所
京都府京都市中京区壬生梛ノ宮町31
交通
阪急京都線大宮駅から徒歩10分
料金
壬生塚・歴史資料室=大人200円、小・中・高校生100円/

京都文化の新展開その③ お茶モダンスペック~スイーツはもちろんワイングラスでおしゃれにいただくカフェまで

京都文化の新展開その③ お茶モダンスペック~スイーツはもちろんワイングラスでおしゃれにいただくカフェまで

日本を代表するお茶のふるさとでもある京都。茶道はもちろん、気軽にお茶を喫する文化に親しんできました。お寺や神社の境内でいただく抹茶やスイーツなど、楽しみ方は様々ですが、お茶専門のカフェも増えています。カウンターで点てた抹茶を使ったドリンクや、生産地の違いを感じられる飲み比べなど、お茶を味わうことへのハードルは下げつつ、おいしいお茶への強いこだわりは持っている。そんな新しいスタイルの店で、お茶の世界へ気軽に一歩踏み出してみて。

京都文化の新展開:お茶モダンスペック① 間

京都文化の新展開:お茶モダンスペック① 間

ずらりと並ぶ約100種のお茶から学ぶ愉しさと選ぶ楽しさを知る

現役デザイナーがデザインする、お茶を通じた喫茶、食事、文化・工芸アート体験、と様々な顔を持つ日本茶空間。喫茶では、抹茶、和茶、和製中国茶、和紅茶など日本各地から厳選した茶葉を、産地や特徴などの説明を聞きながらお好みで選ぶことができます。


電話:075-748-6198
休業日:水曜
営業時間:11:00~17:00
所在地:京都市南区西九条比永城町59
交通:近鉄・東寺駅から徒歩5分
駐車場:なし

京都文化の新展開:お茶モダンスペック① 間
京都文化の新展開:お茶モダンスペック① 間

京都文化の新展開:お茶モダンスペック② 茶房藤花

京都文化の新展開:お茶モダンスペック② 茶房藤花

茶葉に適した淹れ方で旨みがふくよかに広がる

平等院内にある宇治茶専門茶寮。日本茶インストラクターが茶葉選びから湯温管理、抽出方法までこだわる一杯は、口に含んだ瞬間から旨みが広がります。抹茶、煎茶、玉露、それぞれに冷茶が用意されているのもうれしい。

茶房藤花

住所
京都府宇治市宇治蓮華116平等院内
交通
京阪宇治線宇治駅から徒歩10分
料金
宇治の抹茶と干菓子=550円/

京都文化の新展開:お茶モダンスペック③ 八十八良葉舎

京都文化の新展開:お茶モダンスペック③ 八十八良葉舎

こだわりがぎゅっと詰まった小さな日本茶スタンド

車折神社駅近くの2坪ほどの抹茶スタンド。抹茶は店内の石臼で細かく挽かれ、しっかりと感じられる香りと旨み、なめらかな舌ざわりが特徴です。抹茶ラテは零・壱・弐・参の4種類あり、それぞれ違う茶葉の味わいが楽しめます。

八十八良葉舎

住所
京都府京都市右京区嵯峨朝日町22-66

京都文化の新展開:お茶モダンスペック④ YUGEN

京都文化の新展開:お茶モダンスペック④ YUGEN

産地から生産方法までこだわった日本茶を気軽に

京都の宇治や城陽、和束などを中心に厳選した、上質な日本茶が気軽に楽しめると話題。茶碗が選べる抹茶や煎茶、お茶とミルクの2層仕立てが美しいラテなどがメニューに並んでいます。オリジナルの抹茶や茶道具なども販売されています。

YUGEN

住所
京都府京都市下京区仏光寺通寺町西入ル大黒町266-2

京都文化の新展開その④ べっぴんスイーツ~トレンドスイーツから変わらぬ人気の門前菓子まで

京都文化の新展開その④ べっぴんスイーツ~トレンドスイーツから変わらぬ人気の門前菓子まで

京都の美意識を反映したかのような、美しいスイーツが次々と生まれています。ここでは、四季を感じる素材や色使い、デコレーションなど、他とは一線を画す独創性に惹かれて多くの人が訪れる話題の品をご紹介。

また、トレンドを映す旬なスイーツとは対極にありながら、時を経ても衰えない人気を誇る門前菓子もぜひ味わって欲しい一品です。

お参りの際には必ず立ち寄るという人も多く、思い出の味になっているそう。誰もが心が躍るスイーツを味わう至福の時間に、歴史の長さは関係ありません。

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ① ウサギノネドコ京都店

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ① ウサギノネドコ京都店
ラピスラズリのオペラ 980円 バタフライピーという植物の色素で鮮やかなブルーを表現。スタンダードと黒ゴマの2種の味が楽しめる。※1日限定5食

