おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア|まっぷるトラベルガイド国内おでかけ情報満載!「まっぷる」の観光旅行メディア

×

 >  >  >  >  >  【長野・清里】おすすめフォトジェニックスポット!絶景に出会える旅!

【長野・清里】おすすめフォトジェニックスポット!絶景に出会える旅!

【長野・清里】おすすめフォトジェニックスポット!絶景に出会える旅!

by mapple

更新日:2018年6月23日

長野・清里エリアにはカメラに収めずにはいられない、絶景がいっぱい。雲海も星空も、二度と同じものには出会えない一期一会の出会い。そんな感動の瞬間を求めて、絶景旅に出かけよう!

SORA terrace

山ノ内町
長野盆地を見下ろす天空のテラス
北志賀高原の竜王ロープウェイで一気に山頂エリアへ。標高1770mの斜面に建つカフェレストラン併設のテラスからは、壮大な山岳景観と感動的な雲海が望める。空気が澄んだ山頂は夏でも18℃程度のため、防寒対策を忘れずに。(東京駅から2時間40分)

●雲海発生率が高い時間帯
6~8月は17~18時頃、9~11月は16時頃

SORA terrace

夕日が雲海に映しだす幻想的かつ奇跡の瞬間

SORA terrace

雲海を見下ろす絶景テラス

SORA terrace

世界最大級の166人乗りロープウェイ

SORA terraceのココがスゴイ!

●標高 1770m だから雲海がキレイに見える!
理由
雲海はすり鉢状の盆地地形の低空にとどまり、テラスはその上方のちょうどいい高さにある。

●雲海発生率は驚異の 63.5% !
理由
2017年の春から秋のグリーンシーズンの統計で、雲海発生率63.5%の高い数字を計測。

●早朝だけでなく、 夕方 も見られる!
理由
最も雲海が現れやすいのは夕方。山麓の気温が急降下する16時以降に出現しやすい。

SORA terraceの最新トピックス

SORA terrace cafeがNEWオープン!
かつてのスキー場レストランをラグジュアリーなカフェにリニューアル。こだわりのカフェメニューを楽しみながら雲の動きをチェック。

SORA terraceの最新トピックス

空をイメージしたスカイソーダ

SORA terraceの最新トピックス

マイルドな風味のSORA珈琲

SORA terraceの最新トピックス

雲海マシュマロはコーヒーに浮かべたい

編集部が実際に体験してきました!

編集部が実際に体験してきました!

8月末の18:07
太陽が傾いて地面が冷えるのが条件

編集部が実際に体験してきました!

18:09
風が弱いと発生した雲海が溜まっていく

編集部が実際に体験してきました!

空気中の水分が飽和状態となり雲海発生

編集部が実際に体験してきました!

18:11
雲海と空の雲との間に夕日がきらめく

SORA terraceの広報さんに発生条件を聞きました!

・曇った日ほどチャンス大!

・雨が降った日の翌朝や日中との気温差が激しい日も狙い目!

・SORA terrace cafeで雲海が発生するのを待つのも手!

ココへも行きたい!雲海スポット

美ヶ原高原

美ヶ原
標高2000m視界360度の展望所
山頂の王ヶ頭(2034m)に建つ王ヶ頭ホテルや、松本側にせり出した王ヶ鼻(2008m)などのビュースポットが点在。

●雲海発生率が高い時間帯
夜明け前から早朝。雲海の上に北アルプスや富士山が浮かび上がる。

美ヶ原高原

千畳敷カール

駒ヶ根
標高2612mの雲上の花園
中央アルプス宝剣岳直下にあるお椀状の谷。眼下に広がる雲海の彼方に雄大な富士山や南アルプスが連なる。

●雲海発生率が高い時間帯
早朝に発生して午前中に発達。気温の上昇と共に霧散していく。

千畳敷カール

天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー

阿智村
標高1400mで無数の星々を観賞
阿智村の富士見台高原ヘブンスそのはらスキー場の山頂を舞台にした、ロマンチックな星空観賞ツアー。阿智村は日本一美しい星空が自慢の里。標高1400m地点までゴンドラ遊覧を楽しみ、街の光が届かない山頂で星降る夜空に身を任せよう。(新宿駅から4時間50分)

天空の楽園 日本一の星空ナイトツアー

ツアー内容をチェック!

ヘブンスそのはらスキー場のゴンドラで山頂に向かおう
山麓駅を宇宙ステーション、ゴンドラを宇宙船に模して出発。標高1400mの山頂駅まで約15分の宇宙旅行。

ツアー内容をチェック!

