>  >  新年最初のおでかけはここ! おすすめ初詣・初日の出スポット

新年最初のおでかけはここ! おすすめ初詣・初日の出スポット

犬吠埼灯台(千葉県)

関東最東端から太平洋に昇る初日の出を拝む

犬吠埼灯台(千葉県)

明治7(1874)年に英国人設計士によって建てられた西洋式灯台。関東最東端の犬吠埼は、山頂・離島を除き日本で一番早く初日の出を見ることができる。
雄大な太平洋の海原、岩礁に打ち砕ける荒々しい波と白亜の灯台がおりなす景観の中に初日の出が昇る様子は荘厳だ。人気のスポットで各地から大勢の人が訪れる。

所在地:千葉県銚子市犬吠埼9576

東京スカイツリー(R)(東京都)

世界一高い自立式電波塔から望む新年の眺望

東京スカイツリー(R)(東京都)

(C)TOKYO-SKYTREE

自立式電波塔として世界一の高さ(634m)を誇る東京スカイツリー(R)。元旦には890名限定で初日の出特別営業を行う(インターネット抽選など)。360度の眺望を誇る天望デッキでは、地平線の彼方から昇る初日の出が望める。
また、2019年は初日の出特別営業の当日にも限定50名の特別入場券を販売する。

所在地:東京都墨田区押上1-1-2

横浜マリンタワー(神奈川県)

横浜のシンボルから見る初日の出

横浜マリンタワー(神奈川県)

恋人の聖地としても人気の横浜のシンボル。高さ94mの展望フロアからは360度のパノラマビューを楽しめ、東の方角から昇る初日の出が見られる。初日の出の後は、1階「THE BUND」にて数量限定の豚汁がふるまわれる。温かい豚汁を味わった後は、元旦の横浜を散策しながら初詣に出かけてみては。

所在地:神奈川県横浜市中区山下町15

弥彦山(新潟県)

日本海と越後平野が一望できる、山岳信仰の霊峰で初日の出を観賞

弥彦山(新潟県)

写真提供:(一社)弥彦観光協会

古来より彌彦神社のご神体として崇められてきた標高634mの霊峰で、山頂には彌彦神社の御神廟が祀られている。
大晦日から元旦にかけては、年をまたいで初詣する「2年参り」の参拝客でにぎわう。弥彦山ロープウェイには運休時間があるため、初日の出を見に登山道を歩いて登る場合はしっかりとした防寒対策が必要だ。

所在地:新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦

三保松原(静岡県)

天女が舞い降りた伝説のある地の美しい日の出

三保松原(静岡県)

「新日本三景」「日本三大松原」の一つで、駿河湾から富士山に向かって突き出たような半島の海岸線一帯。この地からの美しい眺めが、世界文化遺産に登録された富士山の文化的・芸術的価値の構成資産に認められた。「羽衣の松」越しに昇る朝日が富士山を染めていく光景が美しい。

所在地:静岡県静岡市清水区三保

ハルカス300(展望台)(大阪府)

日本一高いビルから初日の出を望む

ハルカス300(展望台)(大阪府)

高さ300mのビル「あべのハルカス」の58~60階部分にある展望台。京都や六甲山系、関西国際空港などの眺めが楽しめる。
元旦は6:00から初日の出特別営業を実施予定。天候に恵まれれば、美しいご来光を望むことができる。ただし、完全事前予約制で人数限定なので注意。また、営業時間や内容の変更の場合あり。

所在地:大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス58階~60階

神戸ポートタワー(兵庫県)

神戸のシンボルタワーから初日の出を眺めよう

神戸ポートタワー(兵庫県)

高さ108m、32本の真っ赤なパイプが複雑に交差した鼓型タワー。360度の大パノラマを見渡せる神戸港のシンボル的存在だ。最上階の展望室や回転展望喫茶からは、東に大阪、西に淡路島、南に関西国際空港、北に六甲山の山並みが見渡せる。
元旦は6:30から営業しており、神戸を照らすご来光を楽しむことができる。

所在地:兵庫県神戸市中央区波止場町5-5

筆者:まっぷるトラベルガイド

まっぷるトラベルガイド編集部は、旅やおでかけが大好きな人間が集まっています。

皆様に旅やおでかけの楽しさ、その土地ならではの魅力をお伝えすることを目標に、スタッフ自らの体験や、旅のプロ・専門家への取材をもとにしたおすすめスポットや旅行プラン、旅行の予備知識など信頼できる情報を発信してまいります!

エリア

 >  > 
×