自然の造形美をテーマにした鉱物がモチーフのスイーツを提供

鉱物標本や植物標本などがギャラリーのように飾られたカフェ。自然が生み出す造形の不思議な美しさに魅了されてしまいます。鉱物をモチーフに、キラキラとした輝きを放つパフェや、美しい色あいを再現したケーキなどが評判です。

ウサギノネドコ京都店
ウサギノネドコきょうとてん

電話:075-366-6668
休業日:木曜
営業時間:11:30~19:00(L.O.18:00)
所在地:京都市中京区西ノ京南原町37
交通:地下鉄・西大路御池駅から徒歩3分
駐車場:あり

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ① ウサギノネドコ京都店

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ② FUKUNAGA901

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ② FUKUNAGA901
ますかっとやま(9~11月限定)2000円 国産のシャインマスカットをほぼひと房使用。柚子のジュレや自家製ヨーグルトアイスを忍ばせて

フルーツの〝やま″が出現!とっておきのご褒美デザート

パフェが人気の洋食店の2号店。「いちごやま」「さくらんぼやま」など、〝やま″シリーズと呼ばれる季節のフルーツたっぷりのパフェやスイーツがメイン。オリジナルブレンドのハーブティーやフードも人気です。

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ② FUKUNAGA901

fukunaga901

住所
京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901京都駅ビル内 8階

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ③ The Unir coffee senses

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ③ The Unir coffee senses
美しいものとかわいいものにあふれるケーキ重1950円 14時から1日5食限定で、内容は季節によって変動あり

玉手箱のようなスイーツをスペシャルティコーヒーと共に

世界中から高品質な珈琲豆を買い付け、焙煎や抽出にもこだわるスペシャルティコーヒーの店。コーヒーはもちろん、スイーツやフードにも力を入れた旗艦店としてオープンしました。限定のサンドイッチ重やケーキ重も大人気。

京都文化の新展開:べっぴんスイーツ③ The Unir coffee senses

京都文化:有名社寺の門前菓子

お寺や神社のそばに店を構え、参拝者が気軽に立ち寄って味わえる門前菓子。社寺の逸話やご利益にあやかったものもあり、由来を知るのも楽しみのひとつ。

京都の有名社寺の門前菓子① 一文字屋和輔

京都の有名社寺の門前菓子① 一文字屋和輔

名物 阿ぶり餅
一人前 500円、持ち帰りは三人前1500円より

一文字屋 和輔

住所
京都府京都市北区紫野今宮町69
交通
阪急京都線京都河原町駅から市バス46系統上賀茂神社前行きで35分、今宮神社前下車すぐ
料金
あぶり餅=500円/お土産(3人前)=1500円~/

京都の有名社寺の門前菓子② 粟餅所・澤屋

京都の有名社寺の門前菓子② 粟餅所・澤屋

紅梅
500円、持ち帰りは5個入り650円から

粟餅所・澤屋

住所
京都府京都市上京区北野天満宮前西入ル南側紙屋川町838-7
交通
JR京都駅から市バス50系統立命館大学前行きで35分、北野天満宮前下車すぐ
料金
粟餅・白梅(1皿、5個)=600円/粟餅・紅梅(1皿、3個)=450円/抹茶付(追加料金)=300円/粟餅(持ち帰り用5個~)=600円~/

京都の有名社寺の門前菓子③ 長五郎餅本舗

京都の有名社寺の門前菓子③ 長五郎餅本舗

長五郎餅と抹茶のセット
570円、持ち帰りは6個入980円から

長五郎餅本舗

住所
京都府京都市上京区一条通七本松西入ル
交通
JR京都駅から市バス50系統立命館大学前行きで30分、北野天満宮前下車、徒歩5分
料金
長五郎餅=129円(1個)/煎茶セット=380円/抹茶セット=540円/

京都の有名社寺の門前菓子④ 神馬堂

京都の有名社寺の門前菓子④ 神馬堂

やきもち
1個130円、持ち帰りの箱入りは10個から

神馬堂

住所
京都府京都市北区上賀茂御薗口町4
交通
JR京都駅から市バス9系統西賀茂車庫前行きで40分、上賀茂御薗橋下車、徒歩3分
料金
やきもち(要予約)=130円/

京都の有名社寺の門前菓子⑤ 加茂みたらし茶屋

京都の有名社寺の門前菓子⑤ 加茂みたらし茶屋

みたらし団子
3本450円(お茶付き)、持ち帰りは5本入650円から

加茂みたらし茶屋

住所
京都府京都市左京区下鴨松ノ木町53
交通
JR京都駅から市バス205系統四条河原町北大路バスターミナル行きで30分、下鴨神社前下車すぐ
料金
みたらし団子(3本、お茶付)=450円/加茂みたらし(3本)=450円/わらび餅(お茶付)=600円/ところ天(お茶付)=550円/ぜんざい=1000円/いそ巻=700円/みたらし団子持ち帰り(5本)=650円~/

