フリーワード検索

トップ > カルチャー > 

近世の文化、歴史、地理に関する記事

1〜10件を表示 / 全 148件

高島炭坑から始まった近代石炭産業~グラバーが日本にもたらした最新技術~

長崎港沖合に浮かぶ高島は、日本における石炭産業の礎。 トーマス・グラバーが導入した洋式採炭法は、その後全国に波及し、炭鉱生産力の向上に大きく貢献しました。...

大村藩士は戊辰戦争で活躍!薩長土に次ぐ功績をあげて倒幕に貢献した!

徳川時代に決別し新しい政府をつくることに邁進した倒幕派。 鳥羽・伏見の戦いに始まる戊辰戦争で、大村藩士は最新の武器を手に最前線で戦い勝利しました。...

坂本龍馬を襲った「いろは丸事件」の真実!町を巻き込んで勝利!?その巧みな戦術とは?

薩長同盟の立役者となった坂本龍馬は、長崎で亀山社中を興しました。 社中が購入、紹介した艦船や銃は倒幕の大きな力となりましたが、一方で船にまつわる事件も多く起こっています。...

長崎海軍伝習所における人材育成!近代化の鍵は優秀なオランダ教師団にあった!

開国を強く迫る米国などの要求に苦慮するなか、オランダは日本の将来の開国に向けてある提案をします。 それは海軍伝習所の開設による人材育成でした。...

高島秋帆と東京「高島平」の関係!長崎の天才砲術家の名がなぜ東京の地名に?

東京・板橋区に「高島平(たかしまだいら)」の地名があり、地下鉄の駅名にもなっています。 名前の由来は、じつは長崎出身の西洋砲術家・高島秋帆(しゅうはん)にあるといいます。...

出島生活の実態とは?オランダ人はビリヤード三昧だった!?

鎖国時代、ヨーロッパとの唯一の窓口だった出島。 出島でのオランダ人の生活は、実際どのようなものだったのでしょうか。 日本人との関わりなど知られざることも多くあります。...

潜伏キリシタンの信仰の工夫!異教徒に紛れ島や仏像を拝んでいた!?

禁教政策が敷かれた江戸時代、度重なる弾圧にもかかわらず、密かに信仰を続けた潜伏キリシタン。 その誕生の経緯と信仰のために編み出した独自の様式を解き明かします。...

長崎の歴史は貿易とともに発展!町人が主役の特異で特例だらけの複雑な自治組織とは?

江戸時代の長崎は特殊な町。 外国貿易で財をなした町人が力をつけ、自治組織により事実上、町を支配しました。 例外的な発展を見せた長崎の特殊性とは何だったのでしょうか。...

長崎街道の日見峠~シーボルトや吉田松陰も歩いた“西の箱根”の変遷

長崎陸路の表口となる日見(ひみ)峠は、街道随一の難所。徒歩移動から人力車や馬車、そして自動車へと、交通手段の変遷にともない、峠道もその姿を変えてきました。...

対馬の金田城は天然の要塞だった!~国防の最前線として築かれた古代の名城~

6世紀から7世紀にかけて、東アジアの勢力争いで中国を統一した唐は朝鮮半島に進出。 白村江(はくすきのえ)で大敗した倭国は、唐の進出に備えて対馬に金田城(かねだじょう)を築きました。...