コツまでわかる国内観光旅行情報サイト|マップルトラベルガイドコツまでわかる国内観光旅行情報サイト

×

 >  >  >  >  >  >  函館グルメ【海鮮丼】函館朝市で味わうトレピチ鮮魚!

函館グルメ【海鮮丼】函館朝市で味わうトレピチ鮮魚!

by mapple

更新日:2018年6月3日

函館はイカをはじめとした海の幸が充実している街。なかでも函館朝市では、バラエティに富んだ海鮮丼が思いのほか手ごろな価格で満喫できる。

海鮮丼のキホン

函館をはじめとする北海道のさまざまな魚介を一度に味わえるのが海鮮丼。値段はネタの種類や数によって変わるが、目安は2000円前後。

海鮮丼の基本スタイル

函館の海鮮丼は白米の上に生の魚介をのせたものが多い。イクラやほたて、イカは定番のネタ。

海鮮丼の基本は三色丼

函館の海鮮丼の始まりは今から30年ほど前に「きくよ食堂」が作った巴丼だとされている。

ウニ
地ものを取り扱っていない店もあるので、こだわりがあれば確認を。
イクラ
多くの店が醤油漬け。各店舗で独自の味付けをしている。
ほたて
貝柱そのままが多いが、食べやすいようにスライスする店もある。

海鮮丼で味わえる道南の食材

イカ
旬 通年
6〜12月はスルメイカ、12〜5月はヤリイカが味わえる。
マグロ
旬 10〜12月
有名なのが函館市戸井地区で水揚げされるクロマグロ。
ほたて
旬 4〜7・11〜12月
噴火湾産は非常に大きいが、身がしっかり引き締まっている。
ウニ
旬 7〜8月
函館で味わえるのはバフンウニとムラサキウニの2種類。
アワビ
旬 12〜4月
北海道で獲れるエゾアワビは小型だが、味と歯ごたえはいい。
エビ
旬 3〜4・9〜11月
噴火湾産のボタンエビはプリッとした食感と甘さが特徴。

すずや食堂

味も見た目もインパクト大!
昭和27(1952)年に創業した水産会社「船岡商店」直営の食堂。海鮮丼以外に一品料理も充実。特にイカソーメン1620円はイカを2枚におろしてから細く切るという、職人の技が光る品だ。
コレもおすすめ
元祖朝市丼 2160円
ホッケ定食 1296円

広く清潔感あふれる店内。席数は100席以上もある

土方丼1944円
函館ゆかりの偉人・土方歳三をイメージして作った丼。“誠”という字はイカスミマヨネーズで書かれている。

味処 きくよ食堂 本店

ふっくらご飯の上にほたて、イクラ、ウニがたっぷり
昭和31(1956)年創業で、50年以上前、お客さんのひと言から生まれたウニ、イクラ、ほたてがのる巴丼発祥の店だ。ご飯にもこだわりがあり、炭火の蒸し釜戸で炊き上げたものを使う。
コレもおすすめ
うに・いくら丼 2052円〜
紅鮭親子丼1167円〜

黄色の看板が目印だ

巴丼 1599円~
特製のイクラ醤油漬、無添加の塩水生ウニ、ほたてがのる。昔ながらのファンに人気の丼。

一花亭 たびじ

活きがいいからできる函館らしいスペシャル丼
名物は生きたイカをまるごと1杯使用した「活いか踊り丼」。醤油をかけたときにイカの足が動く、ユニークな丼は、6~12月にはイカゴロが付く。カニクリームコロッケ680円やかにたっぷりグラタン680円など、自家製メニューもおすすめ。
コレもおすすめ
たびじのうに丼(うに大盛) 4800円
うに・かに・ぼたんえび丼2300円

少人数からグループまで、さまざまな客層に対応

活いか踊り丼 1890円
生けすから取り出した新鮮な活イカを使用。イカゴロは潰しながら身と一緒に食べるとおいしい。

味鮮 まえかわ

一人では食べきれない!驚きのメガサイズ丼
TVで放映され、一躍話題となった超特大丼・味鮮 ま・い・う~丼が名物。タレントの「石ちゃん」こと石塚英彦さんから、お墨付きをもらった丼だ。
コレもおすすめ
鮭トロ親子丼 1512円
朝イカ丼 1404円

スタッフのていねいな応対とアットホームな雰囲気がウリ

味鮮ま・い・う~丼 4536円
直径21cmもの大きさの器に、ご飯はなんと茶碗4膳分。グループでシェアして食べるのがいいかも。

まだまだあります!海鮮丼の人気店

朝市食堂 函館ぶっかけ

地元の水産会社「弥生水産」直営の食堂なので、食材はいつも鮮度抜群。丼には特製ダレに漬けた無添加のイクラなど、手間ひまかけた具材を使用。

必食!
まっぷる特選ぶっかけ丼 2500円

津軽海峡産のマグロがたっぷりとのる。

いくら亭

店名のとおり、自家製タレに漬け込んだイクラを使った丼が人気。また、店内の水槽にいるアワビやホッキなどを使った一品料理もおすすめだ。

必食!
函館大漁丼ぼたん海老スペシャル 2650円

大きなボタンエビやウニ、イクラなどがのる豪快な丼。

朝市お食事処 山三 道下商店

50年以上もの歴史をもつ老舗。こまめに仕入れを行なうことで、常に新鮮なものを提供するのがポリシー。カニ身たくさんのかにクリームコロッケもおすすめ。

必食!
うに、いくら、あわび丼 2160円

アワビは店内の水槽にある活きのいいものをまるごと1つ使用。

櫻桂

厳選した仕入れによる朝市ならではの新鮮魚介が食べられる店。こだわりの自家製イクラなど、9種類の具材から自由に選べるお好み丼1200円~が大人気。

必食!
うに入り三色丼(啄木丼) 2100円

昆布出汁を使い手間をかけて作ったイクラを使う。

朝市 あけぼの食堂

12席だけの小さな店。板前の店主が作る海鮮料理ははずれがなく、こだわりのおいしさに魅せられて全国からリピーター客が通う。自分好みで作るトッピング丼も人気。

必食!
海鮮グルメ丼 2970円

自家製イクラ漬けやウニがふんだんにのったお得メニュー。

筆者:mapple

まっぷる函館 大沼・松前・江差’19

発売日:2018年02月14日

Amazonで購入する

この記事の出典元は「まっぷる函館 大沼・松前・江差'19」です。掲載した内容は、2017年5月~12月の取材・調査によるものです。飲食店メニューや商品内容、料金ほか各種データが変更されたり、季節による変動や臨時休業などでご利用できない場合があります。また消費税の見直しにより各種料金が変更される場合があります。そのため施設により税別で料金を表示している場合があります。ご利用の際には改めて事前にご確認ください。

エリア

 >  >  >  >  >  > 

この記事に関連するタグ

×
×