カウントダウンで消灯
星空観賞エリアでは寝転んだり座ったり自由なスタイルで。消灯後に星空解説も始まる。防寒着は用意しよう。

山麓駅でおみやげ探し
おみやげ選びは山麓駅のSTAR SHOPがおすすめ。星や宇宙がモチーフのグッズや書籍が豊富に並んで楽しい。

周辺の最新インフォ

新観光拠点「ACHI BASE」がオープン!
レンタサイクルや観光案内、セレクトショップも備える。昼はランチ、夜は星空バーが楽しめる観光拠点施設。

ココへも行きたい!星空スポット

星空とおさんぽツアー

車山高原
星が瞬く高原で星座を探そう
プロジェクターによるプラネタリウムで星空解説を受けてから夜の車山高原へ。星に照らされた高原は神秘的。

清里テラス

清里
野辺山高原や富士山の大パノラマを満喫
屋外にフカフカのガーデンソファが置かれた、サンメドウズ清里の山頂にあるカフェ。目の前には野辺山高原を眼下に、遠く富士山まで望む大パノラマが広がる。テラスに吹き抜ける標高1900mの高原の風も爽やか。(新宿駅から2時間30分)

清里テラス

高原の風景に溶け込むオープンエアーの爽快感

フォトジェニックなスイーツもあります!

これもマストでしょう
ワッフルの上にブルーベリーなどの季節のフルーツを彩りよくトッピングしたスカイパフェ500円。

フォトジェニックなスイーツもあります!

車山高原

霧ヶ峰
キスゲに埋めつくされた風景が美しい
霧ヶ峰の最高峰・標高1925mの車山一帯は、ニッコウキスゲの群落がどこまでも広がる花の高原。7月の開花期は、なだらかな緑の草原が黄色い花々で埋め尽くされる。(新宿駅から3時間30分)

車山高原

大自然からの贈りものは高原に広がる夏のイエロー

立ち寄りインフォ

高原カフェでひと休み!ころぼっくるひゅって
霧ヶ峰散策の休憩スポットに便利な歴史ある山小屋。オープンテラスからは見渡す限りの大草原が広がる。

立ち寄りインフォ

大沼池(志賀高原)

山ノ内町
志賀山の山麓にたたずむ酸性の湖沼
志賀高原に点在する湖沼群の中で最大の湖。深い森と静けさに包まれ、強い酸性の湖水は見る位置によって色を変える。湖の中に立つ大蛇神社の赤い鳥居には、大蛇と領主の娘・黒姫の悲恋の伝説が息づく。 (東京駅から3時間50分)

大沼池(志賀高原)

神秘の魔法にかけられた山奥に眠る青き湖へ

裏志賀山から望むコバルトブルーの池

登った人だけのごほうび絶景
名前は池でも湖周約5㎞の立派な湖。標高2037mの裏志賀山へ登ると、コバルトブルーに輝く全景を俯瞰できる。

裏志賀山までの道のり案内
大沼池入口バス停から大沼池までなだらかな遊歩道を約90分。さらに裏志賀山の山頂まで急坂、岩場のある登山道を約90分。

裏志賀山から望むコバルトブルーの池

遠山郷 下栗の里

飯田市遠山郷
急勾配に建つ美しい秘境集落
南アルプスから延びる尾根の急斜面に、畑や民家が点在。標高800~1000m、集落内の最大斜度は38度。「日本のチロル」の別名でも知られ、郷愁誘う山里の原風景が現存する。(新宿駅から5時間50分)

遠山郷 下栗の里

ファンタジックな天空の山里を発見!

遠山郷 下栗の里
by PIXTA - ©Hiroko

里の全景が望める「天空の里ビューポイント」は集落から徒歩で約20分

松本市美術館

松本
郷土出身作家の名作に触れる
松本市出身の世界的アーティスト・草間彌生氏の独特の世界観に浸れる美術館。圧倒的な迫力の入口のオブジェ《幻の華》をはじめ、多彩な作品群は見ごたえたっぷり。水玉と色彩の洪水が感性を刺激してくれる。 (新宿駅から2時間45分)

松本市美術館

水玉に埋め尽くされる草間ワールドにときめく♪

松本市美術館

岡村一男記念展示室

松本市美術館

館内で草間彌生コレクションを鑑賞!

これこそ必見!
常設展示「草間彌生-魂のおきどころ」には、代表的なモチーフの一つのかぼちゃの作品など現在21点を展示。

館内で草間彌生コレクションを鑑賞!

白駒の池(苔の森)

佐久穂町
原生林に囲まれた標高2115mの天然湖
周囲を原生林に囲まれ、上方にある高見石からは湖と森の全貌が望める。森は青々とした苔が地面を覆う苔の宝庫。出かけるときはルーペを持参して苔を観察しよう。 (東京駅から3時間20分)

白駒の池(苔の森)

ルーペの奥に広がる天然のミニマルアート

白駒の池(苔の森)

森には485種類もの苔が生息する

筆者:mapple

まっぷる信州’19

発売日:2018年03月05日

Amazonで購入する
この記事の出典元は「まっぷる信州'19」です。掲載した内容は、2017年12月~2018年2月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  >  > 
 >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×