京都文化の新展開その⑤ 発酵料理専門店が増加中~甘酒を使ったスイーツから発酵素材のランチまで~

味噌や醤油、納豆など、日本人にとって古くからなじみの深い発酵食品。近年では塩麹の流行や甘酒が飲む点滴と呼ばれるなど、美容と健康に良い発酵食品への注目が集まっています。

そんな中、様々な発酵食品を使った専門店が続々とオープン。メニューのバリエーションも、見た目の美しさも兼ね備えた新たなジャンルから目が離せませんね。まずは店舗で味わって、気に入ったものを購入し、普段の食事に継続して取り入れるのがおすすめ。

京都文化の新展開:発酵料理専門店① 漬×麹 Haccomachi

京都文化の新展開:発酵料理専門店① 漬×麹 Haccomachi
発酵アフタヌーンティー 一名3500円(11:00~15:00/2時間制)塩麴を練り込んだシュークリームや発酵バターフィナンシェなどスイーツと発酵の組み合わせを楽しめる。前日17時までに要予約、写真は2名分

朝食からディナーまで発酵メニューでおいしくキレイに!

食事やスイーツ、ドリンクで発酵食品の新たなる魅力を提案。店内仕立ての甘酒を筆頭に、「澤井醤油本店」や酒造「北川本家」、京納豆の「藤原食品」など、京都生まれの発酵食品が並ぶ料理はどれも華やかで食べ応えばっちり。

歴史とモダン

京都の西京漬専門店「京都一の傳」が培ってきた技術を生かし、〝発酵に出会う、発酵を楽しむ〝をテーマにした新しい発酵専門ブランド「Haccomachi」が生まれました。

漬×麹 Haccomachi
つけかけるこうじハッコマチ

電話:075-256-8883
休業日:水・木曜(祝日の場合は営業)
営業日:8:00~10:00(L.O.9:30) 、11:00~17:00(L.O.16:30)
所在地:京都市中京区三条通柳馬場下ル桝屋町78-1
交通:地下鉄・烏丸御池駅から徒歩7分
駐車場:なし

京都文化の新展開:発酵料理専門店① 漬×麹 Haccomachi
京都文化の新展開:発酵料理専門店① 漬×麹 Haccomachi

京都文化の新展開:発酵料理専門店② 発酵食堂カモシカ

京都文化の新展開:発酵料理専門店② 発酵食堂カモシカ
発酵8種定食1400円麹納豆あんやへしこ、自家製ぬか漬け、梅ソースなど、味のバリエーションも豊かな定食

発酵の奥深さの入り口となるおいしくて栄養たっぷりのメニュー

おいしいうえに栄養たっぷり。そして、微生物の働きが作り出す不思議な世界。発酵食品に魅了された店主が営む食堂。定食の他にも丼やラーメン、生甘酒の飲み比べなど、発酵食品の幅広い可能性に出会えるメニューが揃います。

発酵食堂カモシカ
はっこうしょくどうカモシカ

電話:075-862-0106
休業日:日・月曜
営業時間:11:30~15:00(L.O.)、販売は~17:00
所在地:京都市右京区嵯峨天龍寺若宮町17-1
交通:JR・嵯峨嵐山駅から徒歩3分
駐車場:なし

京都文化の新展開:発酵料理専門店② 発酵食堂カモシカ
京都文化の新展開:発酵料理専門店② 発酵食堂カモシカ

京都文化の新展開:発酵料理専門店③ AMACO CAFE

京都文化の新展開:発酵料理専門店③ AMACO CAFE
AMACOドリンク400円~基本のドリンクにレモネードカクテルや人参カクテル、ぶどうカクテルを合わせて

発酵をおしゃれに楽しむアンテナショップ

「西利」の新ブランド「AMACO」、「発酵生活」のメニューを販売。AMACOとは、お米と麹菌で作った甘麹をさらにラブレ乳酸菌で発酵させたもの。その自然の甘みを活かして作られたパンやスイーツ、ドリンクが楽しめます。

京都文化の新展開:発酵料理専門店③ AMACO CAFE
京都文化の新展開:発酵料理専門店③ AMACO CAFE

AMACO CAFE

住所
京都府京都市中京区蛸薬師通河原町東入ル備前島町310-2立誠ガーデンヒューリック京都
筆者
STORE

国内・海外の旅行やおでかけに関係するメディアを、20年以上にわたって制作している編集プロダクションの「STORE」です。京都・大阪・神戸をはじめとした関西全域の取材・撮影に毎日飛び回っています。
スタッフはすべて女子なので、スイーツ、グルメ、雑貨、アウトドアなど、女子目線ならではのトレンド情報をキャッチするのが得意です。旅好き、グルメ好き、アウトドア好きを自称するスタッフの集合体。自分たちが楽しむためのホンネがあふれるレポートを、ぜひチェックしてみてくださいね♪

条件検索

エリア・ジャンルを指定してください